Top > 【スライムベス】


【スライムベス】

Last-modified: 2019-09-10 (火) 15:56:20

概要 Edit

本編ではDQ2以外に、そして外伝作品にも頻繁に登場するモンスター。
べスまたはベートはヘブライ文字の2番目の文字、つまりアルファベットのベータにあたる。
またヘブライ文字を記数方法に使うヘブライ数字では数字の2を意味する。
つまるところの意味は「スライム2」か。
 
初期は口の色が青または紫だったが、近年の作品では普通の【スライム】同様赤い口をしている。
その他の色違いには【メタルスライム】【スライムダーク】【スライムスノー】【エレキスライム】などがいる。
また、【キングスライム】のスライムベスバージョンの【ベスキング】も登場した。

海外版表記は「She-slime」(メスのスライム)。

生態の謎 Edit

生態に関しては様々な説があり、

  • モンスター物語、DQ6の公式ガイドブックの説明ではスライムの雑食の変種扱い
  • DQ7の【いっぱつギャグ】で「スライムベスはスライムとは べす(別) なんだね」というネタがある。
  • DQ9のモンスター図鑑の説明では、偶然生まれた色違いのスライム(つまりは突然変異)と記載
  • アニメ「【ドラゴンクエスト~勇者アベル伝説~】」、漫画「【ドラゴンクエスト列伝 ロトの紋章】」、DQ8、DQ10のモンスターリストではスライムのメス説
  • DQ2に出ないのは、これらはロトシリーズの最も未来の話であり、時代の流れで絶滅した説

ただし、アニメや漫画はドラクエの正史ではないし、作者独自の解釈がされている。
DQ8・DQ10のモンスターリストでも「噂」「真相不明」としか書かれていない。
 
メス説に関しては、外伝の少年ヤンガスやジョーカーにおいて矛盾している(♂のスライムベスや♀のスライムが存在している)。
そもそも、スライムベスの出現地域には他のスライム系が存在しないこともあるため、♂のスライムベスがいなければスライムベスの繁殖ができず、DQ2の時代を待たずともすぐに絶滅してしまうだろう。
逆にスライムに♀が存在せず♂ばかりだと仮定すれば、あのスライムですらあっという間に絶滅することになってしまう。また、DQ11の【メダル女学園】には、メスと明記されている青いスライムが在学している。
よってメス説は現在ではほぼ否定されており、雑食変種説や突然変異説の信憑性が高い。
あるいは、同じ「スライムベス」と呼ばれるモンスターでも、存在する世界によって性質が違う可能性があるか。
♂のスライムベスや♀のスライムがいるのも、
「スライムベスは通常のスライムの亜種なので交雑が可能、なおかつベス因子(仮称)が優性遺伝子(遺伝として現れやすいもの)のようなものである」
と解釈すれば十分説明できる。
つまりスライムベス×スライムという組合わせで子供が誕生した場合、我々が「スライムベスと呼ぶタイプのスライム」が生まれやすいということ。

DQ1 Edit

スライムと同じく【ラダトーム】周辺に出現。
スライムに毛が生えたくらいの強さで苦戦することはないだろう。
とは言うものの、それは何か武器を装備している状態での話。
スタート直後で武器を持っていない状態、とりわけ城から町に行く途中で遭遇するとやや危険。
また防具を全く装備していないとレベル1では3ダメージ喰らうこともある。
頑張れば丸腰で倒せないこともないが注意が必要である。
リメイク版ではともかく、FC版ではレベル2になるまでは慎重に戦おう。

小説版 Edit

【ガライの町】へ向かおうとする主人公アレフに襲いかかった。
なお小説DQ3には登場せず。

ゲームブック(双葉社版) Edit

自称「めちゃくちゃ強い」。実際はどうかというと…同書の仕様上、負ける時は負ける。
こいつに負けると主人公は顔面に体当たりを食らい即死する。

DQ3 Edit

同じくラダトーム周辺に出現。要するに【アレフガルド】までストーリーを進めないと会えない。
通常攻撃をしてくるのみだが、逃げ出すこともある。
 
言うまでもなく弱い(序盤の敵とステータス値を比較すると、HPはスライムよりさらに低いが、攻撃力はやや高く、【さそりばち】と同じ数値)。
ところが、モンスターレベルが異常に高く設定されており、なんと63もある。
これは【ゾーマ】【バラモス】といったボスモンスターと同じレベルである。
6ビットの上限でもあることから、おそらく設定できる最大値だと思われる。
  
