Top > キャロライン


キャロライン

Last-modified: 2018-10-26 (金) 18:07:10

「やってみますわ。」
原作第18巻のキャロラインTV版第5シーズンのキャロライン

名前キャロライン
英名Caroline
性別
(車体&運転室&ドア)+金色(ラジエーター)+(字体)+ムーングレイ(屋根)+(バンパー&ランプ&タイヤ&ホイール&カウル)※マガジンストーリーの一部エピソードでは銀色(バンパー)又は(屋根&風船)+(座席&風船)+金色(リボン)+黄色水色薄緑色(風船)+(字体)も追加
支線トーマスの支線
運用クリケット選手達クリケット場まで乗せるのが主な仕事。
・クリケットの試合がない日は優雅にドライブを楽しんでいる。
・マガジンストーリーにのみ、壊れたメールバンミルクフロートの代理で郵便配達と牛乳配達をするエピソードが存在している。
分類
原作初登場巻第18巻『がんばりやの機関車』第3話「ステップニーとクリケットのしあい」
原作初台詞「こんな風に走らすなんて、酷いわよ。あたしにゃとても無理だわ。これじゃ、体がボロボロになっちまう。」
TV版初登場シーズン第4シーズンしあいちゅうだん
TV初台詞「ちょっと!私はレーシングカーじゃないのよ!スピードの出し過ぎだってば!もう~!オーバーヒートしちゃうから~!」
一人称あたし(原作)
私(TV版)
原作・TV版共通の説明・経歴クリケット選手達が所有する、赤いボディの可愛い女の子自動車
・年式が古い為、よくオーバーヒートを起こす。
クリケット選手達が打ったボールステップニー貨車に落ちて、がそのまま走っていった為、選手達が彼女に乗って猛スピードで走らせてステップニーを追いかけた。
・そして追いついた時に、彼女自身は疲労困憊でやつれていた為、ステップニーが彼女を貨車に乗せ、クリケット場に連れ帰った。
クリケット選手達を送迎してはいるものの、彼女は競技や競争には興味がない*1
・最初はバーティーハロルド同様、機関車を馬鹿にしていたが、ステップニーとの出会いをきっかけに、機関車を馬鹿にするのを止め、機関車を信頼するようになった。
・原作とTV版では出番は少なく、ステップニーのみの交流だったが*2、マガジンストーリーでは数多く登場して、他の機関車との邂逅も描かれている。
・原作ではボディの側面に、TV版ではボディの後ろに、スペアタイヤが付いている*3
・殆どの自動車キャラクターは灰色の顔に目と鼻と口が付いているが、彼女の場合はランプが目になっていて、ラジエーターの部分に鼻と口が付いているのが特徴である*4*5
・バンパーの色はTV版では常にだが、マガジンストーリーの一部エピソードでは銀色だった事がある。
・また、屋根の色もTV版ではムーングレイだが、マガジンストーリーの一部エピソードでは彼女のボディと同じくである。
・そして、字体もTV版では常にだが、マガジンストーリーの一部エピソードではだった事がある。
性格・純情可憐で優しい心の持ち主だが、繊細で傷つきやすい一面がある。
・人懐っこく明るい性格。
・猛スピードで走るのが苦手で、あまり早く走らされるのが嫌い*6
・一時期、鉄道を馬鹿にする発言をしていた。
・頼まれ事をなかなか断れない謙虚な面を持つ*7
・競争や争い事は好まない、平和主義者な一面がある*8*9
・聡明で無邪気な一方、罵られたりすると相手を容赦なく睨む怖い顔を覗かせる。
・『速さ』より『安全』を優先するタイプ*10
・自分は壊れやすい車だと自覚しており、オーバーヒートに対して異常なまでの恐怖心を抱いており、オーバーヒートに対する不安を吐露していた事がある。
・マガジンストーリーでは子供好きな一面と動物好きな一面と面倒見が良い一面とイケメンに弱い一面があり、牧師様がピクニックに連れて行ってくれた際に沢山の子供達に囲まれ、楽しい時間を過ごしたり、の鳴き声を聞いて安らいでいた事があり、ソドー・メールバンミルクフロートが壊れた際はソドー・メールバンミルクフロートの代理で郵便配達と牛乳配達を手伝ってあげたり、エドワードが話しかけてきた時に嬉しそうな笑顔を見せたり、オーバーヒートで動けない時にハロルドが助けに来てくれた時は安心した表情を浮かべていた。
・同じくマガジンストーリーでは友達との会話を邪魔されると困惑する傾向があり、エドワードとの会話を楽しんでいる最中に風で飛ばされた布が車体に被さり、戸惑い気味の表情を見せていた*11
原作での経歴第25巻で台詞は無いが、体調不良に見舞われたデュークを介抱しているファルコンスチュアートと擦れ違った。
TV版での経歴第4シーズンから登場。
第5シーズンではバーティーハロルドトレバーと一緒に大雨で崩落したダムが修復された記念式典に出席していた。
・その後、妻の誕生日パーティーに出かけるトップハム・ハット卿を乗せて走ったが、警告も聞かずに猛スピードで走らされた為、オーバーヒートを起こして動けなくなってしまった。
・その姿をジョージから「道路の恥さらし」だと悪く言われてしまい、助けが来るまで、そのまま放置された。
・台詞があるのは第4シーズン第5シーズンのみ。
第8シーズン長編第2作第9シーズンはカメオ出演のみ。それ以降は全く登場していない*12
・マガジンストーリーではあの時トーマスと同様、メダルを贈呈された事がある。
他キャラクターとの関係ステップニークリケットボールがきっかけで出会い、と仲良くなった。
バーティーハロルドトレバーと一緒に記念式典に出席した事がある。また、マガジンストーリーにはハロルドが彼女の危機を救うエピソードが登場している。
・マガジンストーリーにのみ、彼女がエドワードと仲良く会話するエピソードが存在する。
・マガジンストーリーではヘンリーゴードンジェームスダックボコメイビスデイジーエリザベスバルストロードケビンローリー1ローリー2ディーゼルと面識がある。
トーマスアニークララベルパーシートビーヘンリエッタスカーロイレニアスとは会話は無いが、面識はある模様。
・原作ではファルコンスチュアートデュークと面識があり、体調不良に見舞われたデュークを介抱している最中のファルコンスチュアートと擦れ違った。
バルジーバートラムとは一緒に映っている場面は存在するものの、会話は無かった*13
ジョージから暴言を浴びせられた為に傷つき、を忌み嫌うようになった*14
・マガジンストーリーではハーヴィーに助けられるエピソードが存在する。
人間関係・マガジンストーリーで、動けなくなった所をトップハム・ハット卿に助けてもらった事があるが、彼女を助けたのが原因で、トップハム・ハット卿は体の何処かを痛めてしまい、入院する羽目になってしまった。また、トップハム・ハット卿はボディが薄汚れた彼女の為に、ペンキ屋に彼女のボディを綺麗にしてもらえるよう頼んでくれた。
ジェム・コールブレンダム港の作業員有名な画家とは会話は無いが、面識はある模様。
運転手選手達は基本的に彼女を可愛がり、大切にしているが、稀に彼女の警告を聞かない時がある*15
ステップニーの機関士機関助手とはステップニーを通じて知り合ったが、機関士の早とちり癖の所為で不運に見舞われ、機関助手にはクラクションを競争開始の合図と誤解された。
・マガジンストーリーではウェルズワーズの牧師トム・ティッパーソドー島の市長と面識があり、壊れたソドー・メールバンの代理でトム・ティッパーの仕事を手伝い、ウェルズワーズの牧師は彼女ピクニックに連れて行ってあげた。
・マガジンストーリーでは牛乳配達員と親交があり、壊れたミルクフロートの代理で牛乳配達員の仕事を手伝ってあげた。
・マガジンストーリーではペンキ屋のお世話になった事がある。
動物関係・マガジンストーリーでの鳴き声を聞いて安らいでいた事がある。
モデルモリス・オックスフォード『ブル・ノーズド』
玩具プラレール/トラックマスター
カプセルプラレール
木製レールシリーズ
トーマスエンジンコレクションシリーズ
トーマスとなかまたち/新トーマスとなかまたち?/げんきなトーマスとなかまたち/なかよしトーマス
アーテル
日本版CV江森浩子第4シーズン-第5シーズン
参照画像参照はキャロライン/画像





