Top > デッキバトルにおいて先手になる特殊効果を持つモンスターの一覧

デッキバトルにおいて先手になる特殊効果を持つモンスターの一覧

Last-modified: 2018-09-24 (月) 00:11:49
モンスター名配置スキル
10連ガチャ
天文魔梟ストラスメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は天文魔梟ストラスのレアリティがSR+の時に有効となる。
【タロット】0.フールメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は【タロット】0.フールのレアリティがSR+の時に有効となる。
春色ボーパルラビットメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は春色ボーパルラビットのレアリティがSR+の時に有効となる。
学園ペガサスメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は学園ペガサスのレアリティがSR+の時に有効となる。
神託の番人ピュトンメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は神託の番人ピュトンのレアリティがSR+の時に有効となる。
【十二神将】安爾羅・円寂メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は【十二神将】安爾羅・円寂のレアリティがSR+の時に有効となる。
怨詛魔神バフォメット・ゼロメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は怨詛魔神バフォメット・ゼロのレアリティがSR+の時に有効となる。
バルトアンデルス・アルトアイゼンメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力はバルトアンデルス・アルトアイゼンのレアリティがSR+の時に有効となる。
真響覚醒
奈落の堕天使聖ルシファー・ゼロ(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は奈落の堕天使聖ルシファ-・ゼロのレアリティがSR+の時に有効となる。
屠蜘蛛ネオタランチュラ(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は屠蜘蛛ネオタランチュラのレアリティがSR+の時に有効となる。
アンリミテッドケルベロス(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力はアンリミテッドケルベロスのレアリティがSR+の時に有効となる。
怨詛龍魔神バフォメット・ゼロ(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は怨詛龍魔神バフォメット・ゼロのレアリティがSR+の時に有効となる。
灼眼龍ヴィーヴル・ヴィペラ(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は灼眼龍ヴィ-ヴル・ヴィペラのレアリティがSR+の時に有効となる。
四大精霊シルフ・ブリアー(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は四大精霊シルフ・ブリアーのレアリティがSR+の時に有効となる。
【タロット】IV.エンペラー・ヘー(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は【タロット】Ⅳ.エンペラ-・ヘ-のレアリティがSR+の時に有効となる。
バルトアンデルス・ヴァッサーアイゼン(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力はバルトアンデルス・ヴァッサーアイゼンのレアリティがSR+の時に有効となる。
魔拳闘士クーシー(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は魔拳闘士クーシーのレアリティがSR+の時に有効となる。
【十二神将】迷企羅大将・初音(覚醒3)メインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は【十二神将】迷企羅大将・初音のレアリティがSR+の時に有効となる。
バトルイベント
ジズメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力はジズのレアリティがSR+の時に有効となる。
プレミアガチャ
漆黒の魔剣士ディルムッドメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は漆黒の魔剣士ディルムッドのレアリティがSR+の時に有効となる。
大賢者ケイローンメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は大賢者ケイロ-ンのレアリティがSR+の時に有効となる。
智将オデュッセウスメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力は智将オデュッセウスのレアリティがSR+の時に有効となる。
ツアー/ギルドイベント
イネヂュヘルヘテプ・ケプリメインデッキに配置すると、デッキバトルにおいて先手となる。
この能力は重複する。
双方にこの能力を持つモンスターがいる場合、この効果を持つモンスター数が多い側が先手となる。
この能力はイネヂュヘルヘテプ・ケプリのレアリティがSR+の時に有効となる。