DQ3の逃走確率はリメイク版も含めて

パーティの先頭キャラのLV≧モンスターパーティ内の最も高い敵LV+10

とならない限り100%にならないので、コイツがいるだけで逃走確率が落ちてしまう。
上の式に当てはめると、スライムベスがいるモンスターパーティから100%逃走するためにはLvが73必要である。
また、本作では先頭キャラのLvが48あればトヘロスや聖水でフィールドでのエンカウント率を0にできるが、スライムベスが1匹でもいた場合はエンカウント率を0にするにはLv68も必要になる。
まさに、「知らなかったのか…?スライムベスからは逃げられない…!!!」と言われているようだ。
しかも、スライムベスが出るエリアには【サラマンダー】【ボストロール】(FC版のみ)など難敵や【じごくのきし】など全滅を招きかねない敵がおり、嫌がらせとしか思えない配置である。
なお【判断力】は0なので、本人はメタルスライム並みによく逃げる。
 
逃走判定のレベルは戦闘開始時で決まっており、高いのを全滅させても次のターンで補正はされない。
そのため、逃げるためにスライムベスだけを【ギラ】【イオ】等で一掃しても何の意味もない。
よってドロップアイテム狙いでなければ、こんなのは無視して強敵の方から倒そう。
 
FC版の【格闘場】では、モンスターレベルで倍率が算出されているため、こいつの倍率がやたらと低くなる怪現象が発生する。
つまり対戦相手の倍率が上がるので、賭けているこちらとしては大変おいしい。
サラマンダーとの一騎討ちは、視覚的にも実利的にも一度は見たいところ。
 
リメイク版でも仕様そのままで登場する。
しかし、格闘場で出なくなる、範囲攻撃で簡単に蹴散らせる、隠しダンジョンのモンスターには唯一の取柄であったモンスターレベルでも普通に並ばれる(もしくは抜かれる)などでかなり影が薄くなった。
 
ドロップアイテムは【やくそう】(1/64)。
やたらとんがった仕様の割りにこれは至って平凡。
まあ「やっぱりスライム」ってとこだろう。

DQ4 Edit

第二章の【サントハイム】周辺と第四章の【モンバーバラ】周辺に出現。
スライムとは第四章で共演しているが、出現範囲が違う(スライムは【キングレオ城】周辺に【合体スライム】のダミーとして出現)ため、同時に出現することはない。
FC版では、第五章になると未出現。リメイク版のみ【古井戸の底】にひっそりと生息している。
 
スライムよりHPがちょっと高いが、他のステータスは同じ。
単体で出現した場合は何ら問題ないが、第二章、第四章のスタート直後はこちらも戦力が貧弱である。
こんな敵でも複数、あるいは他のモンスターと出現した場合はこちらを窮地に陥れてくる事もあるので、決して油断してはならない。
大勢で出現した場合、メラやヒャドを惜しみなく使って早めに数を減らしていこう。
報酬は経験値2、ゴールド5。スライムに毛が生えた程度の強さにもかかわらず、報酬はスライム2匹分以上に相当し遥かにオイシイ。積極的に倒そう。
落とすアイテムはやくそう。
 
【モンスター闘技場】では2試合に出場。
1つはスライム(5倍)、【キリキリバッタ】(5倍)、【はさみくわがた】(4倍)とまるで子供の運動会のような見ていて微笑ましい試合をする。はさみくわがたと同じ4倍前後だが、実はこの4体の中で一番ステータスが優秀なので、正攻法ならこいつに賭ければいいだろう。勿論、安定しないが。
もう1つはスライム(200倍)【キングスライム】(20倍)、【スライムベホマズン】(2倍)との試合で、ベスもスライムと同じ200倍。当然、プッと吹いただけで消し飛ぶホコリ同然なので200倍が得られることはない。この試合では大本命スラベホの思考がアホなので引分けに終ることが圧倒的に多いが、引分けるにしてもスライム共々大抵それまでに消される。
 
小説版では【ホイミン】の幼馴染の「ミンミン」という個体(メス)が登場。
他のスライム共々【ピサロのてさき】に捕えられ、子供たちを尋問するための人質として扱われていた。

