クランキー

Last-modified: 2021-05-02 (日) 14:42:08

「何処へ行っていたんだ大マヌケパーシー、テーブルと椅子が到着してるぞ。」

名前クランキー
英名Cranky
性別
薄灰緑(クレーン本体&操縦室&支柱)+オリーブ色(字体&フック)+灰白色(足場)
所属ブレンダム港
運用貨物船の荷物の上げ下ろしが主な仕事。稀に本土に出張する機関車や帰島した機関車、輸入された新しい機関車の上げ下ろしもしている。
ブレンダム港で機関車達が起こした事故やトラブルの後始末も請け負っている。
分類クレーン
製造年1920年-1950年
TV版初登場シーズン第5シーズンクレーンのクランキー
TV版初台詞「お前らなんか役立たずの虫けらだ!お前らがもっと近くに貨車を押してくれりゃ、こんな苦労しなくて済むのによ!」
「俺には俺のペースが有るんだよ!!」新シリーズ初台詞
「どうしてそんなに銅像を見たいんだ?!これが自分の銅像だとでも思っているのか?!」黒田崇矢さん初台詞
「随分嬉しそうだなぁ。」※CGアニメの初台詞
「気を付けろよ!トーマス!」※長編初台詞
「おいカーリー、何してるんだ!人を船に乗せるのにフックで釣り上げちゃ駄目だろ!」BWBAシリーズ初台詞
「それを言うなら、『ソドー島』だろ?」BWBAシリーズ短編初台詞
一人称
二人称お前
あんた(第5シーズンクレーンのクランキー』)
君(第5シーズン3だいのトラック』)
説明ブレンダム港で働く大型の据え付けクレーン
「クランキー『Cranky』」と言うのは英語の俗語で「気難しい」と言う意味。
・カリカリした性格でから罵倒される事が多く、喧しく反撃する姿でブレンダム港の遅れを誘う。
・最初の頃は、立ち位置が固定されていなかった*1
・当初はトーマスパーシーを馬鹿にしていたが、嵐の夜に倒れてしまった所をトーマスパーシーに助けられたのをに和解し、改心する。
模型が唯一の友達だったが*2フルCG以後に沢山の友達ができた*3
・一応操縦席はあるようだが、操縦士は何処から入っているのか不明。
・彼もケビン同様、時々フックが滑るらしく、釣り上げた積荷を落としてしまう事がある*4
トーマス持ち上げた事があり、重すぎたのか壊れた事がある*5
・騒動の原因となる事も多いが、なんだかんだでからは大事にされている。
ヘンリーに次ぐ貴重な常識人ツッコミ枠。
・アームを固定している金具は人形劇では鎖とワイヤー、CGアニメでは細長い鉄板になっている。
性格・短気で皮肉屋、ちょっぴり強情*6
・熱くなりやすい性格で、怒りっぽいが、仕事熱心。また、他人の失敗をフォローする事を得意とする。
・急かされる事が嫌いらしく、「鈍間」と言われるとやる気を無くす時がある。
・その一方、褒める時は褒めるタイプで、ケビンに自身の仕事を手伝ってもらった時はに感謝し、エドワード「ちゃんとした仕事をする機関車」と言って褒めている。
・カリカリしている反面、おっちょこちょいな面があり、トーマスの運ぶジェットエンジンスイッチを誤って入れてしまったり、ジェームスメロンを積んだ木箱砂糖の入った袋を誤って落としてしまった。
・普段はの失敗を揶揄って笑っているが、ケビンうっかりエミリー大失敗をフォローする為に奮闘する優しい面もある。
・常に睡眠不足に悩まされている*7
・足場固定である事が密かなコンプレックスであるらしく、自由に動き回れる達を羨ましがる節がある*8
トーマスかくれんぼに入れてもらえず落ち込む等、子供っぽい所もあるようだが、背が高いのを利用して、トーマスパーシーの居場所を教えてあげた。この事から、彼もかくれんぼが好きな一面がある。
ソドー島のライオンの事を知ってたり、キリン見た事がある等、物覚えの良い一面がある模様。
・失敗を犯し、それを隠そうとしたものの、結局は自ら告白した事から正直者の面もある。
・力は強い方だが、ハーヴィーを持ち上げた時には「チェーンが切れそうだ」と弱音を吐き、トーマスを持ち上げた時には壊れてしまったりと、重量に耐えれない時がある*9
・意外と怖がりな一面があるらしく、ソルティーが話す恐い話*10に怯え、ヘンリー幽霊と勘違いして悲鳴を上げた事がある。
・時々、酷い事を言ってしまう事もあるが、海に落ちたケビンを救出したり、パーシーの為に自分の支柱を犠牲にして出航直後を止めたり、エドワードヨイショする発言をした事があり、実は仲間思いで勇敢な面もある。
