Top > アビリティ > 【ドライブをAPに】


アビリティ/【ドライブをAPに】

Last-modified: 2019-06-25 (火) 08:39:56

FF10 Edit

武器のオートアビリティの1つ。「明日への扉」10個で改造できる。
オーバードライブゲージが増えなくなるが、代わりにその増加割合分を戦闘終了時の獲得APに加算する。
加算AP値の式は【ODゲージ上昇量×次のS.LVまでに必要なAP÷100】。
ピンチにドライブ」or「ダブルドライブ」・「トリプルドライブ」と併用でき、「AP2倍」・「AP3倍」と併用出来ない(PS2で実践検証済み)

  • 「勝利」の場合は4400ポイント、「孤高」の場合は3520ポイントで、最大9倍まで上昇可能。
  • 「次のS.LVまでに必要なAP」は現在のS.LVごとに決められている数値が使われる。
    後少しでS.LVが上がる状況でも獲得できるAPが減ることはない。
    ちなみに、「次のS.LVまでに必要なAP」の上限は22000。
    上記の例はこの状態での獲得できるAPを表している。
  • ODゲージが満タンになる度にS.LVが1上がると考えればいい。
  • AP○倍と併用できないってのは戦闘終了後の参加メンバーでなかったからでは?

最速・最易の入手法は、アルテマウェポンから盗める「明日への扉」を用いた改造だろうか。

  • 10分もあればS.LV99に達する。
    スフィア盤というシステム上、自動レベル上げを行っても結構人手が必要。
  • 他のアビリティを併用すればさらに短時間でS.LVがカンストする。
    作業時間が多くなったように感じるのは気のせいではあるまい。
    これを「効率化と省力化の不確定定理」と呼ぶ…ってのは嘘だk(ry。
  • カタストロフィ出現時にもらえる「明日への扉」×99を用いた改造のほうがいいかも。
    出現条件は「地域制覇6カ所」だから、それほど難しくない。

通常版ではODタイプ「危機」「孤高」で稼ぐのが一般的。
インター版では同一戦闘内での2回目以降のAP加算率が前回の90%に減ってしまうので、
少ないターンで大量のAPを稼ぎ得る「修行」「憤怒」の方が採用され易い。


ダメージ限界突破」と共にバランスブレイカー扱いされることがあるが、
入手時期や効果から考えて明らかに対隠しボス用のこれらをバランスブレイカー扱いするのは如何なものだろうか。
仮にクリア前に入手したとしても、そのまま意図的なAP稼ぎなどせずに普通に進めていればバランス崩壊レベルまでは到底鍛えられない筈。


少々下準備を要するものの、通常版でも「修行」「憤怒」の方が効率的に稼げる。
キャラクター1人のHPと物理防御を最初から一切育てず、そのキャラクターで闘鬼アイアンクラッドを殴れば良い。
当然カウンターで膨大なダメージを喰らい、味方3人には大量のAPが入る。
「ドライブをAPに」だけでも一撃でS.Lvが30近く上昇。他のアビリティと組み合わせれば効率は更に上がる。

  • 簡単なのは、二人以上に「オートフェニックス」をつけて、闘鬼を数回殴って逃げることか。
  • ドン・トンベリの「みんなのうらみ」もオススメ。
    これならキャラクターが強くても大ダメージを受ける。
    耐久力の低いキャラクターがいない場合はこの方法が効率的。
  • 「修行」の場合、ODゲージの増加量が『ダメージを受けたタイミングの最大HP』が影響するらしく、「HP限界突破」で最大値を99999まで伸ばしていると、獲得APが目に見えてガタ落ちする。スフィア盤上で10000以上になっているなら、このアビリティの付いた防具ははずしておこう。
  • 真の通の人はキマリをわざと育てないでプレイしていることが多いので、このやり方に最も適した人材となっている。
    • わざと育てないにしても、アイテムを盗んだり、石化ブレスが活躍する局面もあるので、クリアスフィアで初期状態にするのが有用。
    • 初期状態でアイアンクラッドの攻撃を喰らった場合、トリドラ抜きで一気に大量のAPを獲得可能。
      使用者は「修行」セットした状態で2-3発、他2人が「憤怒」セットした状態で3-4発でレベル99に達する。
      ただし、アイアンクラッドは素早いうえに2ターン目が回ってくるとMPごと一掃される危険性があるので注意。
    • 闘鬼はアイアンクラッドより攻撃力が12くらい低いが、カウンターパンチで通常の1.25倍、通常攻撃で1.5倍のダメージをたたき出す。
      ただし、ダメージが限界突破しているのはカウンターのみ、初期状態のキマリが喰らうと18000くらいのダメージを受ける。

