【フォース】

Last-modified: 2017-12-23 (土) 17:25:39

DQ9 Edit

【魔法戦士】の職業スキル。
攻撃に各種属性の力を付与する能力「フォース」を有する。

習得特技と必要SP(スキルポイント) Edit

習得SP獲得称号習得特技及び特殊能力
4炎の力の戦士【ファイアフォース】
10聖なる力の戦士常時力+10
16氷の力の戦士【アイスフォース】
22気高き力の戦士常時身の守り+20
32嵐の力の戦士【ストームフォース】
42正義なる力の戦士常時魅力+10
55闇の力の戦士【ダークフォース】
68星々の力の戦士常時攻撃魔力+30
82光の力の戦士【ライトフォース】
100銀河の力の戦士最大HP+30
秘伝書-【フォースマスター】

解説 Edit

これまで【メラゾーマ】のおまけとみなされていた魔法戦士だが、
今作は「火炎斬り」などの魔法剣のイメージを発展させ、剣などの攻撃に属性を付与する「フォース」の使い手として生まれ変わった。
 
このスキルで修得する特技は、各種「フォース」のみである。
フォースとは、炎や氷といった属性の力を味方1人にまとわせる特技。
そのキャラクターの放つ無属性攻撃はフォースの属性に変わり、ダメージが1.1倍に。
更にフォースと同じ属性の攻撃に対してはそのキャラクターが受けるダメージが50%減少する。
 
従来のシリーズでは属性の区分が細かく、例えば同じ炎系であってもメラとかえんのいきはそれぞれメラ系と火炎系の別の属性だった。
しかし、9では攻撃関係の属性は炎、氷、風、雷/爆発、闇、土、光の7種類しかない。
フォースは5種類しかないが、ストームフォースが風と雷、ダークフォースが闇と土の2属性を兼ねるため、
5つのフォースを覚えておけばどの属性の攻撃も半減する事が可能になる。
更に、9には「弱点」の概念が存在する。
これまでは属性攻撃は「無耐性」より効きやすい相手はいなかったが、
今作ではその属性を弱点とする相手を属性攻撃すれば、通常以上のダメージを与える事ができる。
メタル系を除くほとんどのモンスターは弱点属性を持っており、各種ボスや歴代魔王にすら弱点が設定されているため、
フォースをうまく利用すればあらゆる敵の弱点を突くことが可能。非常に効率的に戦闘を進めることができる。
 
相手の弱点を突いて攻撃するもよし、敵の厄介な特技にあわせて防御に使うもよし。
特に、秘伝書【フォースマスター】の効果で4人いっぺんにフォースがかけられるようになると非常に便利。
 
スキルポイントを稼ぐのが大変なのでクリア前ならこれを覚えるかはプレイヤー次第だが、あるだけで特にボス戦は楽になるはず。
クリア後なら、【大魔王の地図】などで必須になる。
本編中もクリア後も、フォースと共にあらんことを。

DQ10 Edit

同じく魔法戦士の固有スキル。
一方で特定の属性攻撃が1.3倍のダメージとなる大弱点を持つモンスターも登場。
Ver.2.0までは本人しかフォースをかけられなかったが、Ver.2.1より範囲化ができるようになった。
DQ9と違い、フォースにダメージ減少の効果はなかったが、Ver.3.0からは達人のオーブに宝珠を付ければ、対応したフォースでダメージ減少(最大11%)の効果が生じる。
 
その他には【マダンテ】や、全属性の耐性を下げる攻撃の【フォースブレイク】というものも覚える。
詳しくはこちらを参照。