Top > 各話メモ > 第4章(幕間『To Hurt』〜)
HTML convert time to 0.160 sec.


各話メモ/第4章(幕間『To Hurt』〜)

Last-modified: 2017-03-22 (水) 00:39:00

幕間『To Hurt』 Edit

  • ミシャルヒに絡んだチンピラの頭
    『4-0 死人の森』でゾーイ・アキラに助けて貰った二人の男の片割れだと思われる。

4-14 一時の平穏 Edit

  • 「忌まわしき者どもの母、ババロンって言おうとしたの。わーつよそう」

    wikipedia>ババロン

  • 流石死人の森の女王は格が違った。
    ブロント語
  • ミヒトネッセ、TSX-8
    トリシルシリーズの八番機? Xってなんだろう?
  • 姓が出来たレオ
    合わせてレオ・ウィーナーとなり、サイバネティックスの著者ノーバート・ウィーナーの父でもある言語学者と同じ名になっている
  • トーナメント参加者
    苦情にも石さえバラ撒いて補填しとけば何とかなってるので、スマホゲー辺りを参照していると思われる。

4-15 悪夢の饗宴 Edit

  • ファッション:トリシューラ

    狼のアップリケが付いたエプロンをかけたちびシューラがそんなことを言う。本体のトリシューラも同じデザインのエプロンを身につけていた。トリシューラの赤い髪は左右に流れ、肩の前で緩やかに巻かれた毛束がくしゃっとした黒いシュシュでまとめられている。

    背中を見てわかる装いはシンプルなフリルワンピースに合成皮革スエードの腰巻きサッシュベルトというもの。珍しくクリーム色という明るい色調を纏うトリシューラの中心で、黒く上下を分割するラインが全体の色合いを引き締めているようだった。

    黒革の編み上げ長靴ブーツは上等な品だが、紐が複雑に絡み合って独特な呪紋を描いており、やはり彼女は呪術師なのだと再確認する。アクセサリとして、左手首にビーズのブレスレット。赤と黒の色彩が良く似合っていた。

  • ファッション:ルウテト

    コルセスカの身体を借りたルウテトはと言えば、今は左右共に白く細い肩を剥き出しにした白いワンピースにいつもの白手袋、編み上げの革長靴はトリシューラと揃いのデザインだが焦茶色なのが相違点。全体的に大人しい雰囲気だが、長くなった髪を後ろで束ねるために蝶と繭が一体になったかのような髪留めを使っているのが目に留まった。付け加えるなら、服の胸元を押し上げるボリュームが普段のコルセスカよりもかなり――

    ――付け加えるなら、左右の尖った耳に光る小さな耳飾りの存在だろう。右は琥珀、左は翠玉、ということをちびシューラが解説してくれたが、どうしてか口調が暗い。

4-16 六人の王さま Edit

  • はいはい設定設定
    VIPRPGにおけるスラングの一つ。

4-17 未来の過失 Edit

  • ローグライク、というかより具体的には不思議のダンジョン?

    「他にも呪力源と食糧が尽きて餓死したり、初見の即死トラップで壊滅したり、どうせ治癒の霊薬だろうと鑑定せずに持っていた瓶の中身に敵の火炎攻撃が引火して大爆発を起こして全滅したり、外なる神の露店から貴重な呪具をありったけ盗んで逃げたら追いかけ回されて詰んだり」

  • ファッション:トリシューラ

    トリシューラはいつの間にか落ち着いたデザインの赤いドレスに着替えていた

4-18 ガイノイドの魔女 Edit

  • ニンジャの量子透過

    wikipedia>トンネル効果
    あとトンネル効果によるすり抜けを量子透過って書くのはされど罪人は竜と踊るからか

  • ウィッチオーダー:シャクティ

    瞬時に構築した漆黒の円盤を投擲。低次の知性を持ち、自律的に未来を予測しながら敵を狙う浮遊円盤だ。

  • ファッション:ミヒトネッセ

    少女はツーサイドアップの長い髪を揺らして、気の強そうな目がこちらを睨みつけてきた。
    フリル過多な侍女服の袖口から覗く手首関節とスカートの裾から覗く膝関節は、明らかに人のものでは無い。可動域だけ露出した球体は、このタイプの人形に特有の機構であり、ラフディが誇る文化の精髄。

  • ウィッチオーダー:リーエルノーレス

    現れたのは漆黒のチェーンソー。前に一度キロン相手に使用して破壊されたが、この度トリシューラによる再構築が完了した兵装だ。そして、サイバーカラテ道場の公募企画『みんなで作ろうウィッチオーダー』の月間最優秀作品でもある。

    左腕の形状は、集合知によってアップデートされていく。手首から三枚のチェーンソーが平行に伸び、それぞれ刃の回転速度が異なっている。普通に考えれば樹木の伐採にはとても使えないこの形状には呪術的な意味があった。

