サードライナー大谷

Last-modified: 2019-10-09 (水) 10:16:34

2016年マツダオールスターゲームで、北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平が打った打撃結果のこと。
8回裏に代打として出場した大谷がサードライナーに倒れ、中継を担当していたテレビ朝日がそのリプレイを延々と流し続け非難が殺到した事が由来。

概要 Edit

2イニングを完璧に抑えた菅野智之(読売ジャイアンツ)・和田毅(福岡ソフトバンクホークス)のセ・パ両先発、同試合の活躍でMVPを獲得した筒香嘉智(横浜DeNAベイスターズ)、オールスター初出場で9回に代打2ランの栗山巧(埼玉西武ライオンズ)など、盛り上がる場面が多数あった。
にも関わらず、リプレイ映像は大谷のサードライナーとホームランダービーが優先*1され、試合後にはダイジェストも放映されずニュース番組でも何故か大谷の打席結果のみが強調されていた。


関連項目 Edit



Tag: オールスター 日ハム


*1 実況解説は栗山らについて語るも、映像は最後まで大谷だけが流され続けた。