Top > バトル > 【タンク】


バトル/【タンク】

Last-modified: 2018-04-10 (火) 04:53:22

全般 Edit

ヘイトを稼いで敵の攻撃を一手に引き受ける「壁」役。
一般的にはヘイトが増えやすいような装備やスキルを持っている。


「戦車」の意。海外MMO発祥の言葉が、そのまま日本でも定着した。
ヘイトシステムが実装されているRPGには必ずと言っていいほど存在しており、また、他の役割のキャラ・ジョブは相対的に打たれ弱いことが多いため、結果として、ヒーラーと並んでパーティにはほぼ必須の存在となる。
FFでは基本的にナイト(パラディン)がこの役割に適した性能であることが多い。


基本的にはHPや防御に優れた性能であることが多いが、変わり種として、パラメータ上での耐久力こそないが、ダメージ回避能力に優れた性能の「避ける盾」もある。


時折タンクの事を「タンカー(Tanker)」と呼ぶ人もいるが、タンク(Tank)と言う単語そのものに「攻撃を受け止める人」と言う意味があるためerをつける必要は無い。
日本人同士ならともかく海外の人にそれを言うと笑われる事もあるので注意しよう。

各作品のタンク Edit

FF11 Edit

基本的には以下の3種類の盾役が存在する。

  • ナイト…「耐える盾」その1。
    被物理ダメージカット能力に優れたの扱いに長けており、さらに敵の注意を引き付けるアビリティや自身の防御力を高める魔法・アビリティなどを多数習得する。
  • 忍者…「避ける盾」。
    分身を作り出す「空蝉の術」を活用する事で盾としての立ち回りが可能。空蝉が通用する相手に対しては無類の強さを誇る代わりに、素の状態だと敵の注意を引き付け難い、忍者自身は脆いといった欠点もある。
  • 魔導剣士…「耐える盾」その2。
    ナイトと比較すると被物理ダメージカット能力には劣るものの、代わりに魔法や相手の特殊技に対して強く、火力も上。また受け流しや回避スキルも高い。

他にも赤盾、肉盾、ペット盾など存在したがいずれも開発側からは想定外の戦法として、あまり良い印象は持たれていなかったようである。


詳細はこちら→盾役

FF13 Edit

ディフェンダーロールが該当する。

FF14 Edit

本作ではシステム上明確にロール分けされておりTankと表記される。
新生エオルゼアではナイト戦士が担当する。
蒼天のイシュガルドにおいて暗黒騎士が追加。


  • ナイト
    オーソドックスなタンクで、防御が高く味方をかばうことが出来る。
    また、タンクの中では唯一盾が装備可能な他、回復魔法により、自身や味方のHPを回復する事も可能。
  • 戦士
    HPが高く、火力にも優れたタンクで、範囲や強い攻撃で敵視を集める他、自己回復手段も有する。
    ただし、無敵になるアビリティに対象となる敵が必要で、射程も存在する為、ギミックダメージには弱い。
  • 暗黒騎士
    攻撃を食らう事が前提のアビリティやMPを消費して技の性能を上げるアビリティなど、タンクの中では特殊。
    魔法攻撃に対してやや強い他、HPを吸収する技と魔法を持つが、HP吸収以外での自己回復手段がない。