    三重刃の呪動鎖鋸リーエルノーレスは、各パーツに刻印されたそれぞれ異なる三つの文字を揃えることで一つの呪文を発動させる仕組みだ。速度差によって生じる文字のずれを利用し、多種多様な呪文の組み合わせを高速で展開していく。三つのチェーンソーの回転速度は絶えず変化しており、組み合わせの配列を見極める事は極めて困難だ。

  • 髪盗人
    神話パロの滑稽詩。引喩詩の代表的なもの。
    一房の髪を巡っての貴族の確執を神話的に描写することで笑い飛ばした。

4-19 予兆 Edit

  • ファッション:トリシューラ

    白衣を着たトリシューラ

4-20 脆弱性、あるいは仕様 Edit

4-21 皆殺しのデーデェイア Edit

  • 八億
    実数のことではなく仏教用語で数が大変多い事を表す八億四千の端数を切り上げた表現?

    Weblio辞書>八億四千

4-22 異界転生 Edit

4-23 欲望の在処 Edit

  • 「我が妻よ、淑女にしてやろう――陰核及び小陰唇を切除した後、陰部を針と糸で縫合して封鎖するのだ。当然の処置を何故してこなかった? 己を恥じろ」

    wikipedia>女性器切除

幕間『囚われの氷晶姫』 Edit

  • エリア制圧型SLGでヒロインが氷漬けになるゲームといえば戦国ランス

4-24 二人で Edit

  • 鋭利な牙が五つ。それらが地面に落ちると大地が鳴動し、地の底から夥しい数再生者が出現する。

    wikipedia>スパルトイ

4-25 ゲームスタート Edit

  • ファッション:トリシューラ

    赤と黒を基調としたカラーリングはいつも通りだが、ダブルブレストの軍服とボウタイブラウスを合わせたようなワンピースを纏ったトリシューラは華やかでありながら凛々しくもあった。大小のシューラは揃いの軍帽を被っているが、ちびの方はサイズが合わないのかずり落ちてくる帽子の位置を何度も直している。

    髪型はいつも通りに左右に分かれた二つ結び。平べったく編み込んだフィッシュボーンになっているのが新鮮だ。

    と言って二つ結びの髪束を手で持って示す。平たい編み込みはややラフな感じがするが、それがかえってカジュアルっぽくて悪くないと思えた。軍服っぽいスタイルにも適度に花を添えているのではないだろうか。

幕間 左右一対の邪眼姫 Edit

4-26 嵐の前 Edit

  • ファッション:トリシューラ

    本日のトリシューラは伸縮性のあるトレーニングウェアを着ているのだが、何故かシャープな豚の鼻がプリントされていた。どういう趣味なんだろう。

  • Nike
    ローマの女神の一柱であり、ルウテトの射程範囲

4-27 ラフディボール(前半) Edit

4-28 ラフディボール(後半) Edit

一〜三が前衛、四〜六が中衛、七〜九が後衛、五番がキャプテン?

  • ガロアンディアン側メンバー
    • 前衛 一番カーイン 二番カルカブリーナ 三番ゼド
    • 中衛 四番アルマ 五番アキラ 六番グレンデルヒ
    • 後衛 七番マラコーダ 八番カニャッツォ 九番チリアット
  • ラフディ側メンバー
    • 前衛 一番 二番 三番ドルン
    • 中衛 四番アレト=アーキフ 五番ルバーブ 六番
    • 後衛 七番 八番 九番
      あとは描写から推測するにアレッテへ向かったメンバーであるカルメーキフ、ゴガベズが一番もしくは二番
      暴動鎮圧に向かった六〜九番がソーレル、ドック、ペルシカリア、エキドナだろうか
  • 会場のどこかで、誰かが『十一点差であること』を喜んだ。
    上が大地の民に与えた序列は十一位だからだろうか

幕間『騒乱』 Edit

  • ウィッチオーダー:ミブレル

    どこか空想的な『未来感』をただよわせており、たとえるなら古い時代に空想だけで思い描かれた『時代遅れの未来の光景』といったものに雰囲気が似ている。『レトロフューチャーの義肢』とでも言おうか。

    肩には用途不明の管が伸び、赤いランプ付きの奇妙な環が手首に並ぶ。腕の内側にエネルギーゲージが一つ減った状態で点滅しており、その真上には『ミブレル』と読める文字が刻まれている。

  • ア4簡易チャート(ネタバレ注意)
    有志による各キャラクターの動向まとめ
    表なのですこし横に目を滑らせるとネタバレの恐れがある、注意と作成者への感謝をもって使おう

4-29 醜い野獣 Edit

ステュクス

深い藍色が流れる幻惑的な川だ。遙かなる源流は更に不可思議な青。大河の向こうには糸杉の森が広がっており、木々の足下には純白が並んでいる。死者の骨が絨毯のように敷き詰められているのだ。

