木村冴花(きむらさえか)

Last-modified: 2020-11-23 (月) 19:01:09

パワプロクンポケット13

 開拓高校野球部のマネージャー。親の再婚で一度姓が変わっており、中学までの旧姓は「真武(しんぶ)」。
 木村庄之助の娘であるが、本人は父親の正体は全然知らない様子で、変人扱いしている。
 最初はマネージャーはしていなかったが、主人公(13)が入部し野球部が活気付いているのを見て、「やる事が無くて暇だから」という理由でマネージャーを始める。ただし、本当の理由は「初めて見たときから主人公(13)が気になっていた」という一目惚れ故である。
 詰井理人とは小学生の頃から一緒の学校であるが、「敵」と発言している。というのも「無愛想な顔」という意味を持たせた「ブサエ」という渾名を命名(旧名:真武冴花→「しん『ぶさえ』か」とかけたのだろう)したり、父親が日本シリーズで打たれた翌日に教室の黒板にそのことをデカデカと書くという嫌がらせ行為をし続けていたため。


 趣味は読書で、外国の本を辞書を片手に頑張って読むのが好きなのだが、「熱中してしまうとどこまでも突っ走る」性格から原典の空気にまで拘った「意訳」を行うため、学校の英語の授業では意訳しすぎて浮いてしまっている。詰井の話によると英語以外にも歴史や地理の試験でも同じ症状が出る(歴史の試験で「明治維新の意義」を問われた際にこの問題だけで試験時間を使い切った)とのこと。
 その分頭の回転が良く、雨崎千羽矢がチームのサインを読んでくるのを先読みして無線機を用意する、成績の悪い野球部に勉強を教え込む、開拓分校独立工作ではマスコミを用いた交渉に持ち込むことも発案している。


 インドア派の趣味や明晰な頭脳を持ちながら身体能力も非常に高い。千羽矢が分校のグラウンドに訪れた際に二人でキャッチボールをやったときには、非常に身体能力の高い千羽矢の「顔面狙いのボール」をキャッチし、正確に返球。そのままキャッチボール合戦に突入し、互いに体力を使い果たすまで決着がつかず、千羽矢に「ライバル」認定されたほど。
 さらに、中学時代は剣道をやっており、過去に二階堂真琴とも対戦したことがある。真琴曰く「攻撃用の長竹刀と防御用の短竹刀を持つ二刀流の剣士で、変則的過ぎて苦労した」*1程の腕前だった。なお、この時の異名として「二頭の蛇」というものがあったらしいが、彼女はこのことに触れて欲しくないらしい。
 この身体能力は、母親が武道マニアであり、彼女も幼少期から武道をやっていたことに起因すると思われる。またこれにより足跡からその者の腕前を見ぬくことができ、ホンフーの足跡を見た時には驚きを隠せずにいた。
それは「この足跡の体重移動はかんぺきよ。床に張った紙の上を走ったとして、一枚も破れないわね。」と評するほどであった。


 不細工では無いが、パワプロクンポケットシリーズでは唯一珍しく地味な顔の彼女候補で自分の顔について母が超美人であった(詰井が中1の時に冴花の母を見て一目惚れしたほど)ため、それと比較してコンプレックスを抱いている。しかしスタイルは良いらしく、千羽矢は彼女の身体を見てスタイルが良いという感想を抱いている。また、主人公(13)は「細身なのに尻は大きい」と評価していた(が、本人曰く「安産型とか言ってよ」とのこと、おそらくコンプレックスの一部に尻も入っている様子)。
 ちなみに眼鏡をかけると、強気な眉が隠れて目が大きく見えるため、すごく美人にみえるらしい。千羽矢にも「ところで眼鏡はかけないんですか?」とそのことを仄めかされており、裸眼視力が1.5だと聞くと「視力悪くしないで下さいね」と言われていた。


 父親の護衛に送られてきたジナイダについては、当初は鬱陶しがっている様子だったが、ジナイダの秘密を探ったりしている内に段々と心を開いていったようである。父親の葬式の際「ジナイダさんもいなくなっちゃった」と発言しており、家族として認めていたことが伺える。


 3年目に主人公(13)が冴花に告白しようとする際、ルッカに誘拐されてしまい、BADルートでは彼女の前後の記憶が消されてしまう。大会後は徐々にぎくしゃくした仲になり、引越し先を主人公(13)に告げずにいなくなってしまう(主人公(13)はスターになっていく自分から身を引こうとしたのだと推測している)。2年後に偶然再会するも、既に他の男の子供を身篭っており、彼女自身は幸せそうに暮らしている様子だった。なお、この時の買い物カゴは缶詰めでいっぱいになっており、GOODでのホンフーのセリフからも「村」へ送られたであろうことが窺える。
 GOODルートでは、父親を喪いジナイダも居なくなった後には主人公(13)曰く「よく俺に甘えるようになった」らしい。主人公(13)に世話を焼き、本人も「俺って尻に敷かれてる?」と言っているが、実際には主人公(13)が彼女を守るという理想的なカップルとなっている描写がなされている。なお主人公(13)としては「(尻に敷かれることは)あの尻ならそれもアリ」とのこと。

