ガタガタクランキー

Last-modified: 2020-10-24 (土) 22:12:04

「何だ、パーティーか。俺には関係無いね。どうせ俺はいつも一日中ここで仕事さ。このフックを休ませる暇も無い位にな。」

日本版タイトルガタガタクランキー
英語版タイトルCreaky Cranky
脚本シャロン・ミラー
放送日・2010年1月25日(英国)
・2010年2月5日(オーストラリア)
・2010年3月29日(ハンガリー)
・2010年4月7日(日本)
・2010年4月12日(ドイツ)
・2010年9月12日(米国)
・2011年8月21日(ノルウェー)
話数第309話
第1話(シーズン内)
この話の主役クランキー
(準主役:トーマス
シーズン第13シーズン
登場キャラクターAトーマスヘンリージェームススペンサービクターケビンクランキー
登場キャラクターBなし
登場キャラクターCゴードンパーシー
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物B清掃員洗車場の作業員クランキーの操縦士ブレンダム港の作業員
登場人物Cトップハム・ハット卿の付き人白と水色のストライプ服の少年
登場人物Dボックスフォード公爵 (言及のみ)、ボックスフォード公爵婦人 (言及のみ)
登場スポットブレンダム港
ソドー運送会社
ソドー整備工場
ソドー整備工場のトラバーサー
ビクターの機関庫
ボックスフォード公爵夫妻の新しい別荘
ボックスフォード駅
石炭ホッパー
洗車場
あらすじソドー島は夏休み。公爵夫のサマーハウスで、子供達の為にパーティーが開かれる事になっていた。トーマスクランキーとの力比べに夢中になり、仕事を忘れてしまう。トップハム・ハット卿から説教を受けたトーマスは、本当の強さとは役に立つ仕事をする事だと気づき、クランキーとも仲直りする。
メモ・フルCGアニメ記念すべき第1話目。
・タイトルにガタガタが含まれるのは第8シーズンの『キーキー、ガタガタ、コンコン』以来となる。
クランキー第6シーズンの『ねむれないクランキー』以来の主役回。また、英国版では長編第3作、日本語版では第11シーズンの『トーマスとヨット』以来、久々に喋る。
スペンサー第11シーズンの『トーマスのあこがれ』以来、短編で再登場する。
クランキー、ついに壊れる。
クランキーの操縦士、初登場。
台詞ナレーター「お休みを迎えたソドー島では、公爵夫妻の別荘子供達の為のパーティーが開かれる事になっていた。機関車達はワクワクしながら、忙しく仕事をしていた。トーマスへやって来ると、丁度其処へヘンリージェームスが通り掛かった。」
トーマス「おはようジェームス!ヘンリーもおはよう!君達は何処へ行くんだい?」
ヘンリー別荘子供達が上って遊ぶ為の藁を運んでるんだ。」
ジェームス「僕は子供達のショーの舞台に使う材木とレモネードの入った樽を運んでるよ。」
トーマス「凄く楽しみだね。別荘で会おう。おはようクランキー!」
クランキー「随分嬉しそうだなぁ。」
トーマス「公爵夫妻の別荘でパーティーがあるんだ。」
クランキー「何だ、パーティーか。俺には関係無いね。どうせ俺はいつも一日中ここで仕事さ。このフックを休ませる暇も無い位にな。」
トーマス「其れはだね。子供達が色を塗るんだ。急いでクランキーが重過ぎるのかい?変な音をさせて、君はガタガタクランキーだね。エッヘヘヘッ!」
ナレータートーマスに揶揄われて、クランキーは思わずムッっとした。」
クランキー「これ位の重さは俺にとっては空気みたいなもんだ。フッハッハッハッ!お前は空気だって思って運べないだろうはぁ?ちっちぇートーマス。だから、ヘンリージェームスが重い荷物を運ぶんだろう?」
