カッスレ

Last-modified: 2019-10-21 (月) 06:36:11

このページでは、実在の野球選手と同じ名前を持つ架空のネタキャラクターについて、記載しています。
このキャラクターの特徴は実在の野球選手のそれと少なからず異なるため、これらの混同にご注意ください
混乱を避けるため、実在の野球選手は所属球団・氏名・敬称を略さずに表記しています。

【例】
  • 読売ジャイアンツの小笠原道大内野手:実在の野球選手
  • 巨人小笠原:架空のキャラクター

なんでも実況J(または野球ch)の名物スレであり、別名「巨人小笠原スレ」。
元々は北海道日本ハムファイターズの小笠原道大内野手が読売ジャイアンツへと移籍したことに対するヘイトから産まれたスレだが、何度も建てられるうちにネタスレとして定着した。

 


経緯 Edit

プロ野球板にあった北海道日本ハムファイターズの小笠原道大内野手の個人スレは、アンチの手で年中荒らされていた*1

 

そんな中2006年オフにFA権を行使して、北海道日本ハムファイターズからさらに風当たりの強い読売ジャイアンツへ移籍。
さらに、

  • 日本ハムに対しては単年に拘って球団提示の複数年契約は乗らなかったのに、巨人の複数年契約には乗った*2
  • あの渡邉恒雄オーナー(当時)から『トレードマークだから剃らなくていい』と言われながら自分からヒゲを剃った

など日本ハムに対して畜生とも取られかねない言動があったことで、野球板や野球chには彼を批難するスレが乱立してしまう。これらのスレや大正義巨人軍系のスレの中で「巨人小笠原」のイメージが作り上げられていったようである。

その後、2007年5月27日に野球板にて「巨人小笠原、国会議事堂前で性器露出して逮捕」というネタスレが立つ。
1の本文は「てすつ」の一語だけだったものの意外にウケ、「通報しますた」「記念パピコ」などで伸びている一方で、残念だが当然を意識したようなコメントや「巨人という言葉の意味は球団の巨人ではない」の原型ともいえるようなレスが複数あり、また今後の展開を予見したともとれる「そろそろ小笠原自殺スレが便乗して立ちそうだな」というレスの一方で「頭悪い、つまらない」「せめて偽ソース貼れ」「高橋尚かの方がいい、センスがない」など批判レスも見受けられる。
その後同時期に全盛を誇ったネタスレ「巨人二岡スレ」が“スレタイとは無関係な雑談スレ”と揶揄されていったことに加えて、モデルとなった読売ジャイアンツの二岡智宏内野手が日本ハムに移籍したことにより衰退し、巨人小笠原スレは大きなムーブメントとして台頭していった。

しかし、後述の通り非常に内容面に問題があるスレであり、それらの乱立が野球chに巻き起こったことで大規模な制裁が課されたため、なんJの侵略の遠因ともなったともいえる。


スレの傾向 Edit

ほぼ様式で成り立っている。世界観や設定は野球chの定番ネタスレである大正義巨人軍スレが元となっている。

巨人小笠原スレを立てる者や常連は『カッスラー』と呼ばれる。
基本的にスレの>>1は「巨人小笠原に関するニュースをニュース系の板風に書く」という事が暗黙の了解となっており、>>2以降はそのニュースへ採点などを行う。ただし評価は>>2の書き込みに左右される事が多く、それ次第で高評価にも辛辣にもなる流れが特徴。

また、「巨人小笠原」はスレッド毎に死亡するが、「なお、明日の試合には間に合う模様。」と輪廻転生を繰り返す。一連の流れは、巨人の小笠原選手が試合中に途中交代しながら次の試合にはしっかり出場する様子と、米アニメ『サウスパーク』におけるケニー・マコーミックの蘇生*3が元ネタと思われる。
小笠原選手が故障などで長期離脱した際には「なお、まにあわんもよう」とレスされることも。

