2030年、大城卓三は、引退を考えていた。

Last-modified: 2021-01-25 (月) 22:18:31

2020年10月16日に文春オンラインに掲載されたコラムのこと。正式なタイトルは『2030年、大城卓三は、引退を考えていた。――小説ジャイアンツ「男たちの黄昏」』。

内容

正式名称からも分かる通り、このコラムはコピーライター・高崎卓馬による創作である。本文の前には次のような注意書きがある。

※この「小説ジャイアンツ」は、事実をベースに、戦う男たちへの熱い思いを描いた妄想ドキュメントです。

内容は、タイトルの通り巨人・大城卓三が2020年からの10年間を振り返りながら、引退について考えるといったもの。創作ではあるが大城を含め登場人物の多くが実在する選手またはOBである。

なんJ民の反応

このコラム(小説)を読んだなんJ民からは軒並み不評であった。

青木宣親(48) 引退発表
https://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1603499890/

1 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 09:38:10.69 ID:stEsG8emp
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6644c7f0d25d4888a3dbe7577ab2b369c5282a8

42 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 09:44:55.61 ID:R6j1awYp0
なんJ民の妄想以下の記事とはたまげたなぁ

184 風吹けば名無し 2020/10/24(土) 10:01:22.61 ID:lqVnFDg20
これなんj民の妄想怪文書ちゃうんか
ほんときっしょいわ
文書く才能なさ過ぎやろ

ここまで不興を買った原因は、

  • 真実を伝える立場にあるはずのメディアのライターが、ファンの妄想レベルの創作を公の場で発表してしまった。
  • 「勝手にFA移籍させられた挙句、試合を壊した戦犯扱いされるガルシア」「昭和なスタイル(原文ママ)にバッシングを浴びせられる阿部慎之助監督*1「勝手に二刀流を諦めさせられる戸根千明*2」「他チームに放逐される小林*3ウィーラー」「勝手にメジャーに移籍させられ、そして勝手に戦力外となる菅野*4」……等々、挙げればキリがない全方位に失礼かつ無神経な描写
  • 人称のふらつき*5等、一小説として読んでも高いとは言い難いクオリティ。

等が挙げられる。
ちなみに、このライターは1969年生まれの「クリエイティブ・ディレクター / CMプランナー / 小説家」の巨人ファンであるが、巨人関連の仕事には(少なくともこれを書くまでの20年間は)携わったことがないらしい*6

風評被害

本文中には、冒頭の試合のシーンでの対戦相手としてヤクルト・青木宣親が登場。2030年には48歳を迎える青木が未だに現役であるという設定がなんJ民につっこまれたほか、コラムの締めが「翌日、大城は球場で青木宣親が引退するというニュースを聞いた」という一文になっていることから、38歳の青木が複数年契約を結んだ際に立てられたスレではこれがネタにされ、青木に対しては完全に風評被害が及んだ。

ヤクルト、青木と3年9億の複数年契約 38歳、チーム野手最年長
https://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1605151177/

1:風吹けば名無し:2020/11/12(木) 12:19:37.85 ID:eK2ncEgHa.net
ヤクルトがチームの野手最年長の青木宣親外野手(38)と新たに複数年契約を結ぶことで合意したことが11日、分かった。2018年に米大リーグから復帰した際に結んだ3年契約が今季で最終年だった。小川淳司ゼネラルマネジャー(GM)は複数年を提示したことに「米国から帰ってきて以降の言動、行動全てに対しての評価」と説明した。

 今季は107試合に出場して打率3割1分7厘、18本塁打、51打点をマーク。主将も務めプレーだけでなく精神面でもチームを支えた。衣笠剛球団社長は「青木主将の下に一丸となってという部分はある」と信頼を寄せた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/32543224d657d5a833c992acd1f453e86de29bb7

4 :風吹けば名無し:2020/11/12(木) 12:20:23.40 ID:/OQjp4Cda.net
マジで(48)までやったら笑う

11 :風吹けば名無し:2020/11/12(木) 12:21:37.84 ID:FZ9R9oOfd.net
まぁ引退は48やしな

補足

このコラムは、「文春野球コラム ペナントレース2020」の一環としての記事であるが、「文春野球コラム」は創作ではないものがほとんどであり、『2030年、大城卓三は、引退を考えていた。』は異色の内容であると言える。

また、このコラムはYahoo!ニュースにも掲載され、ヤフコメ民からも総スカンを食らったようである*7

また、筆者の高崎卓馬は、電通所属のクリエイティブ・ディレクターである。WikipediaによるとCMプランナー、コピーライターそして小説家としても活動している。2014年には、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会に出向、クリエイティブ・ディレクターに就任し、大会エンブレムの審査などを務めた。しかし、そのエンブレム選定の際、盗用疑惑のある作品を選出してしまったことでクリエイティブ・ディレクターを解任され、のちに同じエンブレム選定の投票における不正工作も発覚している*8

公開終了

時期は不明だが、このコラムは文春オンラインでの公開を終了している。→ 跡地
終了理由は明らかになっていないが、このコラムよりも前に公開された記事が現在(2021年1月)も閲覧可能であることから*9、少なくとも掲載期間は定まっていなかったものと推測される。

なお、現在はウェイバックマシンによるアーカイブで元記事を読むことができる。→ アーカイブ(Yahoo!ニュース版)

関連項目


*1 同コラム執筆時は巨人二軍監督。敗戦時に戦犯となってしまった選手に罰走を言い渡すやり方が物議を醸していた。
*2 書かれた当時は二刀流に挑戦中だった。結局同年の契約更改にて二刀流断念・投手一筋を宣言したが、詳細な経緯は不明。
*3 同年は2度の死球被弾による離脱もあり1軍出場10試合止まり。
*4 当時メジャー移籍を目指すとされた。同年オフにポスティングで移籍を模索するも結局巨人に残留を決めた。
*5 三人称で綴られた小説にもかかわらず、「この10年、野球を楽しめていただろうか。」「まさか菅野さん!? アメリカじゃないのか。」といった一人称の文が混在しており、一般的な小説の体裁から逸脱している。
*6 文春によるプロフィールページ参照。「家族全員巨人ファン。巨人軍関連の仕事を待ち続けてはや20年」とある。
*7 Yahoo!ニュースのページはこちらアーカイブ版はこちら
*8 詳しくはWikipediaを参照。ただこれは高崎の独断で行ったものではない。
*9 https://bunshun.jp/articles/-/3597?page=1。この記事は2018年2月17日公開だが、「小説ジャイアンツ」は2020年10月16日公開だった。