和桐沙耶(わぎりさや)

Last-modified: 2020-12-28 (月) 21:53:17

表サクセス

パワプロクンポケット6(未来から来た男 町工場社会人野球編)

 『6』彼女候補の1人。和桐文雄の娘で高校生。明るく活発な性格の少女。
 料理、スポーツが得意で、学校の成績も良い。*1
 家庭内ではやや複雑な問題を抱えており、付き合いを続ける中で主人公(6)もそうした内情を知ることになる。

 

 父が家庭を顧みなかったせいで母に捨てられたと思っており、工場の仕事や野球チームの監督などをしている事を良く思っていない。
 また、父との親子関係は毎日、弁当を作ってあげたり飲み屋で飲んだくれる父を迎えに来たりと破綻してはないが、前述のような家庭環境のわだかまりは解消されておらず時に父に厳しい言葉を浴びせてしまう事もある。

 

 初めて電話をかけると「街の案内」と称し主人公(6)とデートスポットを回ってみたりするなど恋愛では積極的な面も。
 友達との付き合いで「修行デート」という遊び(沙耶曰く「相手がバカで痛い奴ほど得点が高い」)で貴田隆男を揶揄った事で気を持たせてしまい、以降貴田に付き纏われている。

 

 好感度が高くなるとクリスマスに主人公(6)に告白するイベントが起きる。沙耶との付き合いが進むと、裏野球大会で火星オクトパス戦勝利後に貴田から母が去った真相に関わる噂を聞かされる事に成り和桐文雄が主人公(6)と沙耶に全ての真実を話す事に・・・・。

 

 アルバムは2種類。未来に帰るか現代に残るかで分岐する。

  • 「ずっとそばにいて欲しい」という約束を主人公(6)に破られた事で自暴自棄に成り刹那的な生き方をする夜の女になってしまう。(BAD)
  • 主人公(6)が帰って来た事を誰よりも喜び父と貴田とも和解して主人公(6)と付き合い続けるが、主人公(6)の応援に熱が入る余り父と高田共々グラウンドに侵入してしまう。(GOOD)

パワプロクンポケット11(新球団ナマーズ編)

 未登場だが『11』しつもんコ~ナ~第11回、12月28日にて以下の通りの記述がある事から家族仲は良好になった事が判明。

Q.和桐社長のプロフィールの説明を見て疑問に思ったことがあるのですが、和桐社長の奥さんは結局出所できて、沙耶とは結局仲良く暮らすことができてるのですか?

A.はい。


※簡単な意見交換にどうぞ。
雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

  • 貴田を仲間にしないでイベントを続けてもBADエンドになったと思う -- 2011-02-02 (水) 17:31:45
  • 彼女にして未来に帰ったらBADは発生したはず。GOODは貴田が仲間じゃないとダメだが。 -- 2011-02-03 (木) 02:01:30
  • 貴田を仲間にしていないでイベントをほとんど終わらせればBADじゃないかな -- 2011-02-03 (木) 18:26:01
  • 社長家族3人で暮らしてるっつってるから夜の女にはなってないか -- 2011-02-04 (金) 17:06:02
  • ってことは、6主は和桐を立て直した後、沙耶とは関係して無いし、キラーズに負けるまでそういう関係でもなかったってことだよね。 -- 2013-05-16 (木) 17:44:50
  • 正史では主人公とそういう関係では無かった訳だから夜の女にはなってないんだな…ただ建て直し後はどうしたのだろうか……6主然り沙耶然り -- 2014-07-08 (火) 00:38:18
  • あれ?彼女のバッドエンドに「工場倒産で一家夜逃げ(しあわせ島送りになった?)」ってなかったっけ? ダッシュの南雲瑠理花のバッドエンド知ったとき「沙耶と同じパターンか……」って思った記憶があるんだが。 -- 2016-05-23 (月) 19:59:18
  • ↑それ彩さんや -- 2016-05-24 (火) 13:28:35
  • ↑ひょっとしたら6同士でごっちゃにしてたかも・・・ -- 2016-05-24 (火) 19:55:58
  • 和希沙也?顔似てるし。 -- 2019-03-13 (水) 06:57:28
  • この子、パワポケ甲子園にちらっと出てなかったっけ? -- 2019-10-20 (日) 17:07:17
  • 付き合う前からホテル行くエッチな娘ですこ -- 2020-12-28 (月) 21:53:17

URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 “パワポケの歴史”より。