ナレーター曰く「仕返しされるのが怖い」らしい。
・理由は不明だが、が大好きらしい。
・地獄耳の持ち主*11
・自分が不機嫌だという自覚はあるが、それを利用して自分と他人との不機嫌さを比較する事がある*12
ヘンリートレバーロッキーと同様、動物が大好きで、エドワードジェームスと同様、動物に好かれるタイプでもあり、CGアニメでは救出に協力したり、戯れ、マガジンストーリーでは栗鼠に癒されていた。
ジェームスハロルドロッキーに比べ若干控えめだが、女性に優しいフェミニストな面があるらしい*13
フリンと同様、自分の存在に自信を失う場合がある。
・不愛想で、手伝いに来た仲間を素直に受け入れられない所や本音をうまく言えない時がある。
・本人はもっと愛想良く振る舞いたいけど、怒りっぽい性格が邪魔をするらしい。
エドワードトレバーデイジーに比べ若干控えめだが、面倒見が良いらしく*14ゴードントビーロッキー同様、教育者にも適任らしい*15
・自分はデリカシーの無いクレーンだと自覚しているようで、ジェームスの上にメロンの木箱と砂糖の袋を誤って落としてしまった時は申し訳なさそうな顔をしている。
・普段怒りっぽい分、積極性が高い*16
・パーティーに興味が無い*17
・アトラクションでは「いたずら好き」らしい。
TV版での経歴第5シーズンから登場。出会って早々、トーマスパーシーチビ呼ばわりした。また、ローリー3歓迎した。そして、と共に運ばれるヘンリーからかった
第6シーズンでは寝不足でカリカリしてパイプを線路の下に落としてしまい、トップハム・ハット卿に説教された。その後、ジェットエンジンに誤作動でスイッチを押してしまった。
第7シーズンではビッグ・ミッキー余所見で事故を起こしたエドワード「役に立たない機関車」と言って揶揄っていた*18
第7シーズン第8シーズン第15シーズン第16シーズン第23シーズンでは台詞が少なく、カメオ出演が多かった。
第8シーズンではパーシー「鈍間」と言われ、激怒した。
第9シーズンではジェームスの上にメロンの木箱を落としてしまった。また、このシーズンで一度だけ、ブレンダム港から姿を消した事がある*19
第12シーズンは台詞なし*20
第13シーズンではトーマスに力比べの挑戦状を叩きつけられ、やる気満々で受けて立ったが、張り切り過ぎて故障した。そして、トーマスに『ソドー島のライオンの話』を語ろうとしたが聞き入れて貰えず、落ち込んでいた。
第14シーズンではトーマスの為にキリン貨車に載せてあげた
第15シーズンでは荷物を積み下ろしながら戯れていた
第16シーズンではトーマス手痛いミスの所為で、酷い目に遭う。また、皆から怪物と勘違いされてショックを受けた。そして、このシーズンからランプが追加された。
第17シーズンではケビンと仲良くなった。
第18シーズンではエミリーの為に海に落ちた地球儀貨車に載せてあげた
第19シーズンではトーマスが牽く予定だった貨車の中の荷物を派手にぶちまけ、誤魔化そうとした*21。また、ある話ブレンダム港から居なくなっているCGミスが存在した。そして、ソルティーメインランド助っ人として派遣されている間、ティモシーに手伝ってもらい、仕事ぶりに感心した。
第20シーズンではヘンリー幽霊と勘違いして悲鳴を上げた。また、不機嫌そうなジェームスを見てからかった。そして、ジェームスの上に砂糖の袋を落としてしまった
第21シーズンでは新しいクレーンの導入により、自分の存在意義に思い悩む事となる。
第22シーズンではトーマスを通じてマーリンと知り合う。また、ソドー島ソナー島と呼び間違えたマーリンにツッコミを入れた。そして、ロージー悪戯を仕掛けようとしたディーゼルを目撃したが、それが騒ぎの引き金になってしまう。
第23シーズンでは自分の顔にダーシーのドリルをぶつけられそうになった。
ヘンリー同様、人形劇時代は問題児で、よくトラブルを起こしていたが、CGアニメ以降は常識人になっている。
長編作品での経歴長編第1作ではナップフォード駅付近に建っていた。
長編第1作長編第2作では支柱部分しか映らなかったが、長編第3作では初めて長編作品内で喋った*22
長編第4作ではヒロのパレードに参加した。
長編第5作では行方不明になったトーマスを探した。
長編第6作では来港したばかりのフリンから降ろした。
長編第7作では嵐の日、ソドー島にやって来たルークを持ち上げた時に誤ってビクターにぶつけて落下させた事が判明した。
