特技/【迎撃ロケット】

Last-modified: 2021-11-27 (土) 02:50:59

FF5

マシンヘッドが、こちらが「ジャンプ」を行った際に使用するカウンター攻撃(※実際にはカウンターではなく、ジャンプ中のキャラがいると行動が変化するだけ)。
迎撃ロケットを発射して、ジャンプしたキャラを撃ち落とす。
コレに当たったキャラはダメージこそ受けないが、ジャンプ攻撃をキャンセルされ元の位置に戻される。


撃ち落とされた場合「げいげきせいこう!」って表示されるため、それ見て思わず吹いた覚えがある。
これは対象は単体だったような…。

  • 迎撃成功率はなんと100%!
    一方、何くわぬ顔で「ストン」と立ち位置に降りてくる味方キャラも可愛い。
  • それにしてもなぜマシンヘッド目線でのメッセージなのだろうか。
    プレイヤー側からすれば「うちおとされた!」とか表示された方が自然なような。
  • マシンヘッドが喋ったんじゃないかな?合成声か実声かわからんけど。

あの無敵の攻撃回避手段である「ジャンプ」を妨害できる攻撃なんて…。
古代ロンカ文明とは一体…。

  • 逆に、ロケットの迎撃をくらったのにダメージが無い方が凄いな。ジャンプ人間無敵すぎでしょw
    • 当たったのではなく、いきなり飛んできたので慌てて降りたのかもしれん。それならダメージがないのも納得できる。
  • これが最後の青魔法か?と勘繰りラーニングを付けて跳んだのは自分だけだろうか。
    まあ仮にこれを覚えられたところで、ギルガメッシュ戦にしか使いどころがない上に手遅れなんだが。
  • ジャンプを使うジョブが何のクリスタルに宿っていたか…よもやお忘れではありますまい?

使用機がマシンヘッドであることと、シンプルな演出だからこそ笑えるが、
もしもオメガが波動砲の前にコレを撃ってきたら…と考えるとぞっとするものがある。
完成品に搭載されなくてよかった。

  • GBA版の追加ダンジョンではマシンヘッドが2体出る。2体で波動砲という全員即死コースがあるので、
    回避しようと跳び上がったら落とされて波動砲直撃、というのはオメガよりぞっとする。
    • むしろ、げいげきロケットにより行動がずれるから2連発の防止になるのでは?

NTT出版攻略本完全攻略編 敵の技一覧表に載っていない。
読みながら攻略していれば驚くこと請け合い。


この技自体には、ジャンプ中のキャラを自動的にターゲットに指定する機能がないらしく、内部データ上はキャラごとにジャンプ中かどうかを確かめて落とすルーチンが設定されている。


これを使うことでマシンヘッドは一手損しているので、当然手数の多いこちら側が得をする。
つまり迎撃歓迎でガンガンジャンプして良い。(ただし、ATBの都合上完封出来る訳ではない)
ジャンプを咎めるという役割は果たせていないどころか逆効果になっているという珍特技。


タイミング次第でジャンプ降下後に発動させることもできる…が、ロケットが発射されず、何も起こらない。

  • 「げいげきしっぱい……」

魔法バリアを発動できるキャラが瀕死状態でジャンプし、迎撃されるとフリーズする。SFC版、GBA版で確認。

  • ジャンプしたキャラが降りて来ず、他のキャラも行動を選択した瞬間POSE以外の入力を受け付けなくなる。

FF5(iOS/Android版)

魔法バリア持ちの迎撃ロケットフリーズバグは修正され、撃墜されたキャラが正常に降ってくる。

  • 迎撃されると打撃音と波紋のような着地エフェクトがあるので、修正もついでにされたのかもしれない。

FF5(ピクセルリマスター版)

旧スマホ版までのように瀕死状態かつ魔法バリアが発動できる状態で行動する事が出来なくなっているようで、行動可能で瀕死になると即魔法バリアが発動するし、
デスクローのように麻痺など行動不能中に瀕死になると状態異常が解除されてから魔法バリアが発動しない。
つまりSFC版~旧スマホ版と同じ状況自体が作れないらしく、試行錯誤してみたが魔法バリア未発動状態でマシンヘッドにジャンプという状況自体が発生しない。
迎撃ロケット魔法バリアのフリーズバグは修正済みのようだ。