Top > 【ダーマのさとり】


【ダーマのさとり】

Last-modified: 2019-05-11 (土) 14:11:08

概要 Edit

DQ9に登場する移動中の【とくぎ】
【転職】がどこでも可能になる。
 
どこでもジョブチェンジが可能なFF3やFF5に対し、DQシリーズではいちいち【ダーマ神殿】に行かなくてはならず面倒かつ不便であるが、この特技の登場によって一気に利便性が良くなった。

DQ9 Edit

賢者のスキル【さとり】に10ポイント振れば習得可能。
【ダーマ神】の声に耳を傾け、その場で味方一人を転職させることが可能。
消費MPは4だが、キャンセルしても消費したMPは戻らないので注意。
 
この特技を習得してしまえば、転職のためにダーマ神殿の長い階段を登る必要がなくなる。
メタル狩りの現場までの道中は鍛えてある強い職業で向かい、着いたら鍛えたい職業に転職してレベル上げ、といった利用法もある。
また、この特技で転職すると、転職する前のHP・MPの比率が、転職した後にも反映されるという特徴もある(ダーマ神殿で転職した場合は全回復する)。
 
これを利用すれば、MPやアイテムを節約して回復が行える。
例えば、レベルの高い職業のキャラのHPやMPが減ってきたら、この特技を使ってレベルの低い職業に転職し、【ホイミ】や道具などで回復。
それからこの特技を利用して再び元のレベルの高い職業に戻ればあら不思議、安い消費で大幅に回復するのだ。(とはいっても、この特技を2回使うと【ベホイム】と同等のMPを消費するので実用性は薄いが)
ただし、普通に転職する時もそうだが、転職が完了するまでには演出のための時間がかかる。
その間もモンスターは移動しているので、いきなり戦闘にならないよう、メッセージ解除はタイミングを見て行うこと。
 
なお、【マルチプレイ】の際は、この特技を使用中のキャラクターの上には本のマークが出ている。
【魔神ジャダーマ】を倒して転職を可能にさえしていれば、このときに話しかけることで話しかけた人も転職可能。
ただしMP消費は相手持ちになるので、使用させてもらったらちゃんとお礼を言うようにしよう。
また当然ながら、プレイヤーがまだ転職できない上級職には就くことができない。
 
【転生】は出来ないので、その時に限ってはダーマ神殿の長い階段を登る必要がある。
不満な人もいるかもしれないが、ダーマ神殿の存在意義を奪いすぎないためにも大目に見てあげよう。