長編第8作ではスティーブンを探しているジェームスに『ディーゼルが追っ払った』と伝えた。
長編第9作ではゲイターが船に載ってると勘違いしたパーシーの為に船を停めようとしたが、停める事が出来ず、海に落ちそうになった。
長編第10作では出番無し。
長編第11作ではヘンリーが幽霊を見た事を信じていなかった。
長編第12作では機関車達が「レイルウェイ・ショーにつれてって」を歌っている中、彼は「俺はどこにも行けねぇよ…」と自虐的な発言をした。その後、行方不明のディーゼルを探すデンダートパクストンを手伝った。
長編第13作では冒頭でカメオ出演のみ。
長編第14作ではカーリートップハム・ハット卿を吊り上げている事に注意した。
その他の経歴4-D作品では自身の失態が原因で、トーマスを不幸な目に遭わせてしまった。
その他・トーマスランド(日本)では「いたずらクランキー」と言う名でアトラクション化している。
マーク・モラガンのお気に入りキャラクターでもある。
・『カプセルプラレール』ではなぜか、彼のみの販売とボルダーとセットでの販売がなされている*23
玩具プラレール*24/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ/ウッド
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち
アーテル
Take Along/テイクンプレイ
英国版CVマット・ウィルキンソン第13シーズン-第24シーズン
米国版CVグレン・ウレッジ第13シーズン-第24シーズン
日本版CV江川央生第5シーズン-第8シーズン
黒田崇矢第9シーズン-第11シーズン第13シーズン-第24シーズン
その他CVロブ・ラックストローThomas' Magical Birthday WishesLearn with Thomas
参照画像参照はクランキー/画像

*1 実際長編第1作ではブレンダム港内では無く、ナップフォード駅付近に立っていた。
*2 4-D作品で名前がスチュアートである事が判明する。
*3 第17シーズンではケビン仲良くなり第21シーズンからはブレンダム港で働く仲間が増え友達になる。
*4 彼の場合、基本的には睡眠不足が原因だが、の挑発が原因の時もある。
*5 後にファーディナンド吊り上げるが壊れなかった。
*6 因みに、「クランキー『Cranky』」「カリカリする」を意味する。
*7 基本的には船の汽笛が煩くて眠れないのだが、稀にの悪戯が原因で眠れない時もある。
*8 実際、ソドー島中でイギリス本土開催されるレースとコンテストの話題で持ちきりだった時に、「俺は何処へも行けやしない」と愚痴を零した。
*9 然し、ファーディナンドは軽かった為か余裕で持ち上げていた。
*10 彼自身が怪物と勘違いされた事もあった。
*11 実際、動物園からの鳴き声が聞こえた時に驚いている。
*12 客車を取られて悔しがるジェームス自分より不機嫌そうに見えたらしい。
*13 実際、キャプテン拾った地球儀エミリー貨車に乗せたり、張り合っていたカーリーと協力して仕事を片付けた。
*14 実際、デンダートからディーゼル捜索を依頼された時に承知している。
*15 実際、ファーディナンド勝手に吊り上げた事を反省しているのか、後でトップハム・ハット卿無理やり吊り上げるカーリーを注意している。
*16 実際、トーマスパーシースティーブンディーゼル行方不明になったと聞いた時は積極的に捜索を行っている。また、トード達の依頼で鯨を海に還すよう頼まれた時は、トードの指示に答えている。
*17 実際、トーマスエドワードビルベンからパーティーの事を聞いても、「自分には関係ない、フックを休める暇もないくらい忙しい」と愚痴を吐いたり、黙っていた。但し、パーティー開催される時は嬉しそうだった。
*18 あの時の罪滅ぼしか、第21シーズンではエドワードヨイショする発言をした。
*19 但し、未公開シーンでの編集ミスである。
*20 そして顔は映らず、ハーヴィー本編のみ)とアーサーと同様、顔はCG化されなかった。
*21 でも結局、口が滑って落とした事をバラしてしまい、トーマスに真相を告白して謝った。
*22 日本語版では台詞無し。
*23 因みに、彼は第5シーズンいわのボルダー』には未登場。
*24 バルストロードとセット販売。