セリフ/【どうしたソラ?もう終わりか?】

Last-modified: 2019-11-01 (金) 12:35:16

KHIでリクソラに対してたびたび使うセリフ。
以降のKHシリーズでは相手に発破をかける場合や、相手を挑発するための基本的なセリフとしてたびたび登場する。

  • この後に「だらしないな」と続く「どうした○○? もう終わりか だらしないな」という場合もある。

 

KH

模擬バトル中のリクの掛け声として聞くことができる。
リクの方が一つ年上で、何で競ってもほとんどリクが勝ってきたので、リクとしてはからかう感じで昔からよくソラにこのセリフを言ってきたことがうかがえる。

ラスボス戦では闇の空間で落ちて行くソラに「どうしたソラ? もう終わりか だらしないな」というリクの声が聞こえ、この台詞がソラを奮い立たせた。

KHII

仲間になったリクが戦闘中、以下の場面で「だらしないぞ」という台詞を使用する。

  • 「チェンジ」で仲間を交代させリクをパーティーに加えた時。
  • エターナルセッションの動作中。
  • ラスボスのゼムナス(2回目)との戦闘中に拘束されたソラをリクが救った時。

前作のような挑発する言い方ではなく、戦いの士気を高めるような言い方で使用している。

KHIIFM

リクがロクサスをとらえた時の回想の追加シーンにて、リクがロクサスに対して「どうしたソラ? もう終わりか? だらしないな」と投げかける。
それに対し、反射的に「なんだよ 負けてるのはそっちのくせに」と、リクにからかわれたソラのような口調で返した彼の姿を見て、リクはロクサスがソラのノーバディであるという確信に至った。

  • ロクサスの返答は本人も無意識であり、答えた本人も驚いていた。
  • リク自身もこれを聞くまでは、ロクサスが「ソラのノーバディ」であるということに対してどこか半信半疑であった模様。

ロクサスは一度リクを打ち倒している為「負けてるのはそっち」と反応している。
トドメを刺そうとキーブレードを振りかぶったロクサスに対してリクが隙を突いて反撃した為ロクサスは少しの間気絶してしまい、KHIIFMで追加されたシーンではこの後「悪あがきを!」と言いながら起き上がったロクサスが再度戦闘態勢に入ったところでリクが上記のセリフを発する、という流れになっている。
リクが負けているというよりかは勝負は互角、むしろロクサスの方が悪あがきしているようにも見えるが、その後ロクサスはリクに攻撃を加え、胸を押さえて苦しむリクに「何度やってもお前の負けだ」と言い放ち、リクもそれを認め闇の力を解放する為、一応ロクサスの方が体力に余裕があるというような描写になっている。

最終的にリクはアンセムの姿になり今度こそロクサスを倒すのだが、KHIIの頃からあった別のシーンでは

  • ロクサスはソラに対して「リクは俺が倒した」
  • サイクスはリクに対して「ロクサスに倒されたのではなかったのか」
  • リクは「一度は負けたが二度目は勝った」

と言っており、「これを2回の戦闘として区切るのは無理がある」とファンからはよく突っ込まれている。
無理があることに変わりはないが、ロクサスはリクには勝利したがアンセムには敗れたという風に捉えると少しマシに見えるかもしれない。

Days

ロクサスが忘却の城で倒れた際に流れ込んできた記憶の中で、「もう終わりか、だらしないな」というリクの声を聞いていた。
目覚めたロクサスはリクの名前を無意識に言っていた。
 
KHIIFMの追加ムービーでの出来事は、Days本来の時間軸の出来事として最終日のイベントで再び見ることができる。

  • ちなみにこの直前のラストバトルで、リクはダークオーラの最後の一撃で「だらしないぞ!」と言う。

BbS

ヴェントゥス編の回想でも、テラの「どうしたヴェン? もう終わりか だらしないな」という似たようなセリフがある。それぞれの立場や名前から考えると、恐らくオマージュであると思われる。
またアクア編のラストでも、ヴェンの体を乗っ取ったヴァニタスが「どうした もう終わりか?」と薄ら笑みを浮かべながらアクアを挑発していた。


テラ編では、デスティニーアイランドでソラと追いかけっこをしているリク本人が「どうしたソラ もう終わりか?」と、このセリフを言っていた。
この時はソラは「もうダメ 限界!」とたいへん素直な返事をしている。

ボイス付きメダル「リク イラストVer.A」のアビリティを使用すると聞くことが出来る。

KHIII

シグバール、ダーク・リク戦でダーク・リクの攻撃でゲームオーバーになると「もう終わりか?だらしないな」と言われる。