モンスター/【ウェアスネーク】

Last-modified: 2019-10-06 (日) 00:51:54

FF5

Lv31、HP900、MP40、種族:なし。
攻撃力40、物理倍率5、素早さ30、魔力0。
防御力0、回避力10、魔法防御5、魔法回避0。
弱点属性:冷気。無効化・吸収属性なし。カテゴリ弱点なし。
有効な状態異常:小人以外全て有効。
行動:たたかう/得意技>クリティカル(1.5倍)/まきつき(麻痺)。
操る:たたかう/まきつき。はなつ:まきつき。
盗み:通常枠ポーション/レア枠なし。落とすアイテム:ハイポーション(6.25%)。
EXP:490。獲得ギル:282。
ボス系耐性なし
開幕猛毒状態。


第二世界バル城周辺やサーゲイト城周辺などで出現する蛇。
第三世界ではジャコールの町周辺で出現する。
クリティカルを繰り出してくる他、巻きつきでこちらの動きを封じてくる。
周辺の魔物の中では特にやっかいな部類ではないだろう。
弱点の冷気属性で攻めていくといい。


「ウェア(were-?)」の名を冠することから、ただの蛇ではなく「蛇タイプの獣人」なのではとビビる俺。
で、英語版表記を調べた。→"Weresnake"。・・・やっぱり蛇人間ですかそうですか。

  • 変身するたびに手足が退化したり、また伸びてきたりするのだろうか?
  • 変身中はラミアのような状態か。

このモンスターの奇妙な特徴として最初から猛毒に侵されている(解毒可能)。
突然ウェアスネークが50ぐらいダメージ喰らって驚いた人もいるはず。
なぜ毒に侵されているのか、その理由は一切不明である。

  • これが理由ってわけじゃないけど。コブラって自分の毒で死ぬことがあるらしい。
    もしかしてそれが元ネタかもね。
  • 半分人間だから自分の毒に耐性がないのかも知れない。

何気に、戦えるフィールドの地形の種類数ではトップタイ。平地、海岸、砂漠、沼、森、船上の6つ。
ゴブリンとキラービー(平地、海岸、砂漠、沼、森の5つ)よりも多い。