Top > ソースが必ずある男


ソースが必ずある男

Last-modified: 2019-01-17 (木) 17:03:30

1.読売ジャイアンツ一軍外野守備走塁コーチの鈴木尚広のこと。
2.北海道日本ハムファイターズ監督、栗山英樹のこと。

この項目では1について解説する。

概要 Edit

鈴木は現役時代「代走の切り札」としての地位を確立し、出場するだけで相手チームに圧力をかけるほどの存在になっていた。
そのため「一芸に秀でた職人気質のベテラン」というイメージが強かったが、引退後はとにかく出たがり・隙あらば自分語りという言動が目立ち、現役時代とのギャップに驚くなんJ民が続出した*1。そして

捏造を疑ってしまうほどの自分大好き語りを鈴木がする
→スレが立てられる度に「捏造だろ?」とレスされる
→ソースが貼られ嘘ではないことが証明される

という流れが繰り返され、「ソースが必ずある男」というネーミングが定着した。また、数々のナルシスト発言から「鈴木ナル広」という蔑称も付けられているが、「リードとは自分を知ること*2」など本物の名言も紛れている。

 

類義表現として「ソースが追いかけてくる男」「全てのソースを持つ男」「ソースのディレイドスチール」などがある。

しかし、これだけの豊富なソースから前記のようなイメージがすっかりなんJの中で定着していたが、2017/11/25に放送された球辞苑にてゲストとして出演。この出演に対して、なんJの中では「どうせまたあのうざい自分語りでもするだろう」「ほかの出演者やスタッフとか引いてしまうんじゃないか」というなんJ民に負の期待を抱かれていた。しかし、蓋を開けてみると、まさかの'自虐キャラ'というこれまでの自分語りの”鈴木尚広”とは対を成す新たな”鈴木尚広”を披露。またその自虐を織り交ぜた絶妙なトークも相まって、なんJ民は驚きが隠せず、賞賛の声を挙げていた。

鈴木軍 Edit

太字の発言はまだソースが発見されていないものである。
1 (中)「ASに代走枠があってもいい」
2 (二)「若手は『尚広さんだからできる』と思っている」
3 (一)「黒田君は僕を凄く気にしてた」
4 (指)「教わりに来る若手には反省ノートを提出させている
5 (三)「ボルト君と100m勝負したい」
6 (遊)「由伸さんが家に帰らないから僕も帰らない」
7 (右)「僕の世界ですか?遅く見えますね。ピッチャーが」
8 (左)「盗塁のノウハウを教えてやってもいいけど僕を超えられない」
9 (捕)「美術館に行って感性を磨いている」
(投)「走塁面で先生と呼べるのは赤星さんだけ」
代走「左投手は盗塁しやすい」
代走「第2の鈴木尚広は見たくない」
代走「あそこ(CS)で牽制死されていてよかった。セーフになっていたらまだ迷っていた」
代走「鈴木尚広を見せれなくなったので引退する」
代走「カメラはずっと僕を追いかけている」
代走「走塁だけならイチロー君を超えれる
代走「今の若手は野球の重みを知らない。プレーが雑」
代走「重信君は僕の後継者になれる」
代走「西川君は僕の後継者になれる」
代走「盗塁しやすいのは去年引退したMさん」
代走「谷繁さんは僕を凄く意識していた」
代走「糸井君がどう変わっていくか見ものだよね(笑)」
代走「パは盗塁しやすい。セのが難しい」
代走「JAPANのユニフォームを着たい」
代走「坂本選手にとって僕はどんな存在でした?」
代走「あれは普段彼が見せたことのない牽制だった。そのとっておきを知らなかったことが僕の敗因」
代走「いつも完璧だと思われていたから、少しホッとした。オレだって人間なんだよなって」
代走「自分のワールドをつくるんだ。主役になってね。僕も代走では歓声が聞こえなくなる。ゾーンに入るんだよ」
代走「適切な水分を摂ることも、走るためにすごく重要。岐阜まで行って天然の水を汲んできていました」
代走「駅伝大会で区間賞をとったりしていました。でも「やらされている感」があったので、「陸上をやるために野球をやっているんじゃないので、辞退させてもらいます」と言って、駅伝は辞めました。」
代走「何か不思議に思ってくれれば、それだけで見ている人が僕の世界、宇宙に入っているということなので、そうあるように日々の積み重ねを筋繊維よりも太くして、次の未来に繋げていきたいですね」


実際にどの発言にソースがあるかを調査したスレとして以下のものがある

 

【朗報】鈴木尚広さんの発言、ほとんどがソースのない捏造だったwwwwwwwww
http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1502729601/

クリックで展開
 

以上のように、鈴木語録のほとんどはソースが既に追いついており、未だにソースが見つかっていないのは著名な語録の中では「教わりに来る若手には反省ノートを提出させてる」と「走塁だけならイチロー君を超えれる」の2つだけである。
反省ノート発言については、鈴木の発言のソースではないながらもノートを提出させている事実はソースが見つかっており、発言もおそらくしていると思われる。
一方、イチロー君発言については、イチローは鈴木と5歳年長に当たる上に、他ソースにさん付けをしたものも顕在することから、常識的には君付けがまずありえない*3と思われる。しかし、これまでも信じがたい発言の数々にソースを追い付かせてきた鈴木であるからイチロー君発言にもいつかソースが追いつくことを期待せずにはいられないのがなんJ民の心理であろう。


関連項目 Edit



Tag: 巨人 実況・解説者 報道機関






*1 その後、巨人の守備走塁コーチに就任するも就任直後にDVが発覚した
*2 自分の脚力で帰塁できる距離の限界を知ることがリードの本質であるという意味。
*3 むしろ山田哲人リアル野球BAN対決で杉谷拳士を呼び捨てにしたケースとかが異例。