みどりの機関車ヘンリー

Last-modified: 2023-02-02 (木) 00:45:23

640px-HenrytheGreenEngineCover.png 日本語ミニ新装版

タイトルみどりの機関車ヘンリー
英語版タイトルHenry the Green Engine
作者ウィルバート・オードリー
挿絵レジナルド・ダルビー
発行1951年(英国)
1973年12月(日本)
2005年9月(日本:新装版)
2010年12月(日本:ミニ新装版)
2020年12月(日本:新・汽車のえほん)
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシー
登場キャラクターBアニークララベル
登場キャラクターC赤い機関車B
登場人物A太っちょ局長ヘンリーの機関士ヘンリーの機関助手他鉄道の機関車の機関士他鉄道の機関車の機関助手他鉄道の機関車の車掌
登場人物B消防隊ヘンリーに石を投げた子供達
登場人物C無し
内容ヘンリーと石炭 (Coal)
・ヘンリーは時々調子が悪くて列車が牽けない時もある。そんな時、局長は彼に特別な石炭を与え、ヘンリーは忽ち元気になる。
フライング・キッパーごう/ヘンリーとフライング・キッパー号(The Flying Kipper)
・深夜の特別列車フライング・キッパー号を牽いて走ることになったヘンリー。ところがポイントが凍り付いていて待避線に入ってしまい大惨事に…。
ゴードンのきてき(Gordon’s Whistle)
・ゴードンは、新しい姿になったヘンリーの汽笛に文句を言うが、次の日、ゴードンは自身の汽笛が止まらなくなってしまう。
パーシーのマフラー (Percy and the Trousers)
・寒い朝、パーシーはマフラーを欲しがる。だがその途中うっかり駅員の荷物に衝突してジャム塗れになり…。
ヘンリーのくしゃみ (Henry’s Sneeze)
・橋の上で子供達がヘンリーと客車にを投げつけた。ヘンリーや機関士達は、子供達にくしゃみをして仕返しすることに。
説明・ヘンリーのトラブルと活躍、ゴードンとパーシーの失敗を書いた第6巻。
・この巻からトーマス以外の機関車にも番号が与えられ、太っちょの局長の本名(サー・トップハム・ハット)が明かされる。
・ヘンリーはこの巻以降車体が新型になる。
・殆どの巻は4話収録だが、この巻のみ5話収録*1
・2015年に出版された英語最新版では、誤って第一巻の挿絵を表紙に使用してしまっている。
・5話に登場する赤色の機関車はジェームスではなく、別の赤い機関車である。
・ヘンリーの軸配置が第1巻以来4-6-2になっている作画ミスの挿絵がある。
第1シーズン(内4話)、第3シーズン(内1話)で映像化された。
余談・初期に発行されていた原語版では、『ヘンリーのくしゃみ』の作中で灰にまみれた少年たちを表現するために人種差別的な言葉が使われていた。これは大きな論争を引き起こし、1972年には全国紙で報道された。ウィルバートは後にこの不適切な表現について謝罪し、後の出版ではこの表現を改めた。
前巻やっかいな機関車
次巻機関車トビーのかつやく
参照画像 英語初版 640px-HenrytheGreenEngineEgmontedition.jpg 英語最新版(表紙に使用する挿絵を間違えている) 日本語新装版

*1 原語版では『パーシーのマフラー』について、特別な理由で挿入された事が書いてある。