【アビスハンド】

Last-modified: 2020-10-22 (木) 15:21:03

DQMJ3

体技の一種。魔法陣から闇の手が現れ、何かを握りつぶすような動作と共に敵全体に闇、爆発系の特大ダメージを与える。
ラスボスである【ガルマザード】はこの特技を攻めの要として使う。
これの光版に【ゴッドハンド】があり、ゴッドハンドとの複合技に【ジャッジメント】がある。

習得スキルは【魔王の力SP】【デモンスペーディオ(スキル)】【闇の王ヴラート(スキル)】【ガルマザード(スキル)】

イルルカSP

エフェクトはそのままだが性能が大きく変わり、敵全体に無属性斬撃ダメージを与える特技となった。
攻撃力やレベル依存ではない完全固定ダメージの特技となっており、守備力や【アタックカンタ】を無視してダメージを与えることができる。
さらに【カウンター】の対象外であるなど、ほぼ体技の特性を持つ。
無属性のわりに基本威力が通常の体技より高く300近いダメージを与えられる代わりに、ダメージ上限が400とえらく低いため特性やテンションでの強化がしにくい。
【轟雷滅殺剣】から溜めと反動ダメージがなくなった代わりに、ダメージも3分の1程度まで減った性能といったところ。
DQMJ3Pにおける【カラミティウォール】にも近い。
無属性なのでメタルボディも貫通するのだが、Ver.1.0.0ではAIは相手にメタル系がいるとなぜか使用を控える傾向にあった。
Ver.1.0.1以降はメタル相手でも使用してくれるようになり、メタル対策として非常に有効な特技となった。

しかしタメ技とは言え3倍もの火力を持つ轟雷滅殺剣があまりにも強いため使われることは稀。
ただし【屍騎軍王ゾルデ】は特性、行動回数、みがわりを同時に覚えるなど全て噛み合う上に見た目も似合っており搭載率は高め。

【ガルマザード(スキル)】でのみ習得できる。