特技/【破晄撃】

Last-modified: 2020-12-25 (金) 00:04:40

FF7

クラウドリミット技。剣から気を飛ばして遠距離攻撃する。
敵単体に大ダメージを与え、ターゲット以外に敵がいた場合は、
命中後に拡散してターゲット以外の敵にもたたかう並みのダメージを与える。
名前的には魔晄と関係がありそうだが、その辺りの事は謎。
普通にプレイしているとコレル山ぐらいに到達しているときに修得できる(はず)。


英名は「BladeBeam」


はさみうちで後方の敵にも拡散するという妙に面白い特性がある。

FF7R

クラウドがミスリルセイバーで習得できる武器アビリティ。
前方に向かって直進する3本の衝撃波を放つ。衝撃波にはそれぞれ攻撃判定がある。
クラウドのアビリティの中では唯一の魔法攻撃、かつ遠距離攻撃。

  • 武器成長のHP満タンで魔法威力UPはほぼこの技のためにあるコアスキルである。

FF7AC

ロッズの地走りを相殺するために使用。

CCFF7

アルティマニアによれば、ザックスも使用する予定で、
衝撃波の動きや複数の敵へのダメージ指定など、細かい設定があったが没となった。

FFT

ソルジャーリミットの1つ。剣から球体の気らしきものを飛ばして攻撃。
ダメージは(自分の最大HP-自分の現在HP)となる。
よって、ダメージを受けていれば受けているほど威力が増すのだが、
CTがある以上、他の敵に攻撃される事も頭においておかなくてはならない。
まぁ、SPは速いが。
…しかし、ベイオウーフの「ショック!」が同じ効果でCTがない罠。
だがクラウドのリミットはCTがあるがMP消費なし。ベイオウーフの魔法剣はMPを消費する代わりにCTなし
それぞれ特徴があって住み分けできていると言えよう。
ちなみにクラウドの場合SPを上げさらに時魔道士のサポートアビリティ、ショートチャージを付ければ
逆にバンバンリミットを出すことが可能。

  • 「ショック!」と違いMPを必要としないので「MPすりかえ」を併用できるのも利点の1つ。
    計算式の都合上、チョコメテオのような白刃取り不可の回避不能攻撃に特に弱い為「MPすりかえ」の価値は高く、相手の手数次第では瀕死状態を維持したまま「破晄撃」を連発するという運用も可能。
    • MPすりかえをつけてHPを減らすのはかなり面倒ではないだろうか?

DFF

クラウドの地上ブレイブ攻撃
弾速が速く射程もそこそこ、ガードされても跳ね返ってこない優秀な飛び道具。
高低差に弱い事と、衝撃波の接触相性は遠隔弱なのでエアダッシュで弾かれてしまうのが欠点。


原作よりもFF7ACに近い。

DDFF

振り下ろす剣の接触相性が近接弱から近接中に強化され、衝撃波の速度が上がった。

DFFAC

クラウドの地上II+↓ブレイブ攻撃
扇状に衝撃波を放つ中距離攻撃。
溜め押しで威力が強化され、射程の長い地走りを同時に放つ。
地走りは並走する衝撃波と異なり、地上の傾斜に沿って進む。


リフレッシュ前は扇状に分かれていた事から、
元ネタはFF7ACCでクラウド対セフィロスの一騎打ちの際のシーンからであろう。
DFF時代といい、破晄撃などはFF7ACから持ってきているようだ。


Ver1.0002015/11/26
リフレッシュ前は振り下ろす剣にも攻撃判定が付いていた(ブレイブダメージ:48)。
 
Ver1.1002016/02/04
衝撃波のブレイブ攻撃力が強化された
(通常版:432 → 480 溜め版:448 → 488 最大溜め版:464 + 240 → 496 + 320 )。
 
Ver1.3002016/09/15
最大溜めで放つと地形を貫通するため、
アレクサンドリア城下町のチケットブースを挟んだり等の障害物を盾にした攻撃が可能だったが、
地形関連の不具合だった模様で修正された。

