Top > 【白井寛】


【白井寛】

Last-modified: 2018-11-09 (金) 22:53:40




概要 Edit

【ドラゴンクエスト4コママンガ劇場】の中期~後期において執筆した漫画家。
キャッチコピーは「いろいろやろうぜを実践」。
線が細くシンプルな画風で、絵柄自体はこれといって特徴のないものだが、それを補って余りあるブラックかつシュールな、インパクト絶大なネタで人気を博す。なんだかんだで【トルネコ】がろくな目にあっていないネタ等が多い。
 
また、読者を楽しませようとする工夫を多くするのも特徴。
楽屋裏では毎回クイズが出題されたり、読者からの投票を募り、人気キャラクター投票が行われたりしていた。
ちなみにこの人気投票では【フローラ】が一位になっている。上位のキャラクターのイラストが描かれる上に、キャラからのコメントも有るというオマケ付きで、フローラと同様、【主人公(DQ5)】も上位にランクインしたため、この二人はツーショットのイラストが描かれている。同じく上位になった【バーバラ】【テリー】のイラストも描かれ、それ以下の順位のキャラ達も、集合写真の欠席者よろしく小さな枠の中に描かれるという凝った仕様となっている。
 
家庭用パソコン黎明期の頃から、4コマ作家陣の中ではいち早く、自身のホームページを作成し公開したりもしていた。
 
現在の活動は不明である。
 
白井寛がDQ4コマで現役で活躍していた時期に【週刊少年ジャンプ】で開催された4コマ漫画専門漫画賞の入賞者の中に、ネタの傾向も画風もそっくりな「白井ひろ」という人物が選出されたことがあるが、これが素人を装った白井寛本人なのか、それとも作風とペンネームを真似ただけの別人なのかは定かではない。
この漫画賞がたった1回の開催だけで終わってしまったこと、入賞者発表の頃を境にして白井寛の漫画を見かける機会が激減していくことから、やはり白井寛本人がやらかした(仮にエニックスと専属契約を結んでいたのだとしたら、集英社の企画に応募するのは完全に契約違反である)のではないか?と推測されることが多いが、真偽は未だ闇の中である。