コキュートス

寒々しい光景はあらゆる命を否定し、奪い尽くす死神のように恐ろしげだったが、トリシューラはその氷河にたとえようのない美しさを感じた。

プレゲトン

燃え盛る血と重油の川

プレゲトンは"燃え盛る"の意。
アオルニス

存在しない鳥が昼と夜に羽ばたくことで互いの輪郭を規定する騙し絵じみた双子の川

アオルニスは"鳥がいない"の意
レーテー

過去へ過去へと全てを忘却の淵に押し流してしまう時間流

レーテーは"忘却"の意
ベルトコンベアー

未来へと機械のがらくたを運ぶベルトコンベアー

遠くで、時間軸の先へと向かう鋼鉄の川がその流れを加速させた。
破滅的なほどの勢いで、どこまでもどこまでも。

トリシューラを示唆するものだろう
アケローン

源流そっくりな静謐そのものといった小川

アケローンは冥府そのものを指す
ヤマタノオロチ?

今にも氾濫しそうな八又の激流――。

――最後の激流は何だろう。

単純に考えてヤマタノオロチだろうか。トリシューラには日本に詳しくない節がある。
ボルヘスの八岐の園の要素も感じる 大まかには世界線の分岐と迷路といった話
紅紫に濁った河

彼女が見下ろしている河も森の大河から分かれた支流だった。
紅紫に濁った河だ。どぶのような汚水。せせらぎは耳障りですらある。

アレッテを示唆するものだとわかるが、参照元は不明。
ステュクスの支流、冥道の模造品ということを示している?
  • 「『どんなことが真理とか寓話とか言って、
     数千巻の本に現れて来ようと、
     愛がくさびの役をしなかったら、
     それは皆バベルの塔に過ぎない』
     ――さて、私の塔はどうなのかしら」
    ゲーテの引用、適当な衒学ムーブ。
    アレッテの塔の方はラプンツェルを参照。
  • ウィッチオーダー:釘のナタリエル

    左腕に異変が起きていた。体毛が急速に伸びているのだ。剛毛という域を超えて硬質化した角質の塊。
    それは角のように雄々しく伸びて腕に固定された武装と化した。

  • ウィッチオーダー:釘のナタリエル

    まず釘が出現し、俺の左掌に突き刺さった。そして左手に沿うように出現する、途方もなく巨大な十字架。
    側面に埋め込まれているのは煌めく四種の宝石。中央で妖しく発光しているのはトリシューラを思わせる紅玉髄。
    それはあまりにも無骨な杭打ち機だった。

  • ウィッチオーダー:路の女王ヘリステラ

    車輪というイメージから『転生』の力を引き出す俺とは違い、ルバーブが見ているヘリステラの姿は『路』という大地に近い側面だ。

4-30 業 Edit

  • 祭司と奴隷が金枝の導きで裏返るように。
    金枝篇
  • 王と乞食が互いを演じるように。
    王子と乞食

4-31 王と物乞い Edit

4-32 祈りは流星に似て Edit

  • ウィッチオーダー:イングロール

    余りにも巨大な腕。ルバーブの剛力ですら支えるのがやっとの隕石除去用の義肢は、宇宙空間で活動するための装置だ。

4-33 ガロアンディアンの真竜王 Edit

  • 特に物語に関わることのない設定の群れ
    • 狼の魔将を倒すためにそれぞれの野望を抱えて集まった三人の探索者それぞれの来歴
      一章の方々。
    • 草の民社会における因習と次期族長を巡る暗闘に巻き込まれた青年の苦闘
      ナト?
    • 亜大陸の闇を這いながら癒しと救いを求める治療師の巡礼
      イルス? キロン?
    • 盗賊王の庇護を離れて神敵との戦いに身を投じるようになった拳士の戦歴
      カーイン(初代)? ネドラド?
    • 魂無き少女が色の無い部屋で生まれて育つようになった顛末
      マリー
    • 平和を訴えていた学生が弾圧と絶望を経て教会を破壊しながらツアーライブを行う悪魔崇拝メタルバンドを結成する長い旅路
      3-2で順正化処理喰らって後に吹っ切れた人
    • 迫害の歴史を背負う隠れ人狼の少女が恋をして愛を失い老いたのち義理の娘と激動の世界を生き抜いていく記録
      シアナの姑