DQ5(DS、スマホ版) Edit

敵としては登場しないが、【スライムタッチ】にそれらしいものが存在している。

DQ6 Edit

下の世界の【レイドック】【アモール】周辺に出現。
結構ストーリーが進んでからの出現なので、能力値は幾分高めになっている。周りの敵に比べれば弱いが。
 
落とすアイテムはせいすい。

DQ7 Edit

過去の【フォロッド地方】【湖の洞窟】、スライムの溜まり場となっている現代の【クレージュ】に出現。
単純な能力値だけならシリーズ史上最強となっている。やっぱり周りの敵に比べれば弱いのだが。
もっと早い段階で出ても良かっただろう。出現エリアが同じ【からくり兵】との強さの差がえげつない…
ただし、能力値のみならず攻撃動作までもがスライムの3倍くらいになっている。
落とすアイテムはやくそう。
モンスターパークにいる奴に話しかけると「なんか用ベスか?」などとダジャレをかましてくる。
 
PS版の攻撃モーションはスライムと異なる上に二種類もあり、うち一つは「画面外まで飛び上がり、キングスライムよりも大きいサイズに膨れ上がり、ドヤ顔で上から乗りかかる」というとても個性的なものである。PS版DQ4の頃には、攻撃動作が短くなっている。
このモーションは書籍「ドラゴンクエスト7のあるきかた」でも取り上げられている。

DQ8 Edit

【マイエラ地方】(西部と南部の平地)と【アスカンタ国領】(西部の平地)、異変前のみ【風鳴りの山】とアスカンタ国領の南部の森に出現。
終盤以降はマイエラ地方西部の出現率はやや減るが、南部は昼間の出現率が大きくUP。
アスカンタ国領の西部の平地では昼間限定だったのが、昼夜問わず出現+出現率UPするように。
【三角谷】ではカウンターに乗っかって店番をしている個体もいる。かわいい。
 
スライムに比べればはるかに強く、【びっくりサタン】とタメ張れるくらいのステータス。
しかしながら出現時期が遅すぎるので結局は弱い。
ただ、他の敵と同時に現れた際に頭(画面左)に居座って【ブーメラン】の威力を吸ってくれたりすることがあるのが厄介。
【ゼシカ】のムチでは先制してもギリギリ倒しきれない程度のHPなのも鬱陶しい。ついでに逃走率も結構高く、こちらの一撃をギリギリ耐えたうえで次のターンにトンズラをかますなど、何かと腹立たしい面のあるモンスターである。
こいつらだけで現れた場合は相手にもならないが、相手にしたくもない。
 
落とすアイテムは通常枠でやくそう(1/64)、レア枠で【スライムピアス】(1/128)。

DQ9 Edit

【西セントシュタイン】【東セントシュタイン】に出現する。
落とすアイテムはやくそう、もしくは【スライムゼリー】
また、画面右下のロード中のスライム3匹に混じっていることもある。
もし並びが「スライム・スライム・スライムべス」なら錬金大成功のチャンス
 
ちなみにモンスター図鑑の記述によると、数が少ないため学会ではスライムレスという別名で呼ばれることもあるらしい。

DQ10 Edit

五大陸とも1つ目の町(初めて駅がある)の手前に生息。
夜には眠っている個体も散見できる。
クイズコンテンツ【冒険者ゼミナール】のゼミ会員・講師としてNPCが登場している。
詳細はこちらを参照。
 
また、DQ10/FF11/FF14合同のコラボイベントにおいて、FF11の世界に出張した。
そちらでの英語表記は「She-Slime」でメス説が採用されているが、DQ10のモンスター図鑑では「メスという噂もあるが真相は不明」とされている。

DQ11 Edit

【ホムスビ山地】などに出現。
新しい土地に来てモンスターの層も変わったことを感じさせてくれるが、相変わらず周辺のモンスターと比べると弱い。こちらが強いと逃げることもある。
落とすアイテムは通常枠でやくそう、レア枠で【スライムゼリー】で、スライムと同じ。

3DS版 Edit

【時渡りの迷宮】【ガライの町】にも出現するため、【ヨッチ村】に来てすぐに時渡りの迷宮に挑めばフィールド上で見る前にこちらで会うことになる。
2Dモードでは【名もなき地】【デルカダール地方】東)にも最序盤の敵に混じって出現する。

邪ver Edit

クリア後のホムスビ山地とバンデルフォン東の島に出現。3DS版では【名もなき地】【ネルセンの宿屋】東)にも出現する。
HP等の各能力値が3桁台まで強化されている。他にも、通常枠が【特やくそう】になっている。

