小ネタ・テクニック

Last-modified: 2021-12-03 (金) 17:47:55

試合中に起こる挙動や、ゲームにおける豆知識集。

Tier表記について

機動都市では、レア度を色ごとに設定しており、
Tier1(ランクC) →
Tier2(ランクB) →
Tier3(ランクA) →
Tier4(ランクS) →
Tier4(ランクS+) →
Tier6(ランクSS) →
と表記している。

足場をつくる

ボムランチャー、ビークル、味方メカにフェイトビームのフォトンタワー、氷壁…
ジャンプで乗れるオブジェクトは非常に多い。
自力で踏破できない段差を乗り越える他、高所取りに使用できることも多く、
移動範囲が格段に広くなるため、覚えて損はない。

ガチャの仕様

通常ガチャ

  • 毎日1回のみ無料で回すことが出来る。
  • ガチャ券9枚で10回ガチャを回すことが出来る。純粋に一回分お得なため、貯めて使うことを推奨。

コレクターズ/カラフルガチャ

  • 月パス適応中は、カラフルガチャとコレクターズガチャを一日1回のみ50%引きで引くことが出来る。
  • 10回ガチャでのガチャ券の割引はない。

訓練場のターゲット

訓練場の人型ダミーは、仕様か不具合か、判定が非常に特殊。

  • ヘッドショット判定がない。
  • 足元が中心の判定となっており、爆発範囲の中心が足元より遠いと距離減衰を起こす。
  • 何故か一部の爆発ダメージが実際の判定より広くなる(もしくは位置ずれを起こす)。
    例:アンドロメダのサブ射撃→爆発時にメカの周囲にも判定がある。

設置されている乗り物にも特殊判定がある。
乗り物の場合は耐久値も特殊な設定になっており、なぜかどこに当ててもヘッドショット判定が出たり、
上記の爆発ダメージ判定に引っかかったりする。

水中での挙動

メカ、パイロット、ビークルのそれぞれの状態で水中の挙動が異なる。

  • メカは水中では移動速度が減少、ライトをつけて歩行するようになる。
    このとき射撃はできないが戦術スキルとジャンプは使用可。飛行可能なメカなら脱出は容易。
    水中に潜めば狙われにくくなるが、目を凝らすとライトで丸見えなので、あてにし過ぎないこと。
  • パイロットは沈むことはないが、水の中を泳いで渡ることになり、非常に無防備。
    ジャンプできず*1武器も使えないが、動かなければアイテムの使用は可能。
    設計図などを使用して足を手に入れたら、迅速に移動しよう。
  • ビークルは水中に沈まず、ホバー移動ができ、高速で水上を走り抜けられる。
    変形車のメカ形態は例外で、便宜上メカのためそのまま沈んでしまう。挙動もメカと同一。
    車形態になれば浮上するため、焦らず変形して移動しよう。

トーナメントスコア

バトルロイヤルにおいては基本的に「上位まで生き残ると多く入手」できるが、それ以外に
プレイヤーと戦闘し、撃破すること」でも多くのスコアを獲得できる。
アシストでも撃破でもいいので、上位へ早く上り詰めるならば積極的にプレイヤーと戦うこと。
ずっとbotを撃破していてもスコアには反映されないため、注意。

轢き逃げ

変形車の車形態・ユニコーン戦車・ウォーカーの車形態は、走行中にパイロットと接触することで
ダメージを与えることが出来る。

  • 変形車 - 200ダメージ
  • ユニコーン戦車(戦術スキル使用時) - 60ダメージ(要検証)
  • ウォーカー - 60ダメージ

ブーストジャンプ

一部のメカはジャンプをブーストによる浮上で行うが、空中で一度解除してからもう一度再浮上すると
再使用時に10の燃料を追加消費する。
距離や高度はしっかり見極め、最適な燃料消費を目指そう。

踏みつけ攻撃

メカや変形車は、パイロットを踏みつけるとダメージを与えることができる。
防護服を着ていない場合は20ダメージを与える。
リロードをしている状態やもう少しで倒せる場合に有効。
決して意味のない行動ではないものの、人によっては悪印象を与えることにもなるため、留意しておこう。

リロードモーションスキップ(メカ)

メイン武器のリロード中に戦術スキルやサブ射撃を使うと、リロードの減速効果を無視して移動を再開できる。
サブ射撃・戦術スキルの発動をキャンセルできるメカの場合は、さらに行動を無駄にせずキャンセルできる。
例えばキャラメルの場合、砲形態のリロードは装填中に変形することでスキを減らせ、
ストームはジャンプによる変形でも可能。
ただし、リロードが完了した判定ではないため、メイン射撃が撃てるわけではない。


*1 崖から誤って水場に飛び込んでしまった場合、坂になっている場所を探して泳ぎ続けなければならない