『チョコレートリリーのスイーツ事件簿Season2 Case.14 アズチョコに挑め!』 Edit

  • 『鈍足の異名を持ち赤外線を自在に操る怠惰なる修道騎士』
    FF13の主人公ライトニングの異名『光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女性騎士』から
  • 『ル・コルシをコルシにかけてブラセロとサンダリ』
    コルシはイラン、ブラセロはスペイン、サンダリはアフガニスタンにおける炬燵と同系統の家具。ル・コルシは炬燵カバーに使われる織物ルコルシーか。
    発言の意味不明さは↑と同じFF13の『パルスのファルシのルシがパージでコクーン』あたりを参照している?
  • 白い繊維質(アルベド)から橙の外果皮(フラベド)を経て赤いハート(ルベド)へと至る魂の黄金錬成! 隠し味はぁ、ミルーニャのあ、い、じょ、う! みたいなー♪」

    wikipedia>大いなる業

    みかん辞典

幕間『死人の森の父』 Edit

  • 都市が併発した九つの病
    典型七公害に外部不経済の黙認と呪波汚染を足したもの

4-34 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ1 Edit

  • ウィッチオーダー:プロト/アゴニスト

    黒銀の拳と連動して回転する水車、背後に展開された機巧曼荼羅、輪廻の呪力が全ての運動エネルギーを流転させ、迫り来る悪魔の一撃を受け止める。

4-35 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ2 Edit

鎖の音がする。虚空から現出した幻の鎖が奴隷の全身を縛り、身動きを封じる。
奴隷はそれを自慢げに見せびらかして、

『奴隷の鎖自慢』という言葉を意識した物だろうか

  • ウィッチオーダー:ミブレル

    『創造』の力が雲の中に光の環を構築していく。
    邪視による加速器――荷電粒子砲を放とうとしているのだ。

  • ウィッチオーダー:ギゼリア

    欠落した右腕を補填するように、建設用重機を歪に組み合わせたような巨大な機械義肢が構築されていく。シャベルとなった手先が高々と振り上げられた。

  • ウィッチオーダー:ディオル

    闘気が鎧となって全身を覆い、両の拳に一際強い輝きが収束。
    能力は単純にして明快。身体能力の強化に加え、飛ぶ拳と衝撃波。

  • ウィッチオーダー:コキューネー

    触手の如き無数の接続端子を伸ばしていく。

  • ウィッチオーダー:アミアウィズ

    超高精度義眼

4-36 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ3 Edit

  • 「上っ等、『紀』ごとバラすわ。おいオルヴァ、あれやれよ。ブレイスヴァって奴。あ? 何びびっちゃってんの? メタレベルに引っ込んでないで出てこいよ! 起源から解体してやっから!」
  • 「一定数の勢力をトライデント内に確保して要求を呑んでもらう。使い魔の魔女はその性質上、私たちの意思を無視できない。ラクルラールの『人類教育』は中途半端に達成される」

4-37 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ4 Edit

  • アキラ安定のカギは役割と地位、神話と転生。それとトリシューラ。
  • 荒れアルト。チリアットが付き合ってる。
  • カーインvs『子泣き爺』ザッハーク
    • カーイン、子泣き爺に理性(?)を奪われる
    • 「んん――? 抗えるはずはねえんだが、効きが遅いな。理性で動いてるわけじゃあねえのかこいつ。忠誠心とかは藍の領分だから奪えると思ったんだが」
  • カーイン、レオの護衛を離れて戦いに参加
  • 『絡新婦』伐採大好き、レオを襲撃

4-38 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ5 Edit

  • 使います、ピトス博士。あなたに貰ったこの力!
    ピトスはピュクシスとして
  • ウィッチオーダー:ネクロゾーン

    光の粒子が収束していくと、男の腰に牙や爪などの意匠が盛り込まれた禍々しい革のベルトが装着された。前のホルダー部分に端末を差し込むと、まばゆい閃光を放ちながら機械音声が流れだす

4-39 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ6 Edit

  • 黄金の獅子王に跪き、鏡の大公と銀の恋について語らった。
    キャカラノート、ガドール、コルセスカ
  • 最初の席を与えられた紫は呪いに彩られた歴史を記憶し、夢に見た。
    オルヴァ
  • 群青の影と世界を語り、気ままに物語を歌った。
    ユネクティア
  • 黄は王に忠誠を誓う限り気の良い相手だった。
    ナーグストール
  • 緑の在り方は興味深く、誰もがこの女神を敬った。
    レルプレア
  • 偏屈な橙と再演の旅路で再会し、時の遊戯に興じたのは良い思い出だ。
    グレンデルヒ
  • 藍の魔女はオルヴァに最も礼を尽くし、彼を尊重した。
    セレクティ
  • 朱の少年は逆にオルヴァをひどく疎ましがって夢の城に姿を隠した。
    マーブシュズール
  • 先任の紫であった大いなる明藍からは多くを学んだ。
    クロウサー
  • 灼かれた砂漠とは争いの無情を嘆きながら殺し合った。
    ピュクティェト? 焼かれたのはレルプレアだけどそっちはたぶん緑だしなあ
  • 灰の旅人は良き道連れで、時の果てを共に彷徨い戯れた。
    グレンデルヒの弟子
  • 白き広漠の漂いには果てが無く、黒き深淵はあまりに遠い。
  • 「見ろよ、収穫にぴったりだ。稲穂を刈り取る形をしてるだろ?」
    BLEACH 命を刈り取る形をしてるだろ?
  • 『かつてあったことは、これからもあり、かつて起こったことは、これからも起こる。太陽の下、新しいものは何ひとつ無い』
    コヘレトの言葉、一章の九節。
    発言者であるガドールの名前のゆらぎの神話における恐らくの参照元、ガドール・コヘレトの名を意識した上で参照してきた言葉と思われる。
  • パロット種の言語学者が体系化した『動物語』
    ドリトル先生
  • 「N・G・H・S・スレイマン――イェレイドだけじゃなくて、彼まで動き出したわけだね。めんどくさーい。分かっていたことだけど」
    N・G・H・Sはそれぞれユダヤ教の祭事ハヌカーにおいて遊ばれる駒、ドレイドルに刻まれた4文字。スレイマンはソロモンのトルコ語読み
  • 「知らん名だ。アムエムカノンの奴ではないのか?」