DQMJ Edit

スライム系Eランク。野生で出現する場所は【名もなき島】の1パターンのみ。
もっとも、一般配合で簡単に作れるので問題ないだろう。
能力値の方はどれも似たり寄ったり。
赤い色だからか、はたまた漫画【ドラゴンクエストモンスターズ+】の設定が生かされたのか、【メラ系】を得意とし所持スキルも【メラ&デイン】
【もりもりスライム】と配合すると【もりもりベス】になる。

ちなみにライブラリには「肉食のスライムは体の色が赤くなるという」と書かれている。どうやら雑食変異説が支持されているようだ。

テリワン3D Edit

DQMJ同様スライム系のEランク。スモールボディの癖にHPだけは結構高く、究極配合で1300を越える。
それ以外の能力や耐性は普通のスライムとどっこいなので対戦で使われることはまずないが、前作同様もりもりスライムとの配合でもりもりベスが、スライムとの配合で【ぶちスライム】が作れる。
ぶちスライムはともかくもりもりベスは【ダイヤモンドスライム】【ガルマッゾ】を作るのに必要になる【スライムマデュラ】の素材になるため、必然的にこいつも大量に必要になる。
ただこいつはスライムと違って野生では出てこないので、いちいち配合で生み出さなければならない。
とはいえ位階配合で簡単に作れるので、手っ取り早く量産するなら、おもいでの扉で【ベビーパンサー】を捕まえて、スライムと配合するといいだろう。
スライムは迷いの扉で工面すれば即配合可能だが、ベビーパンサーはレベルが足りないので適当にバトルして経験値を稼ごう。 

NPCとしてはSランククリア後に牧場にいる【スラお】を仲間にすると入れ替わりで登場。
名前はスラチ、スラおの妹で仲間にはならない。
今回スラチは牧場フリーバトルやお気に入り編集をちゃんと利用しているかどうかを尋ねてくるが、どっちを答えても返事が変わるだけ。

SP Edit

ゆうきの扉の黄金郷にて登場するようになったので一々配合をしなくても入手可能になったが、黄金郷はジュヒョウの国クリア後にしか入れないのでクリア前に欲しければ上記のように配合で作り出さなければいけない

イルルカ Edit

やはりスライム系のEランク。
野生では出現しないが、【スライムファング】×【メラゴースト】などで生まれる。
スキルは変わらず「メラ&デイン」。
【新生配合】【ロケットスタート】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【メラブレイク】を習得。

DQMJ3 Edit

スキルは【火の使い手】
特性もほぼ変わらず、スモールボディ、【火系のコツ】【ときどきピオラ】、+25で【ときどき赤い霧】、+50で【狂戦士】、+☆で【ロケットスタート】
メガボディ化で【AI1~3回行動】、ギガボディ化で【火ブレイク】、超ギガボディ化で【超こうどう はやい】
野生では【焦熱の火山】で五匹ほどの集団で踊っている。
この集団に気づかれると合体して【ベスキング】になる。【炎の息吹+】が欲しいなら、スライムベスを合体させよう。
野生個体の使用特技はテンションアップ、【おにび】【爆砕斬り】【さそう踊り】とやたら多彩。
今回は体が【マ素】に汚染されたブレイクモンスター、【凶スライムベス】も登場。
豆知識によるとオレンジ色の体のためよくニンジンを貰うらしい。
…が彼自身はニンジンはそんなに好きでもないらしい。やはり肉食なのだろうか。

DQMJ3P Edit

同じく焦熱の火山に出現し、ベスキングになる。
新たに合体特技【闘魔爆炎斬】、合体特性【超自動HP回復】が追加された。

トルネコ2 Edit

火吹き山で初登場。他に剣・魔のダンジョン、もっと不思議のダンジョンにも登場する。
スライムに毛の生えた程度の強さ。レベル1でも苦戦しないだろう。

トルネコ3 Edit

HP6、攻撃力3、防御力3、経験値3。
【謎のほら穴】やいざないの洞窟など最序盤のダンジョンや【異世界の迷宮】の最浅層に登場。
スライムと比べると若干サイズが大きい。
やっぱり弱いが、ポポロ編では仲間にすれば中盤くらいまで活躍してくれるだろう。
成長タイプは【普通・早熟】。デフォルトネームは「ベスター」。

