球辞苑

Last-modified: 2020-04-10 (金) 09:59:14

球辞苑とはNHKBS1で主に11~3月の土曜夜11時から放送されているテレビ番組のこと。
正式なタイトルは「球辞苑~プロ野球が100倍楽しくなるキーワードたち」

概要

「この一冊を紐解けば、プロ野球のすべてがわかる。そんな究極の野球辞典『球辞苑』の編集作業が今、急ピッチで進められている」
このテーマのもと、様々な野球用語について評論家や現役選手に取材し項目を埋めていくという番組。
主にオフシーズンに放送されるため野球に飢えたなんj民はもちろん野球ファンにも大好評で、現在ではNHKBSの看板番組へと成長している。

扱う題材は流し打ち・引っ張りなどの打撃術、SSF・ストレートなどの球種、守備位置、プレー、状況、用具しまいには審判やベースコーチと言ったプレイヤーに限定しない様々な題材を1時間*1を使って解説することから現役選手にも好評で影響を受けた選手も多い。


また、秋山翔吾のように球辞苑を見て覚醒をしたり、何かと取材を許可して出演したりする選手は球辞苑ファミリーと扱われる。
埼玉西武ライオンズは所属選手始め取材OKの場合が多い関係で番組公認の御用達扱いである。

主な出演者

出演者概要
塙宣之ナイツのボケの方。大の巨人ファン。レギュラー記者としての登場が主だったが諸般の事情により48回から司会(編集長代理)となる。
徳井義実チュートリアルのボケの方。大の広島ファン。47回までの司会(編集長)。
土屋伸之ナイツのツッコミの方。ナレーターとしての出演。
キビタキビオフリーライター。「炎のストップウオッチャー」と称され、各プレイのタイムのデータを提出する。
金沢慧データスタジアム所属のアナリスト。他にもアナリストが多数出演。
AKI猪瀬MLB事情通として日米比較をする際に必ずと言っていいほど出演する。
里崎智也準レギュラー。
秋山翔吾現役選手であるが毎年出演していた。流し打ちの回を見て覚醒したことからミスター球辞苑球辞苑が育てた安打製造機扱いされる。
鈴木尚広主に走塁の回に出演。自虐ネタを披露し好評を得ていた。コーチ就任の際は番組内で祝われた。なお、

その他の出演者多数。


*1 正確には50分。またどんな題材でも1回分フルに解説をする性質上出演者から(時間は)持つのか?と心配されることも。