4-40 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ7 Edit

  • 動物組を堪能する『大蛇』晶
    • 「はぁ〜安らぎ〜このために生まれてきた〜」
    • 解放されたレオが目を回して倒れると、何故か無理をして出てきているナーグストールに支えられた。
  • シナモリアキラ面接
  • 『子泣き爺』ザッハーク、ミシャルヒに仕留められる
    • 「私の特性とこの吸脳鬼の力を利用して、この第五階層に不和と混乱を招く」
    • ジャッフハリム、カーインを捕えて『あの方』(レストロオセ?)を蝕む病毒を解呪したい、それまでは時間稼ぎ
  • 夜警国家

4-41 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ8 Edit

4-42 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ9 Edit

4-43 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ10 Edit

  • ウィッチオーダー:リーエルノーレス

    炎天使の左腕がチェーンソー型

  • ウィッチオーダー:ミュリエンティ

    レーザー照射装置をはじめとした多機能型の彫刻用義肢。

4-44 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ11 Edit

  • カニや獅子、ワニやトカゲ、犬やウサギ、水運びや薪運び
    カニは南ヨーロッパ、獅子はアラビア、ワニはインド、トカゲはアメリカ・インディアン、犬はモンゴル、ウサギは日中韓、水運びはバイキング、薪運びはドイツと、それぞれ各地方で月面の模様から見出された事がある存在
  • 水面や磨かれた鏡面に映る『人真似をする異界の住人たち』

4-45 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ12 Edit

4-46 オルヴァ王と十二人のシナモリアキラ0 Edit

  • 自動運転時代の【トラック転生】

    違法に入手した不正侵入プログラムを足が付かないように車に仕込んで自動操縦システムを暴走させたりは『していない』し、車両監督者の仕事をしていたら『偶然』暴走した車が『たまたまそこにいた』被害者(いらいぬし)を轢いてしまったりしてもそれは俺の責任ではない。監督者として緊急停止措置を講じても車両が止まらないのはメーカーの責任であり、補償金を支払うのは保険会社だ。

  • 「――あのね」「君はこの世界が私の創作だって言われたらどうする?」
  • 予見された未来の光景
    • 大魔将シナモリアキラの討伐に向かう黒鎧の騎士(アズ?)
    • トリシューラとティリビナの民の対立
    • 繰り返されるガドールとの戦い

      『かつてあったことは、これからもあり、かつて起こったことは、これからも起こる。太陽の下、新しいものは何ひとつ無い』
      聖書、コヘレトの言葉1章9節

      精神において偉大なる祝福されたる神よ(エール・バルーフ・ガドール・デーアー)
      ヘヴライ語。エール=神、バルーフ=祝福された、ガドール=大きい、デーアー=精神

    • クレイに詰られるアキラ
    • 鎖に繋がれるアルマ
    • 「ああ、だめ、堪えられない! トリシューラ、私もう指が射精しそう!」
    • 「これが最後だ。構えるがいい、シナモリアキラ――実を言えば、ずっとこの瞬間を待ち焦がれていた」
    • 電気椅子に座ったレオ、背後にはメルトバーズ
    • 世界の最果て、凍り付いた時の極点で向かい合う魔女姉妹

4-47 狂姫乱舞 Edit

  • ファッション:トリシューラ

    何故か今日の装いはもこっとした動物着ぐるみ。どういうファッションなのかわからない。もしかして寝間着か?
    何故ねずみ。

  • 「私も同行する」/「カーイン」
    「私も同行する」/「花京院」
  • 何故か音楽のリズムに乗って床のパネルを移動している。
    ネクロダンサー

4-48 カクリ世の宴 Edit

  • 白骨迷宮のアイドルランク(一日目昼?)
    • 一位 リールエルバ
    • 二位 『ヒュドラボルテージ』
    • 三位 『パイロマスター』
      • 探索者系の火工術師ユニット
    • 不明(四〜九位?)
      • 角笛ヤギや呼び笛カナリアといった楽器生物を使役する動物園系アイドル
      • 刺青呪術系黒檀の民ダンサー
      • 自在に体型を変化させる夜の民モデル
      • ネクロメタルバンド
    • 十位 『チョコレートリリー空組』
      • ミルーニャ、リーナ、セリア?
    • 元十位 ラリスキャニア
      • 元カルト教団の教祖だった触手系アイドル
  • ファッション:トリシューラ

