Top > ステップニー


ステップニー

Last-modified: 2019-09-30 (月) 23:10:12

「ご忠告、ありがとう!」
原作第18巻のステップニーTV版第12シーズンのステップニー
TV版第12シーズンのステップニー

名前ステップニー
英名Stepney
性別
車体番号55
原作:黄土色(車体&車輪)+(ライン)+金色(窓枠&ライン)+クリーム色(ライン&字体)+(ライン&バッファービーム&ピストン棒)+(屋根)+(車台&煙突)+銀色(バッファー)
TV版:黄土色(車体&車輪&車台)+(ライン)+金色(ライン)+クリーム色(ライン&字体)+(ライン&バッファービーム&ピストン棒)+(屋根)+(煙突)+銀色(バッファー)
車軸配置0-6-0
製造年1875年12月21日
来島年1962年
所属鉄道原作:ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道ブルーベル鉄道
TV版:ノース・ウェスタン鉄道
支線ステップニーの支線*1
運用・原作ではイギリス本土ブルーベル鉄道を訪れた観光客を案内している。
・TV版ではノース・ウェスタン鉄道に配属され、自分の支線客車貨車を牽引している。
分類蒸気機関車
タンク機関車
原作初登場巻第18巻『がんばりやの機関車』第1話「ブルーベル鉄道のステップニー」
原作初台詞「…一生懸命頑張ったんけど、思うようにいかなくてね。等々引込線行きさ。何日も何日も雨ざらし。そこには仲間もいたけどね。僕もいよいよスクラップかなと…。」
TV版初登場シーズン第4シーズンブルーベルれっしゃ
TV版初台詞「ああ…。ブルーベルの花は綺麗だよね…?」
一人称
説明ブルーベル鉄道タンク機関車
・スクラップ寸前だった所を救われ、ブルーベル鉄道で働くようになった。ソドー島へ遊びに行く事もある。
・長距離を走った事が一度も無く、長距離を走る機会が与えられているトーマス達を羨ましがっていたが、後に臨時列車を牽引してクロバンズ・ゲート駅まで走る事になり、夢を叶える事ができた。
パーシー曰く「有名な機関車」らしい。
・TV版ではラスティーに救われた事があり、これ以降ラスティー彼の機関士とは親交を持つようになる。
・車台の色は原作ではだが、TV版では彼の車体と同じく黄土色である。
・マガジンストーリー限定で雪かき装着するエピソードがあるが、車体と同じ黄土色ではなく、銀色である。
性格・明るく社交的。
トーマスジェームスエミリーとは違い、他人の忠告には、きちんと耳を傾けている。
・温厚で親切だが、積極的で茶目っ気のある性格。
・辛い状況でも前向きさを失わない、芯の強い蒸気機関車
マイクと同じく客車より貨車の方が好みらしい*2
トーマスエドワードエミリーヒロディーゼルメイビスラスティーデクスターハット卿夫人トップハム・ハット卿のお母さんと同様、お花を好む一面がある*3
トーマスエドワードサムソンデニスシドニーファーガスの機関士行楽客リリー程ではないが、方向音痴な時がある*4
・座右の銘は「短気は損気」*5
・反面、エドワードトビーファーガスヘンリエッタアルフィーバーネット・ストーンと同様、怒らせると怖い一面がある*6
「楽あれば苦あり」が何なのかよく知らない*7
ウィフヒロスクラフと同様、汚れても気にしない性格でもある。
エドワードアーサーファーガスヒロレベッカアーサーの機関士機関助手と同様、心の広い性格で、機関士トップハム・ハット卿との約束を忘れた影響で、ハリーバートに絡まれ誘拐されて殺害され掛けても、を恨む事は無かった。
絵本では恐竜に興味がある一面を見せており、恐竜の化石を載せた貨車の牽引を依頼された時に大喜びだった。
ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道出身の為、「優秀なタンク機関車」である模様。
原作版での経歴・1875年12月21日にA1として落成、1912年にA1Xに改造され、1960年5月17日にブルーベル鉄道の最初の機関車になった。
・1962年にソドー島に来島し、ブルーベル鉄道の仲間の話をしたり、トーマス貨車を引いたりした後、キャロラインと友達になり、偶然ダックと一緒にディーゼル261の列車を牽き、ブルーベル鉄道に帰って行った。
・後にトーマスが出会ったイギリス国立鉄道博物館に所蔵されている蒸気機関車ボックスヒルは彼の兄弟にあたる。
TV版での経歴第4シーズンから登場。
・原作と経緯が全く異なり、他の鉄道で廃車にされそうになったが、ラスティーに救われる。
・その後、ノース・ウェスタン鉄道の機関車として迎えられ、自分の支線で働いている。
クラシック・シリーズでは当時こうざん鉄道の機関車達の汽笛の音色*8を流用している事が多かった。
