Top > 会話交渉

要求交渉、命乞いと人質、弱点無しシャドウへの対処法

Last-modified: 2019-11-13 (水) 19:47:58
随時修正が行われていますが、このページは現在『ペルソナ5 (無印)』の攻略情報を基にした情報を載せております
修正が追い付かず、ゲーム内容と相違する記述が有るかもしれませんのでご了承くださいペルソナ5r攻略
同時に、ユーザーの皆さまに随時加筆・修正をお願いしておりますペルソナ5r攻略
相違点に気付かれましたら、誰でもご自由に上記の『編集』タグより編集ページにて加筆・修正して頂けます
もしくは、ページ下部に設置してあります『コメントフォーム』に該当内容をお書き込みください

◇ 会話交渉について Edit


  • 全ての敵シャドウをダウンさせ、ホールドアップ状態に持ち込むと会話交渉が出来るようになります
    • 主人公単独(パーティが一人)や、パーティ構成でも、主人公が状態異常、もしくは主人公のみ状態異常ではない場合は、
      すべての敵シャドウをダウンさせても、ホールドアップ状態にはならず、会話交渉行動に移ることもできません
  • ダウンしたシャドウの中から任意の一体を選択し、3種類(金銭取得/ぺルソナ化/アイテム入手)の交渉を行うことが出来ます
 
  • 対象シャドウよりも自身のレベルが低い場合(ストック内に同じぺルソナがいる場合も同様)は、
    ペルソナ化の会話交渉に成功してもペルソナ化せず、代わりにアイテムを貰うことになります
    太陽のコープアビリティ:カリスマ演説術(ランクMAX)を覚えると、会話交渉で自分よりレベルの高いシャドウをペルソナ化できるようになる)
  • ペルソナをストック内に上限まで所持している場合は、交渉会話で新たなペルソナを仲間にすると、
    どれかペルソナ1体を消滅させなければなりませんが、ダンジョン内で新規に獲得したペルソナは、
    その入手(一度はストック内に入れる/交渉成功後すぐの削除は『入手』とはならない)した時点で、
    ベルベットルームに行かずとも囚人名簿(ぺルソナ全書)に既に登録されており、その後削除しても後で全書から呼び出すことが出来ます

◆ 敵シャドウの性格と好印象を与えられる回答 Edit

  • 4種類の性格(陽気/弱気/短気/陰気)が有り、そのうちの一つの性格が各シャドウに設定されています
  • シャドウの性格は、ホールドアップ時の対象選択画面、もしくは、アナライズ画面の左上に記載されており、常時確認可能です
  • シャドウは性格によって好む回答があり、ぺルソナ化の会話交渉の際には、その性格に適合するような内容の回答選択肢を選ぶようにしましょう
    好印象: 普通印象:△ 悪印象:×
性格回答内容
真面目優しい曖昧ウケ狙い
陽気××
弱気××
短気××
陰気××
 
  • 「力をくれ」の会話交渉を選択し、出される2つの質問に対して、総じて好印象を与えることが出来た場合、敵シャドウを(新たな)ペルソナとして取得します

(2つの質問どちらも好印象⇒必ず成功 / 2つの質問の内1つで好印象、1つで普通印象⇒高確率で成功
/ 2つの質問の内1つで好印象、1つで悪印象⇒低確率で成功 / 2つの質問どちらも好印象無し⇒必ず失敗 )

 

□ ・回答に対するシャドウの反応 Edit

  • 選択した回答に対するシャドウの反応は、3種類有ります
    ①好印象の回答(喜んでいるような描写)
    ②好・悪印象どちらでもない普通の回答(汗をかいてとまどっているような描写)
    ③悪印象の回答(怒っているような描写)
好印象(喜び)普通(とまどい)悪印象(怒り)
good.jpgnormal.jpgbad.jpg
 
  • 3つの回答選択肢の中に、好印象を与えられる回答が必ず含まれている訳ではありません
    • 逆に、3つの回答選択肢すべてが、好印象を与える回答(3つとも◯)、もしくは、普通の回答(3つとも△(無印))になる会話も有ります
       