    骨狼のカインを抱いたトリシューラは随所を黒く縁取ったワインレッドのスーツとタイトスカートという姿でにっこりと笑った。今日は髪を後ろでひとつにまとめているため、耳元で揺れる黒のイヤリングが原色だらけの全身をぎりぎりと引き締めている。

4-49 檻の感触だきしめて Edit

  • 一日目夜のアイドルランク
    • 一位:『狂イ姫(リールエルバ)-†囚焉舞イ血ル妬環ノ華(シュウエンマイチルトワノハナ)†』
    • 二位:『ヒュドラボルテージ』
    • 三位:『アマランサス・サナトロジー』
    • 四位:『動物想(ファウナ)
      • 4-48の”角笛ヤギや呼び笛カナリアといった楽器生物を使役する動物園系アイドル”?
      • 動物相
    • 五位:『パイロマスター・イン・ヘルファイア』
      • 一日目の昼?の『パイロマスター』に何か変化が発生したものだろうか
    • 六位:『オルプネ』
      • orphne、ハデスの治める冥界に棲むニンフで、闇の意。
    • 七位:『Frozen/Torch』
      • ”ネクロメタルバンド”
    • 八位:『うずめ』
    • 九位:『チョコレートリリー・空組』
    • 十位:『スマルト』
      • 4-48の”自在に体型を変化させる夜の民モデル”?
      • 花紺青
    • 十一位: 『ラリスキャニア』
    • 十二位: 『シナモリアキラ』
    • 元十二位『スケイルガールズ』
  • ところがある時、恩人である司教は『異端』として断罪されてしまう。
    三章でハルベルトに断罪されたユネクティアのこと(を想起させるラスキャニアの欺瞞)

幕間『悪夢の継承者』 Edit

4-50 あなたのアイは独りよがり Edit

  • ファッション:トリシューラ

    じたばたと手を振り回しながら二頭身の狼っぽいマスコットキャラと化したトリシューラが言った。デザイナー兼プロデューサー兼マネージャー兼ドレス役に集中したいからちびキャラ化するそうだ。何故か浮遊しているし、意味がわからない

  • ニワトリ曰く、メートリアンこそキャカラノート、ジャッフハリム一世、メクセトに連なる中原の覇王である。
  • うずめ・イアンベ・バウボ
    アメノウズメとバウボは神話界のストリップダンサー。イアンベはバウボの別伝。
    これらの神話はしばしば類似が指摘される。

4-51 純な炎を胸に燃やして Edit

  • 『握手会』
  • ゼドのクレイを狙う発言

    「ああ、だから俺は闇を照らす蝋燭が欲しい。俺の罪を、盗みと殺しとを照らす、栄えある屍の蝋燭に手を伸ばしたいんだ――」

    栄えある屍の蝋燭=ハンズオブグローリー=クレイ

4-52 血も凍りつく眠りの中で Edit

  • 『Frozen/Torch』
    • リーダー、『ドラトリア系夜の民』でサイバーカラテユーザー
      3章の順正化処理を受けた男?
    • ドラム『眠り棺』、マーブシュズールの仮想使い魔
  • 最古の夢占い師にして言語支配者がひとり、マーブシュズール。
    『朱』の天主と呼ばれる夢の支配者は、古い時代には賢者と呼ばれオルヴァとも親交があったそうだ。
    • ジャッフハリム勢力ではない。

4-53 燃え上がる夢の終わりに Edit

  • ファウナ・ボナ・デア

    wikipedia>ファウヌス
    ファウヌスの女性形はファウナである。

    wikipedia>ボナ・デア
    ボナ・デアは男神であるファウヌスに殺された。凶器となった銀梅花はカバラにおける男性原理の象徴。

4-54 目指すは奈落、一直線に Edit

  • 一位:『狂イ姫-†囚焉舞イ血ル妬環ノ華†』
  • 二位:『ハンズ・オブ・グローリー』
  • 三位:『アマランサス・サナトロジー』
  • 四位:『動物想』
  • 五位:『パイロマスター・イン・ヘルファイア』
  • 六位:『ラリスキャニア』
  • 七位:『チョコレートリリー・空組』
  • 八位:『シナモリアキラ』
  • 九位:『塩れもねいど』
  • 十位:『キラメキ時代』
  • 表紙には黒装束に覆面、十字の刃を手にしたキャラクターが描かれていた。
    あからさまにニンジャなのだ!

