Top > アイテム > 【ぞくせい】


アイテム/【ぞくせい】

Last-modified: 2018-02-10 (土) 16:36:49

FF7 Edit

支援マテリアの1つ。武器や防具に組にしたマテリアの属性を付ける。
武器につければ攻撃属性が付き、防具ならば防御属性が付く。
更に防具に限り、レベルアップ毎に「半減→無効→吸収」とパワーアップしていく。
攻守にわたって役に立つマテリア。
オリジナル版のみ、属性のないマテリアと組にすることで10番目の属性を付加できる。
インター版では使用不可。
神羅ビル62階のドミノ市長の問題に一発で正解するともらえる他、ニブル山の魔晄の泉でも拾える。
ニブルヘイムティファの家のピアノを弾くことでも入手可能。

  • 限定三個限り。取り忘れないように。
  • セフィロス曰くニブル山の魔晄の泉の物は人工物ではなく天然物らしい。
  • レベル1(初期状態)で「半減」、レベル2(AP10000)で「無効」、レベル3(AP40000)及びレベル4(AP80000@MASTER)で「吸収」となる。
    能力値補正は特にかからない。
    レベル3とレベル4の効果には差がなく、最高売却額は1ギルにしかならないので、金銭稼ぎには不適。
    MASTERまで育て上げる意義はこのマテリアの必要個数を確保する事位。
    非売品なので、量産目的の他に下記のマテリアレベル調整によるカウンターの発動可否に於ける実用性が問われるならば
    非MASTER状態の物は十分数確保しておきたい。

>属性のないマテリア
全ての支援マテリア、及び魔法マテリア「バリア」はこれに含まれないので注意。
 
また、★2(無効)では追加効果を無効化するほか、カウンターも発生し得る。
一方、★3(吸収)では追加効果を喰らってしまう上、カウンターは発生し得ない。
このように、必ずしも吸収が無効よりも上位とは言い切れない側面もある。

  • アルティマニアによると、吸収でも追加効果は防げるらしい。
  • マテリア成長の仕組みと数が限定されていることにより、吸収はマテリア所持数最大まで持てるが、無効・半減は合わせて最大3個までしか所持できない。

その他の属性を防御する場合は、コマンドマテリア、独立マテリア
かいふく等の無属性マテリア、オーディン等の召喚マテリアとセットで装着すると良い。
ガードできる攻撃は、ジョーカーのトランプ攻撃、ボムの自爆、HP・MP吸収攻撃
ブラスター、ラピスレーザー、アルテマビーム等


このマテリアと組にして対応する属性と効果があるマテリアは以下の通り。

  • テュポーンと同じ用途に使えそうな「ふういん」は通常の属性付与は不可。