  • 好印象を与えられる回答が無さそうな場合は、普通の回答を選択しましょう
    • 3つの回答選択肢の中に、悪印象を与えない回答は必ず一つ以上は含まれています(3つとも×ということはない)
  • 同じ回答の内容でも性格の違いに因って、シャドウがそれをどのように受け取った方も違ってきます
    (同じ回答でも、例えば、真面目だと判断したり、ウケ狙いだと判断したりする)
  • ぺルソナ化の会話交渉に失敗した際には、総じて、普通の印象を与えた場合はアイテム入手、悪印象を与えた場合はバトルが再開されます(さらに増援を呼ばれることも有る)
     

◆ 命乞いと人質 Edit

  • 敵シャドウが、残り一体となったり、瀕死の状態になったりした場合に、命乞い』をしてくることが有ります
    その際、「戦闘に戻る」を選択せずに会話を続けると、通常より有利に会話交渉をすることができます
  • 仲間がダウンしてピンチに陥った場合、敵シャドウによって『人質』として取られ、アイテムなどを要求されることが有ります
    敵シャドウからの要求を呑み、交渉に成功すると、メンバーは人質から解放され、戦闘が続行されます(要求を一度呑んでも、再度要求してくる場合も有る)
  • シャドウの性格は、『命乞い』や『人質』の発生率にも影響しています
    (弱気は『命乞い』をしやすい、陰気は『人質』をしやすい、など)
  • 交渉失敗になるとその仲間は戦闘不能になってしまいますが、通常の戦闘不能からの回復手段で復帰させることができます

◇ 弱点無しシャドウへの会話交渉誘導法 Edit

  • 通常は属性弱点を突くことでダウンを奪い、ホールドアップ状態にすることで会話交渉に持ち込みますが、
    属性弱点が無いシャドウは下記の攻撃でダウンを狙い、会話交渉に持ち込みます

 □ クリティカル攻撃

  • 弱点を突く攻撃以外に、クリティカル発生でも同様に敵シャドウをダウン状態にさせる事が出来ます
  • 物理属性が無効以上でなければなら可)クリティカルでダウンさせることができます
    • 「ラッキーパンチ」「ミラクルパンチ」モルガナが覚える)などのクリティカル率の高い物理スキルを使うと良いでしょう
      (自動効果スキルの「アドバイス」をつけておくとかなりの確率でクリティカルが出るようになる)

 □ テクニカル

  • テクニカルを発生させると、敵をダウンさせられることがあります(100%ではない)
    • 特に洗脳してから念動属性でダウンさせると、洗脳状態での交渉になるのでかなり有利になります
      付着しやすい状態異常具体例(オニ:精神系全般 アヌビス:精神系全般・忘却)

 □ コープアビリティ『追い打ち』

  • 仲間キャラクターはコープランクを進めると、コープアビリティ『追い打ち』を覚えます(モルガナ、竜司、杏、祐介、春はランク3、真はランク4、明智はランク6)
    主人公の攻撃が終わった際に、敵シャドウがダウン状態ではない場合、確率で発動し、追撃して確実にダウンを奪ってくれます

 □ コープアビリティ『ダウンショット』

  • コープ「」を解禁すると主人公のみですが使えるようになります
    全装弾数の8弾(※黒い模擬銃のみ6弾)を全て失う代わりに敵1体をダウンさせるアビリティです
    (ランク6のアビリティ・『セーブショット』を覚えると『ダウンショット』の消費弾丸が2発分減少する)
     
     

コメントフォーム Edit

・当ページの記載内容に関して、ご意見、ご質問等がございましたら、こちらのフォームからコメントとしてお寄せください
 記載内容の間違い等のご指摘もこちらからお願い致します
・お名前欄には記入しなくとも(無記名で)構いません


 

コメントはありません。 会話交渉/コメント?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White