肛門投手

Last-modified: 2022-04-29 (金) 22:18:11

消化管の出口のこと。解剖学的には直腸の体外への開口部。肛門括約筋によって制御される。

野球及び肛門好きの多いなんJでは、その役割を野球のストッパーになぞらえて、「肛門投手」としてネタにされる。
1年365日、毎日のように登板しながら*1失点を許さない鉄壁さとタフネスさを併せ持つ絶対的守護神。
だが、ごく稀にセーブ失敗(=脱糞)をやらかした際の精神的・物理的ダメージが大きすぎるため、その酷使っぷりにもかかわらず「364セーブしても1敗する抑えはいらない」と言われてしまったりする。*2

関連項目


*1 中には年間登板数が100を切るような投手(要は「便秘」)や、逆に1年で岩瀬仁紀の通算登板数を更新するようなペースの登板をする投手もいる。
*2 同じようなネタで心臓投手というものも存在するが、此方は毎日登板が必須で1敗でもしたらチーム解散(=死)となってしまう。