4-55 栄えある女王の凱旋 Edit

  • アニメ「俺たちに翼はない」の第七話が「栄えある王の凱旋だ!」
    幾人もの主人公が登場するのだけど、実のところ全員同一人物。
    主人公の視点に寄り添って映像が改変されていて、全く別デザインで描写されるアニメ。
    あと、「奈落の名にかけて、余も射精とやらをしてみたい!」と歌い出すので引用してる気がする。
  • 呪文の座は月の姫君と夜の姫君のアイドル対決で決まった。この地下アイドル迷宮は照明のあたる場所で輝くハルベルトになれなかった、リールエルバの欲望よ
  • 「それがイネクシュネ原体――試験管の小人にして最後の始祖」
    カーインも試験管の小人と呼ばれていたが関係あるか
  • はじまり以前の隠された民。根源者(ソーサラー)=根源獣パンゲオンの眷族種

    第二の神話

    ゆらぎの神話BBS

    隠されたはじまり以前の一族が住んでいた秘境エル・ネ・クローザンド。その名は獣の子宮を意味したとか。セルラ・テリスに消し飛ばされて大穴になった。

  • 「マラードと共に完成したアルト・イヴニルは六王と原初の土の力を取り込み、より古い神秘を身に宿そうとしている。過去へ過去へ、根源へと遡って――並ぶものの無い至高のアンティークへとその身を高めようとしているの」
  • 「オルヴァ、なんとかしてー。にあ! 逆らうの、生意気!」
    オルヴァになんか懐いてるニア。謎。
  • 「――六王というのはシナモリアキラ化すると雑な生き物になるんですか?」
    零落します。
  • 「私の――先輩に。何をしていると訊いた。答えろ」
    リーナぶち切れる。
  • リヴィちゃんの後釜枠で英雄/落雷で死んだ屑女
    九英雄がズタークスタークに四英雄にされた話か
  • 蝿たかる串刺しの豚の生首

    Wikipedia>蝿の王

    あらすじ

    子どもたちが無人島に漂流する。そこは果物と豚に溢れる楽園。

    救助を待ち飽食する子どもたちに蔓延する噂、恐怖。曰く、島は『獣』に支配されている。

    そうして子どもたちは夜は『獣』に怯え続け、昼は狂乱して蛮族の扮装し豚を狩り続けた。

    あるとき子供たちは、『獣』に生贄を捧げることを思いつく。それこそ豚の生首であり『蝿の王』であった。

    一人の聡明な少年は、ある夜に獣の正体を確かめるべく、『蝿の王』に会いに行く。

    豚の生首曰く、「私はお前たちである」。

    少年が『獣』の姿を直視すると、それは単なる吊られた死体であった。

    『獣』とは子供たちに蔓延する恐怖と狂気そのものだったのだ。

    『獣』の正体を少年は子供たちに伝えに行くが、暗い森から現れるその姿は『獣』であり、狂乱する子どもたちに殺害される。

    子どもたちはますます荒ぶり、殺人はエスカレートするかに見えた。しかしふと軍船が立ち寄って子どもたちに話しかける。

    子どもたちは即座に我に返り、口をつぐんで文明社会に戻った。

この後の展開を見るに、かなり蝿の王から引いてるように見える。

  • 傷だらけの肢体を投げ出した紅紫の髪の人形が打ち棄てられ、夥しい数の異形の軍勢が残骸となって飛散していた。

幕間『甘い果実は腐り堕ちて』 Edit

  • ドレス

    ピクシブ百科事典>聖衣
    ピクシブ百科事典>プレミアム星座ドレス

  • 「エリルの七十星座から名前をとった青銅位以上の星座ドレス――その中で燦然と輝く九つの一等星、『黄金』。でもあんなドレスは記録に残っていない。今まで存在を知られていなかった七十一番目の星座ドレスにして十番目の『黄金』だよ!」
    「新しい設定を出した上でいきなり例外をかぶせてくるのやめろよ」

4-56 メスブタノパン/ブタノマンジュウ Edit

4-57 裸の自分、服を着た誰か Edit

4-58 あなたは理想の王子さま、私の素敵な王子さま Edit

  • 「俺の剣と打ち合いたくば、音に聞く聖剣『切断処理』でも持ってくるんだな」
  • 「さて問題です。欲望の誘蛾灯、淫蕩の餌と成り果てたリールエルバの『本体』は今頃どうなっているのでしょう? 正解はこちらの広告をクリック、なんて」
  • それは歯の生えた入り口であり、万力の付いた出口だった。
    それは何かを割るものであり、何かが欠けているものでもあった。

    wikipedia>ヴァギナ・デンタタ

  • 次の瞬間、その場所にはアイドルが立っていた。
    浮遊する鋼鉄の翼と近未来的な外殻を纏った緑髪の歌姫。
    ツーサイドアップの髪型はアイドルらしく、マイクから流れる歌声は非人間的。
    リールエルバの容姿にミヒトネッセの人形性をミックスした、白骨迷宮の頂点を守り続けた最強の形態――『狂イ姫』。