第6シーズンでは機関庫で睡眠中に、幽霊か何かに怯えている場面がある*9
第7シーズンでは第5シーズン第6シーズンの使い回し映像のみで登場する。
第8シーズンから第11シーズン迄は一度も登場しなかったが、第12シーズンで再登場した。その際にロージーうっかりによって、ボディが砂糖塗れになった。また、汽笛の音がトーマスの物と近い音に変更された。
第13シーズン以降は全く登場していない。
その他の経歴・『Thomas-saurus Rex』では恐竜の化石の運搬を依頼され、承知した。
他キャラクターとの関係・廃車になりかけていた所をラスティーに救われ、それ以降仲良くしている*10
スカーロイとはラスティーを通じて知り合った。
キャロラインクリケットボールがきっかけで出会い、彼女と仲良くなった。
トーマスとは同じ鉄道出身だが面識は無く、ノース・ウェスタン鉄道訪問した際に初めてと対面した。
エドワードパーシーダックダグラスとはナップフォード駅訪問時に歓迎されたのがきっかけで親しくなった。その後、パーシー貨車を分け合ったり、ダックと共にディーゼル261の代走で急行重連して牽引した事で、更に友情が深まった。
メイビスとは石切場での仕事を通じて親しくなった。
ドナルドとはダグラスを通じて知り合った。
オリバーとはダックを通じて親しくなり、オリバーと一緒に夏季イベントの準備を手伝った。
トビーとはトーマスパーシーを通じて親しくなった。その後、一緒にメイビス仕事を手伝って、更に友情が深まった。
ヘンリージェームスバーティーアニークララベルブッチとは会話は無いが、面識はある模様。
ハリーバートからは狙われている。
ロージーの所為で不幸な目に遭った事がある。
イギリス国立鉄道博物館に所蔵されているタンク機関車ボックスヒルは彼の兄弟。
ブルーベルプリムローズとは同じ鉄道出身同士の仲。
・マガジンストーリーのみ、テレンスと対面した。
・鶏小屋にされたバルジーの近くを通過した。
人間関係トップハム・ハット卿とはトーマスを通じて親しくなり、ハリーバートに襲われスクラップの危機に陥った際にトップハム・ハット卿に救われた事がある。
ラスティーの機関士とはラスティーを通じて知り合った。
クリケット選手達ボールを持ち逃げした事がある。
スカーロイの機関士機関助手とは会話は無いが、面識はある模様。
アノファ採石場の作業員トリレック駅の作業員お世話になった事がある。
その他ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道のA1形蒸気機関車は、WilliamStroudleyが設計した機関車で、1872年から1880年にかけて、ブライトン工場にて50両が製造された。
・当初はロンドン南東部の通勤列車の牽引を意図されたが、ロンドン都市圏の拡大によって、より強力なLBSCRのD1形へと置き換えられた。
・A1形は19世紀末期から20世紀初頭にかけて、23両が他鉄道に売却され、一部の機関車はオーストラリアや南米に売却されたものも存在した。変わり種として購入先の鉄道がグレート・ウェスタン鉄道に併合されたことでグレート・ウェスタン鉄道の機関車となったものも存在。
イギリス国鉄に編入された段階でA1は1両、A1Xは14両残存したが、線路の強度が低いヘイリング島で主に運用された。運用が終了するまでに、No.72(32636)のフェンチャーチがイギリス国鉄最古の機関車となった。
・最終的に1963年に形式消滅となった後、本形式は8両が保存。2019年現在5両が稼動状態にある。
モデルクラスA1X蒸気機関車 55『ステップニー』(ロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道ブルーベル鉄道
玩具プラレール/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち
アーテル
Take Along/テイクンプレイ
日本版CV島田敏第4シーズン-第5シーズン
・?(第12シーズン
参照画像参照はステップニー/画像
ブルーベル





*1 TV版のみ。
*2 客車も牽引しているので、嫌いではない模様。
*3 実際、ラスティーブルーベルの花は綺麗だ」と語っていた事がある。
*4 実際、間違えて精錬所へ行く為の線路を通ってしまい、ハリーバート襲われスクラップの危機に陥ってしまった。
*5 実際、ロージーうっかりが原因でボディが砂糖塗れになっても、ロージーを恨む事は無かった。
*6 実際、ディーゼル261蒸気機関車冒涜する発言をした時は鬼の形相を睨んでいた。
*7 濃霧注意報を知らずに呑気に走っており、帰宅する筈が間違えて精錬所に行ってしまった。
*8 主にスカーロイレニアスサー・ハンデルスマジャーのもの。
*9 楽曲のみ。
*10 TV版のみ。