ブロードウェイミュージカル

Last-modified: 2021-02-25 (木) 22:38:11

2016年途中から横浜DeNAベイスターズに所属した、マイク・ブロードウェイの蔑称。


概要

その名前、「最速160km/h(自称)」の速球がウリという投球スタイルから溢れ出るハズレ助っ人臭で、なんJでは当然のようにネタ選手扱いされ、来日前から人気が急騰。

二軍でも防御率6点台という成績に加えボークや拙守を連発、クイックモーションの下手さから盗塁を許しまくる・投ゴロを処理しようとして転倒する等漏れ聞こえてくる情報は悪いものばかりという状況から期待と不安が高まる中、駒不足の投手陣を補強するため8月16日に一軍に初昇格を果たす。翌17日の神宮公演(対東京ヤクルトスワローズ戦)で、ミュージカルは遂に初演を迎えるのだが…。

神宮公演

7回裏から先発・久保康友に代わって来日初登板を果たしたが、先頭のウラディミール・バレンティンにいきなり初球を被弾。さらに自らの失策などを挟み、最後は非力で有名な上田剛史逆方向へ被弾
結局1回3安打5失点(自責点1*1)と「エリック・コーディエの再来」を思わせるほどの大炎上デビューを飾り、「全ベイが泣いた」と賞賛を浴びた。
投球内容的には3点ビハインドの試合を全力でぶち壊しただけであり、案の定ブロードウェイ非難がブログ、Twitter、SNSで殺到したが、あまりにも清々しい炎上になんJでは逆にお祭り騒ぎになった。
なお、当日のスポナビアプリ「みんなのMVP」では最多得票を集めて最優秀主演男優賞に輝いた模様。
アプリのシステム上自分のお気に入り球団に設定したチームにしか投票できないため、これが正真正銘横浜ファンの総意である。

広島公演

同年8月30日には対広島東洋カープ戦(マツダスタジアム)で加入後5開催目となる広島公演、2-6の7回裏一死1塁から4番手で登場して開演。

すると一塁走者・鈴木誠也にはセットポジション中に走られ、慌てて二塁へ送球したものの見事なまでの暴投松山竜平は打ち取るが、続く安部友裕に右越え2ラン被弾と再び劇場を湧かせた。
 
また、同試合後にひっそり一軍登録抹消となった。


余談

横浜は10月17日にブロードウェイの契約解除を発表、僅か5公演のみで(なんJ民に)惜しまれつつ劇場を閉鎖することとなった。
…ところがその後、開幕前に広島東洋カープもブロードウェイの獲得に動いていたことが判明*2*3
結局交渉がまとまらなかったため、広島はジェイ・ジャクソン*4を獲得。ジャクソンはこの年勝利の方程式の一角を任され、チームのリーグ優勝に大きく貢献した事で、両球団にとっては明暗が分かれた模様*5
しかし、4年後にブロードウェイを彷彿とさせる外国人投手たちがやってくることになる。

 

在籍期間・登板機会こそ短かったがなんJ民に与えたインパクトは大きく、DeNAファンからはデュアン・ビロウ*6と比較されたりした。さらにこの年はジェイミー・ロマックもいたために以下のようなコラも作られた。

ブロードウェイ(とロマック)の勇姿

なお、幸い(?)他のネタ外国人リリーフと異なり(沼者の存在もあり)星達終身名誉総帥への就任だけは免れている。

以降もコーディエと共にネタ外国人投手の代名詞となり、マイケル・トンキン(元日本ハム)が2018年CS1st第3戦で盛大にやらかした時もネタに使われた。

 

DeNAを去ってからはマイナーリーグや独立リーグのチームを転々としていたが、2019年7月19日に引退を表明。
…と思われたが2019年オフにメキシコのウインターリーグに参加している関根大気の活躍の報道記事に関根にタイムリーを打たれた*7という形で登場しており、現在でも現役であるようである。
同年11月26日の試合では延長21回7時間13分の激闘の末、敗戦投手になるなどブロードウェイミュージカルはしっかり健在な模様。

 

余談だが、「Broadway」にはスラングでド真ん中という意味がある[要出典]。


関連項目



Tag: 横浜 蔑称


*1 投手含めエラーとフィルダースチョイスで出したまたは帰したランナー、エラー、フィルダースチョイス、振り逃げ等でアウトを取る機会を3つ消費した後のランナーは自責点には入らない。この回はエラーの後ノーアウトでランナーを貯められフィルダースチョイスとスクイズで2点が入り、このスクイズで3アウトを取る機会を消費してから上田のホームランで2点が入った。この為、バレンティンに被弾した1点のみが自責点となる。
*2 サンスポ『25年ぶりの恩返しできた…優勝の広島・松田オーナー独占インタビュー』
*3 なお前年である2015年のAAA成績は26試合を投げて防御率0.93、WHIP0.68と非常に優秀であり、決してカープが血迷ったわけではないと思われるが、彼の経歴全体からすると確変年であった模様。
*4 ~2018、元ロッテ(2020)。2020年シーズン中に突然退団、その後薬物所持の疑いで逮捕
*5 ただし大麻騒動で2020年に広島県警に逮捕されたため、広島もある意味被害を被ることになった。
*6 2015年途中に横浜DeNAが獲得するが、初登板で中畑清監督に「その名前は今日で忘れよう」と見限られ同年オフに解雇。
*7 『DeNA関根が2安打1打点2盗塁 かつての同僚からの適時打に「しっかり面で打てている」』