    Wikipedia>初音ミク

4-59 『私たち』を始めましょう Edit

  • アイドル-"しぃ"、"アキ"、"キラ"
    シナモリアキラから
  • フクシャ色
    マゼンタと同じ色。アレッテと同じ。
  • ア・テール
    バレエ。踵を床につけて立つ
  • ポアント
    バレエ。トゥ・シューズで立つ

  • ステップ。
  • ピルエット
    バレエ。片足ポアントからの回転するステップ。
  • アクチュアリティ
    「いま」「ここ」の迫真性
  • レヴェランス
    舞台終わりの挨拶。膝を曲げて行うお辞儀。死人の森の断章尊敬。
  • SNA333(トライスリー)
    333は品森晶から。
    SMAでなくSNAなのは?Nソーシャル・ネットワーク・アキラサービス?
    アルファベットの最初数文字から母音を引いたもの+末尾のA?(略語の作り方
    AKB48
  • 巨人アキラくん
    触手。ことば。翼耳。第三の足。
  • 木、森――どうしてだろう。なにかがひっかかる

    「不完全な木製人形じゃダメだよ、あの儀式は。だからこそ本命は『呪文の座』を招いてのライブなの。ティリビナの巫女がいなければ新世界には届かない」

    金枝篇の森の王=ヤドリギ=死せる神と関係ある?
  • 太母かつ始祖であるアルト
    根源獣パンゲオンの血肉である『原初の土』と六王の権威を両方手にしたアルト・イヴニル
  • 根源人種(ルートレイス)
    ハイパーボリア人/レムリア人/アトランティス人/現生人類と区切るアレのこと。
    根源人種
  • 『紀元槍』に至り、女神となるための道筋
    究極の呪文である『人類』を唱える、『槍の七巧図タングラム』を完成させる、物理的な紀元槍への到達、絶対なる信仰基盤の確立、あるいは古き女神からの完全継承――他にも色々
    ゆらぎの神話百科事典>槍のタングラム
  • 天地開闢以来、最も富を有していた王

    『死人の森の女王』――あらゆる約束を遵守させる法と罰の神だ。そして死者たちの王国に債務の不履行という概念は無い。ゆえにかの森の富こそ最も強い通貨。死に勝る安定無し

  • ガルカティス・トーヴィット
    ググっても本編の対象の行しかでない稀な名前
  • 触手槍の技法

    「触手槍による打ち払いのあと、引き寄せて五体で極めにいくのは西方のゼオーティア教圏から伝わってきた手法よ。ドラトリアでは槍を変形させてそのまま捕縛を狙う。本国の警察組織に伝わっている古武術系の捕縛術はこっちね。けどあなたは西側の影響が見られる技を用いた。これは通常、国防軍が用いているけれど、これって一体どういうことなのかしら」

  • 軍人の迎え
    蝿の王を参照している?
    蝿の王とは違い大人の世界に戻らず否定して子供のままを続けたとか
  • 無花果の服、蛇の指輪
    裸のアダムとイブは、蛇によって知恵をもち、無花果の葉で身を隠した
  • 七頭十角の獣
    黙示録の獣。死人の森の女王=ルウテト=バビロンの大淫婦の使い魔。
  • 世界を埋めつくさんばかりの勢いで侵略を開始した
    アイドル編の当初の目的はパンデミックを食い止めることでした。頓挫。

4-60 Calling Edit

  • タイトルは死人の森の断章8-4 callingへ参照
    コルセスカとシナモリアキラが聖婚した回

『チョコレートリリーのスイーツ事件簿2nd 第14話 デーツ・ミーツ・ナッツ』 Edit

  • デーツ/タマル/ナツメヤシ
    デーツはナツメヤシの果実の呼び名。ナツメヤシはキリストのエルサレム入城を祝福した植物。
    英名はフェニックス。生命の樹のモデル。花言葉は贅沢。
  • 燕子花(カキツバタ)/アヤメ/イリス
    虹の女神。その聖花。アヤメは有毒。花言葉は幸運・雄弁・贈り物など。
  • 石炭ども
    coals。蔑称。
  • ハルピュイア
    虹の女神イリスの姉妹。禿鷲の怪物。自殺者をついばむ。
    鷲はラテン語でアキラ。
  • アズーリア勇者団
  • プレゲトン?

「燃え盛れ」

 更に、赤い呪石瞳がかっと閃光を放った。

 白騎士が槍を一振りすると、その軌跡に沿って一条の赤いラインが広がっていく。大地に刻まれた溝に、沸々と煮えたぎる炎と血が流れ、灼熱の川となっているのがわかった。そこから飛び散った火の粉が異様なまでに高く舞い上がり、火の雪となって空から舞い落ちてくる。

  • リビュエー03/戦国乱世育ちの殺人鬼ちゃん/木と砂の義肢
    アキラくん正規転生体?
  • 第七位ヴィティス特任司教
    ブドウ(Vitis)
  • ウネム
    ウルティマの解錠魔法。古代エジプト語で「食べる」