少年ヤンガス Edit

【まどわしの森】など最序盤のダンジョンや【盗賊王の迷宮】やクリア後ダンジョンの最浅層に登場する。
相変わらずスライムに毛が生えた程度の強さ。
 
成長限界はレベル10。
デフォルトネームは♂が「ベスター」、♀が「ベッシー」。
スライムとは覚える特技が違っており、Lv5で【けものぎり】、Lv10で【みかわしきゃく】、Lv20で【キアリク】を覚える。
また、+値を上げると回避と運の良さが大きく伸びるようになる。
配合方法はスライム×虫系or獣系、バブルスライム×物質系or悪魔系と意外に少なめ。
 
♂はとにかく熱血。本人(本スラ?)曰く「赤い身体は普通のスライムとは違うという証拠」らしい。
♀はスライムをライバル視する女の子。

DQMB Edit

第1章から登場。
ステータスはHP:493 ちから:61 かしこさ:41 みのまもり:62 すばやさ:106。
技は「ためる」と「スラ・バーニング」。
前者は味方全体のテンションを上げる技。後者はスラ・ストライクに爆発属性が加わったようなもの。
また、賢者と組む事でためるが「バーニングハート」に変化。
これはカウンター攻撃技であり、ダメージを受けると反撃で「スラ・バーニング改」を繰り出す。
しかし、他のカウンターとは違い優先度がないために発動がすばやさ依存であり、カウンターもそのターン内では1回しか発動しない。
さらに、反撃の威力もランダムなのでいまいち安定しない。
 
身体の色や技的に、スライム系では珍しく炎に耐性がある。反面、氷にはめっぽう弱い。
 
スライム、【メタルスライム】とチームを組むことで、【キングスライム】へと合体する。

DQMBS Edit

メラ系呪文や火属性になったスラ・バーニング、火の息系統など、火属性の技を多く使う。

DQS Edit

草原に登場する。
1回斬れば倒せる。弱い。
しかしスライムと違ってこちらは飛び跳ねるので、討ち漏らした場合ポインターロック→縦斬りを行うと倒しやすい。

DQH Edit

最初から登場。
ほとんどスライムの色違いであり、強さも毛が生えたほどくらいしか変わらない。
【モンスターコイン】で呼び出した時の行動も一緒だが、スラ・ストライクの威力は違い明らかにこちらが強い。
呼び出したあとは大して変わらないのだが。

DQH2 Edit

砂漠地帯である【ジャイワール】地方に登場。火に縁があるのかはさておき砂漠に回されたのだろうか。
モンスターコインはヘンシンタイプになり、メラやスラ・バーニングを使えるがやはり弱い。
こんなのにヘンシンするぐらいなら【ゴーレム】【ギズモ】になった方がいい。

DQB Edit

全ての章に出現。
基本的にどの章でも序盤~終盤に至るまでダラダラと出てくるが、3章のみ拠点周辺~青のとびらまでしか出ない。
 
【あおい油】【しろいつぼみ】を落とすスライムに対し、こちらは【あかい油】【きいろのつぼみ】を落とす。

DQB2 Edit

本編だと【オッカムル島】、そざい島だと【ゴロゴロ島】にいる。
仲間時の能力もスライムと同じ。
 
「スライムと同じ」なので【たき火】に飛び込んで「溶けちゃうよう」と騒ぎながら【油】を絞り出してくれる。
お前もかありがとう。

ドラゴンクエストモンスターズ+ Edit

モンスターズではジョーカーまで登場しないはずだが、漫画では、スライムベス♀のライムが仲間になっている。
初めて見た赤いスライムに魔物大臣ジュニアや【プリオ】は驚いていた。

DQR Edit

ベーシックカードに収録。レア度はノーマル。

1/2/1 スライム系

スライム系を持つことを除けば、実は【モーモン】の完全下位互換カード。
スライム系を軸としたデッキ以外には採用される見込みはほとんどないだろう。

ドラゴンクエスト4コママンガ劇場 Edit

初期には、スライムとスライムベスが現れ、さらにスライムエイミ・スライムジョーが現れ「若草の四姉妹」と名乗るというネタが存在した。
「若草物語」での三女がベス(エリザベス)で、次女がジョー(ジョゼフィーン)、四女がエイミーという事を知らないとネタの面白みが理解し辛いネタだが、初期のドラクエ4コマのフリーダムさと、作家にも読者にもゲーム以外の事に目を向け知識を広げる事の大切さを教えるネタでもあった。