ファークァーの警察官

Last-modified: 2021-02-20 (土) 14:50:29

「これはこれはこれは、マックス、それにモンティ!君達が土のゴミを捨てたから、混乱と遅れを生じたではないか!工事現場と、ソドー鉄道両方にだ!」

名前ファークァーの警察官/ソドー島の警察官
英名The Ffarquhar Policeman
性別
番号416(制服の襟元に書かれている)
原作1・人形劇・マガジン1:濃青(制服&ヘルメット)+銀色(ヘルメットのマーク&飾り)
原作2・マガジン2:濃青(帽子&制服)+(シャツ)+(ネクタイ&帽子の鍔)+濃青の市松模様(帽子の帯)
CGアニメ:濃紺(制服&ヘルメット)+銀色(ヘルメットのマーク&飾り)
原作初登場巻第7巻『機関車トビーのかつやく』第2話「トーマスのもめごと/トーマスとおまわりさん」
TV版初登場シーズン第1シーズントーマスとけいさつかん
※『トーマスのしっぱい』で正式初登場前にカメオ出演している。
TV版初台詞「うぬぬ…!なんて失敬な奴だ!!いきなり汽笛を鳴らしやがって!!わしは昨夜全然寝てないんだ!静かにしたまえー!!!!」※人形劇での初台詞
「何故これが…。」※CGアニメでの初台詞
説明トーマスの支線にいる大柄な警察官。
・初登場時、トーマスに手を振っていた*1
・然し、夕べ眠っていないらしく、汽笛を鳴らされた仕返しなのか、トーマスに『牛避け板と脇板を装着するまで走ってはいけない』と言い掛かりをつけた。
・その後、やって来た『牛避け板と脇板をつけたトビーで驚かされた*2
・原作とTV版は男性のみの登場だが、マガジンでは女性も登場している。
性格・正義感がある性格の警察官もいれば*3、親切で優しそうな性格の警察官もいる*4
デュークファーガスブラッドフォードと同じく規則に厳しい*5
クランキーデイジーと同様、寝不足になる程の仕事熱心で真面目な性格だが、短気で頑固で融通が利かないのが玉にきず*6。また、寝不足になると気が立って、言葉が乱暴になり他人に八つ当たりする。
・騒々しいのが大嫌い*7
TV版での経歴・CGアニメ移行後は第19シーズンで再登場した。
第20シーズンではトーマスの支線の線路にゴミばらまいたマックスモンティを説教した。
第22シーズンでは振り返りセグメントのみ登場。
他のキャラクターとの関係トーマスが彼に対して、汽笛で挨拶した事に激昂し、に八つ当たりした*8
トビーとは会話は無いが、トップハム・ハット卿から彼の話を聞いた事があり、その後、トビーに鐘で威嚇された。
パーシーの事故の見分に来た事が有る。
ジェームスデイジーアニークララベルとは会話は無いが、面識は有る模様。
マックスモンティに手を焼いており、を説教した事がある*9
人間関係トーマスの機関士と口論になった事がある。
トップハム・ハット卿トーマスは安全だと言う事を説明したが、「規則は規則です。其れを変える訳にはいきません!!」と言われ、諦めた、その後、トップハム・ハット卿パーシーを注意している所を見ていた。
・マガジンストーリーでは絵画泥棒を逮捕した事が有る。
バズバーニーを逮捕した。
英米版CVキース・ウィッカム第20シーズン
日本版CV掛川裕彦第1シーズン
坂口候一第20シーズン第24シーズン
参照画像参照はファークァーの警察官/画像

*1 この時は優しそうな感じだった。実際トーマスも劇中で「親切な人だと良いな」と言及している。だが、手を振ってる警察官をよく見てみると、短気な警察官と顔が瓜二つである。
*2 これらの性格から、同時にこのエピソードでは一時的な敵役として登場した。
*3 第9巻長編第11作
*4 第1シーズントーマスのしっぱい』、長編第12作
*5 実際、トップハム・ハット卿トーマス安全だという事を説得しても、規則を変えようとはしなかった。
*6 第7巻第1シーズントーマスとけいさつかん』。
*7 但し、真夜中メインランドから歌いながらソドー島へ帰るトーマスを注意したり、説教する事は無かった。
*8 だが、トーマスが警察官を嫌ったり恨む描写は無い。
*9 然し、トーマスの時と比べると若干、落ち着いた説教の仕方をしている。