当たり屋

Last-modified: 2020-10-27 (火) 17:58:36

死球の多い選手の別称。

概要

昭和末期~平成初期に当たってないのに死球をアピールしネタにされていた達川光男*1(元広島)や市川和正*2(元大洋)がパイオニア的な存在。その後はNPB最多死球の■■■■*3(元西武→巨人→オリックス)が言われたりしていた。

2004年に阪神に在籍したマイク・キンケードはやたらに死球が多いのみならず、故意に当たったとみなされ死球にならなかったりすることもあった*4ため「当たり屋キンちゃん」などと呼ばれた。

現在ではやはり死球が多い青木宣親*5が呼ばれたりする。青木の場合は独特のバッティングフォームのせいもあって死球が多いが、態度があまり良くないなどの指摘もあってこう呼ばれるようになった。

また、2018年の阪神戦では当たっていないのに頭部死球判定を受け相手投手を退場にするなどのエピソードもあるがわざと当たりにいってるワケではない

関連項目


*1 通算死球は64個。現役は1978~1992年。
*2 通算死球は12個だがその内の8個は1988年に集中。現役は1981年~1993年。
*3 通算死球は196個。現役は1986-2008年。
*4 わずか26試合の出場ながら12死球1未遂で2004年セ・リーグ死球王になった。
*5 2020年開幕時点で日米通算死球は149個。NPB通算は101。2004から現役。