ナレータークランキーの言葉にトーマスが怒った。」
トーマス「僕だって、負けない強いよ!」
クランキー「お前が引っ張れるより、ずっと重い物を持ち上げる事が出来る。」
ナレータートーマスはすっかり頭に来た。」
トーマス「そんなの解らないだろう!?急いで行かなくてもまだ平気だなぁ。よーし!クランキー何て見返してやる!ジェームスを探しに行こう。重い荷物を運んでいる筈だ。」
ナレータージェームス洗車場でボディーを洗っていた。」
トーマス「やぁジェームス!僕、今日はそんなに忙しくないんだ。だから、君の代わりに重い荷物を運んであげても良いよ。このままこの洗車場でパーティーまでの間、確り洗って貰ったら?」
ナレータージェームスはそれがとても良いアイデアだと思った。」
ジェームス「有り難うな!トーマス!」
ナレーター「材木の貨車がジェームスから外されると、今度はトーマスに繋がれた。トーマスは息を切らしながら、へと走り始めた。トーマスへと戻って来た。」
クランキー「又お前か!?其の材木を如何するつもりだ?」
トーマス「この貨車はすっごく重いから、君なんかじゃ持ち上げられないだろうねぇ~!」
ナレータークランキー材木と樽を積んだ貨車を見た。」
クランキー「そんなの楽勝だ!」
ナレータークランキー材木の上にフックを降ろした。トーマスは其れをじっと見ていた。キーキー、ガタガタと凄い音を響かせながら、クランキートーマスが持って来た貨車を持ち上げた。」
トーマス「うわぁ。」
クランキー「ほーら見ろ。」
トーマス「でもやっぱり、ガタガタクランキーだ。」
クランキー「お前こそ、やっぱりちっちぇートーマスだ。」
ナレータートーマスは本当に腹が立った。」
トーマス「絶対にクランキーに勝ってやる!まだは運ばなくて大丈夫。ヘンリーなら、もっと重い荷物を持ってる筈だ。次はヘンリーを探しに行こう。」
ナレータートーマス給炭所ヘンリーが居るのを見付けた。」
トーマス「やぁヘンリー!今日は僕、そんなに忙しくないんだ。僕が代わりに重い荷物を運んであげるから、此処石炭を待ってなよ。」
ナレーターヘンリーは其れをとても良い考えだと、思った。」
ヘンリー「有り難う!トーマス。」
ナレーター「堅く固めたを積んだ重い貨車がヘンリーから外されると、其の儘トーマスに繋がれた。貨車は物凄く重かった。トーマスは息を切らしながら、再びへと向かった。そして直ぐにトーマスへと戻って来た。」
クランキー「又来たか!今度はそのを如何する自模りなんだ?」
トーマス「この貨車はすっごく重いんだよ!持ち上げるのは無理だろうね!」
ナレータークランキーの積まれた貨車を見た。」
クランキー「そんなもん、楽勝さ!」
ナレータークランキーの積んだ貨車にフックを降ろした。トーマスは其れをじっと見ていた。キーキー、ガタガタと凄い音を響かせながら、クランキートーマスが持って来た貨車を持ち上げた。」
トーマス「うわぁっ。」
クランキー「ほーら見ろ。」
トーマス「でもまだ、ガタガタクランキーだ!」
クランキー「お前もまだまだちっちぇートーマスだ!」
ナレータートーマスは今迄こんなにも強く、クランキーを見返してやりたいと思った事は無かった。其処で彼はもっと重い物を見付けようと思った。其の時、良い考えが浮かんだ。」
トーマス「僕を持ち上げて見てよ!」
ナレータークランキートーマスを見た。トーマスに負けたくなかったクランキーは、トーマスの上にゆっくりとフックを降ろした。中に響き渡る物凄く酷い音を立てながら、クランキートーマスを何とか高く迄こんなにも持ち上げた。」
トーマス「凄いぞ!クランキーったら、本当に僕を持ち上げちゃった!!」
ナレーター「その時、問題が起こった。今迄よりも、酷い音を立てて、クランキーのクレーンがガタガタと震え出し、そして遂に壊れた。」