 

まとめwikiなどにある通り、傍目からみればマジキチとしか思えないほど不謹慎、下品かつ常軌を逸したセンスであるため、このスレを嫌う者も少なくない。実際、2009年には野球chの規制強化及びスレッド保持数削減などが行われたが、理由の一つに巨人小笠原スレの乱立が挙げられている。この規制後は野球chから離れ、なんでも実況J(なんJ)・プロ野球板(「○○な選手」のタイトルで立てられるスレッドで「小笠原禁止」と入れられることも)で単発のスレッドが立てられている。
また、2010年6月の野球ch復活の際に真っ先に立った定番ネタスレでもある。


評テンプレ Edit

変態度  ☆☆☆☆☆
基地外度 ☆☆☆☆☆
不謹慎度 ☆☆☆☆☆
死亡度  ☆☆☆☆☆
通報度  ☆☆☆☆☆
小笠原度 ☆☆☆☆☆

※ランク付けは「★」で表す


総合 Edit

変態度:いかに変態的な内容であるかを表す。非常識的な嗜好であれば評価が上がりやすい。
基地外度:変態と似てはいるが別だ。人間の正常な思考からどれだけ逸脱した内容であるかを表す度。
不謹慎度:>>1の人間の覚悟を表す度数。世間的なタブーをいかに侵すかが鍵。タイムリーな話題がいい。
死亡度:いかに壮絶な死を迎えたかを表す度数。 世間的、人間の存在的死亡、さらには>>1の人生の終了具合も評価されるため、必ずしも生物的な意味で死亡する必要があるわけでもない。
通報度:これも>>1の覚悟を表す度数である。不謹慎度とは異なり、内容が風説の流布で罰せられるレベルであるかを表す度数。
小笠原度:小笠原スレ評価員の持つ「巨人小笠原のイメージ」にいかに近づいているかを表す度数だ。

 

総合:単純に6つの指標の★数(最大30)が高ければ高くなるわけではない。
「全てを平均的にこなせる選手」よりも「打撃、守備どちらかに特化した選手」のほうが評価が高くなるのと同様です。

目安 Edit

SS 30
S 27-29
A 25-26
B 21-23
C 18-20
D 15-17
E 12-14
F 9-11
G 6-8
GG 5以下

近年は簡略化されて3349800といったネタ数字やその組み合わせで評価されることが一般的。

晩年 Edit

元ネタの小笠原選手が2011年の統一球導入で成績を大きく落とし、2012年は怪我なども重なった結果「.152、0本、4打点」と絶不調に陥る。それと連動するようになんJにおいてもカッスレの勢いが大きく影を潜めてしまうが、それでも一部のカッスラーが細々とスレを立て続けていった。

2013年オフには再度のFA行使で中日へ移籍。以後は「中日小笠原」「味噌カッツ」と呼称されるようになるも、なんJでは変わらず「巨人小笠原スレ」が立ち続け、2015年の引退・中日二軍監督への就任後も慣例として継続されている。この為、「巨人小笠原中日二軍監督」という呼称が誕生することになった。

2019年オフに中日を退団した小笠原は、なんと古巣日本ハムにコーチとして復帰。多くのなんJ民が何かを思い出し頭痛に苛まれたという。

関連項目 Edit


外部リンク Edit



Tag: なんJ カッスレ 巨人 日ハム 中日 野球ch





*1 しかし引退前の時期にはスレ自体が立てられなくなっていた。
*2 当時の小笠原は千葉の自宅を新築直後なのにも関わらず北海道には単身赴任だった事で在京指向が強かったとされる。このことから日本ハム側には単年契約を要求したといわれている。
*3 毎回何かある度に色んな殺され方で死亡し、その度に他の登場人物が「なんてこった!ケニーが殺されちゃった!」「この人でなし!」というセリフが出るも、大抵次の回ないしは間隔をあけてから必ず復活している