*1 実際クリケットの試合が終わるまでの間、近くの駐車場でお昼寝していた。
*2 原作では会話は無いが、ファルコンスチュアートデュークとの邂逅もある。
*3 だが、原作で一度もスペアタイヤを使用されるシーンは無かった。
*4 マガジンストーリーにランプの目が光るシーンが登場した事がある。
*5 TV版に再登場で、顔が変わる可能性が高い。
*6 ナレーター曰くキャロラインは猛スピードで走るのが嫌い」らしく、運転手に猛スピードで走らされた時に不安そうな顔をした
*7 実際、トップハム・ハット卿からパーティー会場への送迎をお願いされた時にとは言わずに引き受けた。
*8 彼女曰く、競争や争い事を好む機関車は「馬鹿な列車」らしい。
*9 でも、ジョージ暴言を浴びせられた時に「酷い」と言って激怒していた。
*10 実際クリケット選手達に猛スピードで走らされた時に嫌そうな顔をした
*11 然し、その布を利用して、テントにする事を思いついた。
*12 第8シーズンマロン駅に、第9シーズンブレンダム港に停泊しているが、走っている様子は見られなかった。
*13 因みに、この時、バルジー鶏小屋にされ、クリケット場近くの広場に放置されていた
*14 但しマガジンストーリーでは一応、ジョージに優しくしてもらっているらしい。
*15 実際、運転手選手達が彼女の警告を聞かなかったのが原因で、彼女はオーバーヒートを起こしてしまった。