クランキー「何てこった!」
ナレータークランキーは故障してしまった。全てトーマスの所為だ。トーマスが宙吊りの儘、風に揺られていると、其処へトップハム・ハット卿がやって来た。」
トップハム・ハット卿トーマス!そこで何をしてるんだね?!」
トーマス「済みませんトップハム・ハット卿。僕は…」
トップハム・ハット卿「君の所為で混乱と遅れが生じたぞ!材木も、君の所為で全てが別荘には届かないで、ここに有るんだクランキーも故障した!それなのに、のんびり鳥の真似なんかしてる場合じゃないだろう!公爵夫妻が待っているんだ!」
ナレータートーマスは惨めな気分だった。」
トップハム・ハット卿「君もトーマスと同じ位愚かだぞ!!」
クランキー「恥しい。機関車と同じ位愚かなんて。」
ナレーター「直ぐに作業員クランキーに登り、トーマスは慎重に地面へと降ろされた。」
トーマス「あっ。あれっ?」
ナレーター「其処へスペンサーがやって来た。」
スペンサー「これはこれはトーマス君。御騒ぎだな。小さい機関車なのに、トラブルが大きい様だねぇ。」
ナレータートーマススペンサーに見られて恥ずしかったが、役に立つ仕事をする事が一番大切だと気づいた。」
トーマススペンサー、助けて欲しいんだ。君は強いから、僕より重い荷物を運べるよね。材木公爵夫妻の別荘に運んでくれないかなぁ?クランキーの故障は僕の所為だ。出来るだけ早く、彼を治してあげたいんだ。」
スペンサー「うーん?まぁ良いだろう。」
トーマス「有り難う!君が強いって事は解かってた。直ぐ修理に必要な物を持って来るからね。」
ナレーター「其のままトーマスは、急いでを出発した。トーマスは風の様に走り、直ぐソドー整備工場に到着した。」
トーマス「やあビクター!クランキーが故障しちゃったんだよ!新しい部品が必要だ。」
ビクター「心配しなくて良いぞトーマス。部品なら揃ってる。直ぐにクランキーは元通りになるさ。」
ナレータートーマスの貨車にクランキーの新しい部品が積み込まれた。」
ケビンクランキーに宜しくね!」
トーマス「有り難うビクター!」
ビクター「良いって事よ!」
ナレーター「重い貨車を牽いてに戻って来た時、クランキーはまだ落ち込んでいる様だった。」
トーマス「お待たせクランキー!直ぐに修理して貰うからね。」
クランキー「有り難うトーマス。そいつは重かっただろう。おまえはちっちゃくなんかないぜ。」
トーマス「君もガタガタじゃないね。」
ナレータークランキーは笑った。」
クランキー「はっはっは。あっはっは。」
ナレーター「それを見たトーマスも笑う様になった。」
トーマス「あはっ。あはははは!」
英国版CVナレーターマイケル・アンジェリス
トーマスベン・スモール
ヘンリー/ジェームス/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
スペンサー/ビクター/ケビン/クランキーマット・ウィルキンソン
米国版CVナレーターマイケル・ブランドン
トーマスマーティン・シャーマン
ヘンリー/ジェームス/ケビン/トップハム・ハット卿ケリー・シェイル
スペンサー/クランキーグレン・ウレッジ
ビクターデヴィッド・ベデラ
日本版CVナレータージョン・カビラ
トーマス比嘉久美子
ヘンリー金丸淳一
ジェームス江原正士
スペンサー宗矢樹頼
ビクター坂口候一
ケビン河杉貴志
クランキー黒田崇矢
トップハム・ハット卿納谷六朗
シリーズ前回
(英語)
ベストフレンド第12シーズンシリーズ前回
(日本)
トーマスとくさいチーズ第11シーズン
シリーズ次回
(英語)
ソドーとうのライオンシリーズ次回
(日本)
ゆきのひのできごと