ODタイプ「危機」で稼ぐ場合は瀕死状態で△ボタンを連打することになる。
この間に敵から攻撃を受けると面倒だが、マジックポットというものすごく都合のいい敵が存在するため気にする必要はない。

  • 敵のターンが中々回らないと区切りがつきにくい場合は「孤高」で1人ずつレベルを上げる手段が有効になる。
  • マジックポットは訓練場で戦えないので、直接エンカウントする必要がある。
    それよりは訓練場でプリン系(ダークプリン除く)の敵を相手にすることを推奨したい。
    全員に「リフレク」で敵味方共にノーダメージ。更にHP満タンからでも「グラビデ」で安全に瀕死になれる。
  • リレイズをかけて殺す方が容易に瀕死になれる。
  • ハァルマ等、「挑発」すると何もしてこなくなる敵がいる。訓練場でも戦えるのでこちらがお勧め。
  • ODタイプを「苦闘」にしてドリームパウダーで全員寝る方が△連打も必要ないし遥かに早くターン回る。3人の素早さをある程度揃える必要あるけど。

レベル99になるまでに「孤高」をセットして「AP3倍」と「トリプルドライブ」がプラスされた状態で
ヘイスト状態に素早さが170以上でウォータープリンにスロウ状態の場合
ウォータープリンが2-3回行動した後に戦闘を終わらせると大体99になるくらいのAPがもらえる。
上記の2つのどちらかが無い場合は、3倍以上の時間がかかる計算になる。


インター版ならサボテンダー狩りをする手もある。

  • ダメージ限界突破があれば、マスタートンベリをオーバーキルする手段がある。
    (モルボルグレートは先手を取られるので向いていない)
  • このアビリティとオーバードライブタイプ「凱歌」を併用すれば効率よく稼げる。
    • 凱歌狙いであれば通常の2倍の数値が手に入る僧兵のゾンビがいるザナルカンドが良い。
    • サボテンダーの回避率が高いので必中できる手段が必要になるが
      ドラAがある状態でOD技を使用するとODゲージが回復しないので注意。
      この場合、トリドラとAP2倍がついた七曜の武器の持ち手に攻撃役をやらせてOD技で仕留めると良い。
    • 訓練場で戦うとバトル料金が結構高めなので、サボテンダーの里で連戦をした方が良いかもしれない
  • オーバーキルで1体12000、AP3倍で36000になる。
    更にサボテンダーの里では最大3体出てくるため、108000に「勝利」のAP分を入れると147000までもらえる。
    • ボスのようにAPの高い単体の敵が出てきた場合には一度控えメンバーを防御で出した後に引っ込めてAPを稼ぐ手段が可能であるが
      サボテンダーのように複数体現れた場合以下の条件の場合APがもらえる量が変動する。
      戦闘終了時、一度前線に出たメンバーが控えにいる AP倍率及びドラAのAPが加算されない
      敵を倒した後に控えメンバーが出現した その前に倒した敵のAPは加算されない
      控えに回る前に前線に出て敵を倒している そのとき倒した敵のAPXAP○倍+その後倒した敵のAPがもらえる

改造用アイテムの最速入手はナギ平原にいるオートスカウターへ「わいろ(55000ギル)」で1個。
ガガゼト山で出現するオートコマンダーは74000ギルで2個手に入る。
すぐ近くにマジックポットもいるため、ここをスポットにした人も多いと思われる。

  • なお、「ドライブをAPに」1人分(10個)に必要な「わいろ」の金額は37万ギル。
    下手をするとようじんぼうに渡す金よりも高くついてしまう場合がある。
    わいろまで進める労力も加味すれば、一人分は普通になんとかなる値。
    本格的な稼ぎ武器は訓練場の一つ目が落とす武器にし、この時点では適当な武器に付けるつもりで構わないだろう。
    • テレポスフィアでルールーエリア(ラ系黒魔法辺り)に飛び、Lv,3ロックを解除してリュックエリアを逆走するとわいろまではスグ。というか、飛空艇入手前にリュックが自身のエリアを踏破する(わいろがあるのは終盤)のは至難の業。

これで大量にAPを稼いでも、成長スフィアを発動させる各種スフィアは別に稼ぐ必要がある。


このアビリティで入手したAPは戦闘から逃げても獲得できる。
ただし、戦闘終了時に戦闘不能だったキャラクターは獲得できない。


「勝利」や「恥辱」でもAPは獲得できるが、行動する前に戦闘が終了した場合は、
APを獲得できる状態ではないので、行動していないキャラクターはAPを獲得できない。