裏サクセス

海洋冒険編 (パワポケ13)

 グレートクイン第一王女「ブサイ」で登場。名前は表サクセスの「ブサエ」というあだ名から来ていると思われる。表サクセスと違い名前にコンプレックスを抱かない。
 王女ながら、自らの身分を隠して貧民街の炊き出しに参加していたり、食堂で働いていたりと行動的な王女であり、経験に基づいた政策提言を行っていたため、グレートクイン王室・政府内で敬遠される存在であった。
 これは、過去に読んだ「身分を隠して民の中に入り、悪い大臣を懲らしめるお姫様」の物語に影響されているのだが、その結果「悪い大臣」よりも悪い「貧困」とそれに起因するスラムを目撃。
 その現状を知りたくて身分を隠してもぐるようになったという理由があった。


 主人公(裏)とは身分を隠した状態で先に出会っており、主人公(裏)は彼女がカメダ海賊団によって誘拐された際に、護衛の海軍人ナツミ海尉から真相を聞かされ、初めて本当の身分を知ることになる。
 誘拐事件の際にはナツミ海尉と主人公(裏)達の尽力により救助され、それ以降主人公(裏)を信頼するようになった(好意を仄めかすこともある)。


 ツンドランドとグレートクインの戦争を終わらせる為の特使としてツンドランドに派遣されるが、その条件の一つに「ツンドランド皇帝ジオット一世との結婚」という秘密条項があり、政略結婚の道具として、厄介払いの如くツンドランドに渡る事になる。
 結婚してブサイ王妃となった後は、極度の現実主義者であるジオットに対抗するかのように自らの信念に基づいた政策を提言。また結婚後はジオットも圧政の手をやや緩めるようになったため、結果としては政略結婚がツンドランドの近代化に大きな寄与をすることになる。また、グレートクインにいた頃と異なり、国民からの人気が高い等非常に良い立場にあったらしく、結婚は結果的にブサイにとってプラスになったと言える。
 なお、ジオットは和平協定の式典の際に彼女の活動で荒れた手を見て「手が綺麗な女は信用してはいけない」という発言をしており、逆説的にある程度は信用していることを仄めかしている。

トツゲキ甲子園

 「ふつう」シナリオのマネージャーとして登場。観察力と判断力を活かしてチームを仕切っている。
 中学時代に剣道をやっており、非常に強い事と二刀流の使い手ということで有名だった。気が緩んだ者を本編同様に「痛そうな棒」でどつき倒すが、トツゲキ甲子園では竹刀を痛そうな棒として使っている。なお、二刀流では公式大会に出られないことを知ったのは大会前日である。


※簡単な意見交換にどうぞ。
 雑談・感想目的の書き込みはご遠慮下さい。
 このページにあまり関係の無い内容の場合、コメントが削除されることがあります。

最新の15件を表示しています。 コメントページを参照

  • 結局母親は誰なんだろう 今までに出たキャラなのか? -- 2012-07-14 (土) 02:12:16
  • そもそもNTRなんかじゃない件、別れた女に何を未練たらしくやってんだか。 -- 2012-07-16 (月) 01:10:39
  • アルバムで主人公のことをあなたと呼んでいるから結婚したんだろうか? -- 2012-12-20 (木) 14:25:00
  • 単に名前が出せないからってだけでは -- 2013-02-09 (土) 15:59:53
  • でも過去の作品のアルバムは名前だせたけどね -- 2014-03-27 (木) 11:29:43
  • かわいい -- 2016-01-29 (金) 23:44:02
  • 冴花が他人の子を身篭ったというEND。あれで僕はNTRの道に踏み入りました -- 2016-07-03 (日) 21:35:27
  • というか言うほどブサイクか?目付きが鋭いだけで美人だと思うし個人的には無茶苦茶タイプなんだが…無愛想なのは否定しないけど -- 2016-07-14 (木) 20:33:15
  • ↑激しく同意 -- 2016-08-12 (金) 05:48:38
  • 村イベ怖すぎる -- 2016-09-25 (日) 03:50:18
  • デフォルメされると三白眼は可愛いジト目に見えるが、現実にいればそんなものだろう。…あぁ~木村と結婚してぇ… -- 2017-01-11 (水) 21:15:21
  • 地味な顔のせいで損しているキャラだと思う -- 2017-11-20 (月) 17:03:32
  • 頭良くて運動神経良くて尻デカくて身長高い美人とか最高なんだよなぁ -- 2018-01-26 (金) 12:35:20
  • もうサエカが正史でいいよね… -- 2018-09-10 (月) 00:53:06
  • しかし少し裕福な(パワポケ的に)一般人のはずだったのに父親が黒幕・欲望に忠実だったせいで村送りにされたり裏社会の人らに絡まれたりボディにコンプレックスを持ったりとなかなかに振り回されてる気がする、唯一の救いはこの子が強い子だってこと 13主人公と幸せに暮らしてて欲しい -- 2019-11-07 (木) 08:47:03
コメント: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

*1 中体連の規定では二刀流は認められていないが、公式試合と昇段審査で禁じられているだけなので、非公式試合では二刀流剣士としても活動できる。