ウナカッス

Last-modified: 2021-10-29 (金) 05:21:27

中日ドラゴンズ・小笠原慎之介のこと。
うなカッスとも表記される。


経緯

その名字と名前のそれぞれが、小笠原道大(通称カッス)と阿部慎之助(通称うなぎ)を連想させたことから、両者のなんJでの通称を組み合わせ、夏の甲子園優勝投手となった東海大相模高3年の時に命名された。また小笠原道大の愛称である「ガッツ」を使い好調時などには「ウナガッツ」と呼ばれることもある。

 

なお中日には2015年オフに引退した小笠原道大が二軍監督に就任、さらに小笠原(通称やる夫)二軍投手コーチもおり、小笠原道大が退団する2019年まで同一球団に3人の小笠原が在籍していた。

余談

そして慎之介の入団から1年経った2016年二軍秋季キャンプでは以下の珍事が発生、なんJでは「カッスレのようだ」と話題になった。

【中日】小笠原と小笠原が小笠原をしごいた!?
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20161029-OHT1T50141.html(スポーツ報知)

小笠原と小笠原が小笠原をしごいた!? 中日の小笠原道大2軍監督(43)が29日、秋季キャンプ中のナゴヤ球場で、小笠原孝2軍投手コーチ(39)とともに小笠原慎之介投手(19)にノックの雨を降らせた

 土曜日ながら200人程度しかいなかったネット裏のファンが、レアな光景を目撃した。練習メニューは、投手陣が両翼のポール間を走りながら飛球をキャッチするアメリカンノック。投手コーチが小笠原コーチしかいなかったため、急きょ小笠原2軍監督もノックバットを握った。

 武藤らが先に引き揚げたため、最後は小笠原だけが2人のノッカーの球を代わる代わる追いかけた。黄金ルーキーの入団から1年。ついに“トリプル小笠原”のそろい踏みが実現した

 小笠原投手コーチ「僕自身、監督と一緒にノックするのは初めて。気づいたら(小笠原ばかり)3人になっていたので『監督、“小笠原アメリカン”ですね』って(笑い)」

 小笠原「(トリプル小笠原?)チームが一緒ならいつか絶対起きることでしょ(笑い)。(小笠原2軍監督のノックは?)初めてです。うれしかったですね。テレビで見ていた人だし。(子供の時の印象?)ヒゲのないイメージ*1です。モノマネやってたッス」

 小笠原2軍監督「珍しいことだけど、狙ってやったわけじゃないよ。(小笠原が喜んでいた?)励みにしてもらったらいい。まだまだ19歳。どんどん吸収して、いろんな糧にしてほしい」

 11月上旬に左肘の遊離軟骨除去手術を受ける小笠原。現役時代同様のフルスイング・・・というわけにはいかなかったが、ガッツ指揮官が浴びせたのは、単なる白球ではなく「焦らずしっかり治してこい」という愛のエールだったのかもしれない。


AA画像*2

関連項目


*1 巨人在籍時はヒゲを剃っていたためと思われる。
*2 元となるAAがなかったため、画像を代用している。