  • プレイヤーからの不満は大きいが、同様の修正は別の技でも行われている。

 
Ver1.3702017/04/20
不具合修正で、最大溜めヒット時に吹き飛ばない事がある現象が解消された。
 
Ver1.3802017/05/11
攻撃前の向き補正力が強化された。
魔法接触判定は根元の衝撃波がBRV中から魔法非干渉(カウンター可)へ変更されている。
 
Ver1.4702018/02/22※DFFNTは2018/03/22適用)
最大まで溜めるとボタンを離した瞬間にキープ値が発生するようになった。
 
Ver1.5502018/10/16※DFFNTは2018年11月下旬適用予定)
リフレッシュに伴って、性能とエフェクトが調整されている。
ブレイブ攻撃の火力見直しで地走りも含めて威力が調整されていて、
通常時は、溜め無しで480→464、
溜め版は488→480/416、最大溜め版が496+320→496/432、
リミットブレイク中は、溜め無しで480→496、
溜め版は488→512/432、最大溜め版が496+320→528/448、と増減している。
個別調整では、剣の攻撃判定削除、攻撃範囲縮小(扇状→並走)、根元と地走りの同時ヒット廃止、
溜め版の地走り(※最大溜め版より円1短い円3相当)追加、ダメージリアクションの変更が実施された。
総合的には弱体化している。

  • 1段階溜めでも飛び道具の衝撃波が飛ぶようになったことから、これまでに無い使い方も可能になっている。

DFFOO

LD武器「アポカリプス【VII】」またはパッシブ「真実の記憶」を装備したクラウドが使用できるLDアビリティ。
初期使用回数は3回。
6HIT全体遠距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃。ターゲット以外にも50%分のHPダメージ。
攻撃対象が単体の時、与えるBRVダメージ中アップ。
奪ったBRVを最大BRVを超えて加算する。上限は自身の最大BRVの180%分。
対象の行動順を1つ下げる。
使用後、次の行動時にアビリティの使用回数を消費しない(一部のアビリティを除く)。


LDボード内の「真実の記憶エクステンド」を習得することで、以下の性能が強化される。

  • 自身が対象にクリティカルヒット発生時、自身に3ACTION特殊効果「クラウディウルフ」付与。
    • 特殊効果「クラウディウルフ」は、クラウド固有の特殊効果。アイコンの数値は残りACTION数を示す。
      自身の最大BRVと物理攻撃力アップと、与えるHPダメージを小アップする。
  • 『破晄撃』使用時、以下の効果が発動する。
    • 「6HIT全体遠距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃」が「3HIT全体遠距離物理BRV攻撃+単体HP攻撃を2回行う」に変化し、合計BRV威力も中アップ。

PFF

クラウド(FF7AC)プレミアムスキル
チャージ速度は低速、知恵メメント対応。
単体に物理攻撃の中ダメージを与える(最大3000ダメージ)
リメントブレイク時は、対象にした敵に5000ダメージ、対象外の敵にも3000ダメージずつ与える。
できるだけブレイク中に使うと殲滅できるので良い。

FFRK

クラウドの超必殺技。敵全体に遠距離物理攻撃ダメージを3回与える。
FFRKで最初に実装された超必殺技でもある。
必殺技が付いている装備はオーガニクス【VII】。修得ボーナスは攻撃力+10。
FF7イベント「取り戻す記憶」で追加された。


敵として登場したクラウドも全体遠距離物理攻撃技として使用するが、こちらはダメージ1回。

メビウスFF

クラウド:FFVII REMAKEガードスコーピオン参式のアビリティカードが持っている
闇属性のレンジャー系アビリティ。闇の全体攻撃+ブレイク防御力ダウン。

エアガイツ

ザックスが「破晄斬」という技を使う。
破晄撃と関連があるものと思われるが、対応しているのはクライムハザードだったりする。

スマブラfor3DS/WiiU

クラウドの通常必殺技。
剣を下から振り上げるようにしてまっすぐに衝撃波を飛ばす。
リミットブレイク時は弾速・威力・ふっ飛ばしが強化され、複数ヒットする。


元は地面に沿って衝撃波を飛ばしていたが、こちらでは空中でも使用できる。

スマブラSP

引き続き使用できる。
新たな参戦ファイターの「しずえ」さんの紹介ムービー中、しまう&とりだすで投げ返されてしまっていた。
青い斬撃エネルギーをぶん投げる可愛らしいどう森のキャラクターはインパクトがすごい。