Top > ロージー
HTML convert time to 0.019 sec.


ロージー

Last-modified: 2018-07-22 (日) 07:39:25

「ブッチは何をするの?」
TV版第12シーズンのロージー第18シーズンのロージー(旧塗装)TV版第21シーズンのロージー(新塗装)

名前ロージー
英名Rosie
性別
車体番号37(長編第13作以降)*1
第10シーズン-長編第12作ピンクライラック(車体)+(車体&ランボード)+(ライン&車輪&バッファービーム&車台)+(屋根&煙突&バッファー)+薄いピンク(口紅&頬紅)※TV版第17シーズン以降は金色(ランプ)も追加
長編第13作-現在:ガーネットレッド(車体)+茜色(車体)+(ライン&字体&ランボード)+(車輪&バッファービーム)+サルファーイエロー(車台&ランプ)+(屋根&煙突&バッファー)
製造年1942年-1943年
車軸配置0-6-0
所属鉄道サザン鉄道ノース・ウェスタン鉄道
運用
分類蒸気機関車
タンク機関車
他国の鉄道車両
TV版初登場シーズン第10シーズントーマスとたんじょうびのはいたつ
TV初台詞「こんにちは。トーマス。」
「すっごく面白いね。よーしいくわよトーマス!ビショビショバシャーン!」※CGアニメの初台詞
「あら、ジェームス!」現在の配色のボディになってからの初台詞
※正式な時系列では「えっと…どの貨車の事かしら、ジェームス。」
一人称
説明・少々小柄で雀斑がついている女の子の蒸気機関車
エミリーと仲が良い。トーマスに憧れている。
トーマスは彼女が自分の真似をする事や自分に付きまとう事が嫌なようで、彼女に苦手意識を持つようになった*2
・自身が慕うのはあくまでトーマスだがジェームスの優秀さは認めている。
・御侠だが、働き者で人助けが得意な一面もある。
・基本的に非力だが、第12シーズン以降は基礎的な体力が上がったのか、彼女1人でロッキーを引き摺る場面が度々登場している。
・ボディがピンクライラックだった頃は軽く化粧をしていたが、ボディをガーネットレッドに変えてからは口紅と頬紅をしていないノーメイク状態で登場した。
性格・明るく活発で女の子らしい性格。
トーマスが大好き*3トーマスの真似事をするのが趣味。
・気立てが優しく客車貨車の扱いも上手*4*5
・朗らかな性格だが弱虫な一面があり、ヘクターの威圧感に怯えた事がある。
・また、トーマスヘンリージェームスと同様、意外と目立ちたがり屋な一面もあり、トップハム・ハット卿からエミリーと協力して牽くよう言われたにも関わらず、1人で派手な装飾が施された貨車を牽こうとした事がある。
・そして、怒ると怖い所もある*6
・人形劇時代は極度の潔癖症で、泥だらけにされた時は怒っていた*7が、CGアニメ以降は極度の潔癖症を克服し、トーマスと優雅に泥遊びを楽しんでいた。
ディーゼルと仲良く走った事から、ディーゼル機関車とも仲良くなれる模様。
エミリーウィフと同様、不正行為を嫌っており、相手がトーマスでも容赦無し*8
第21シーズン以降はトーマスジェームスに刺激を受け、競争に興味を持つようになった*9
・座右の銘は「鴨が葱を背負ってくる」*10
「河童の川流れ」が何なのかよく知らず、ネッドアーサーと同様、鈍感な面がある*11
TV版での経歴第10シーズンから登場。泥の所為で動けなくなったトーマスの代わりに郵便を配達した。登場した当時は雀斑が強調されていたが、最近ではそんなに目立たなくなった。
第11シーズンではヨットを運ぶ事になったトーマスヨットのマストが高いので橋の下を通れないと忠告し、トーマス手伝いに来た際にヘクターの怒鳴り声を怖がって逃げ出した。また、ボディを泥だらけに汚されてトーマスに怒った。
第12シーズンバーティーステップニーは彼女の手痛いミスの所為で、酷い目に遭った。また、このシーズンからロッキーを1人で運べる程の体力も身に付いた。そして、このシーズンではランボードの上にランプを付けていた。
第13シーズンでは汚れる事を気にせず、大好きなトーマスと優雅に泥遊びを楽しんだ。その後、トンネルの中で立ち往生したトーマスを助け、トーマスに感謝された。
第14シーズンでは学校建築資材を配達するディーゼルの姿を見て喜んだ。
第16シーズンではロッホ城お祭りに興味がないゴードンに興味を持ってもらおうと奮闘するトーマスに協力した。
第17シーズンの『パーシーのおまもり』から、ヘッドランプを付ける。
第19シーズンでは雪かきを装着して、除雪作業に勤しんでいた。
第20シーズンでは出番は無し。
第21シーズンでは自分専用の機関庫と仕事も受け持つようになる*12。そして、前以上に仕事熱心で競争好きな性格になった。
・人形劇時代はランプ棒が付いていたが、CGアニメ以降はランプ棒が付いてない。
・人形劇・CGアニメ共に、だらけになるエピソードが存在する*13
・マガジンストーリーではあの時ダンカンと同様、トンネルの中で立ち往生した事がある*14
長編作品での経歴長編第3作で初出演。グレート・ウォータートンの式典に参加していた。
長編第12作では登場したが台詞が無いので当然、歌う事も無く、大好きなトーマスグレート・レイルウェイ・ショーに参加した時も応援に来なかった。
長編第13作ではではボディがピンクライラックからガーネットレッドに変更され、所属鉄道のロゴ『NWR』が描かれ、車体番号『37』が付加される*15。また、トーマスメインランドに運ぶを持っていった事をジェームスに話した。そして、この時初めて、長編作品で台詞が与えられた。
他キャラクターとの関係トーマスに好意を抱いているが、トーマスは彼女に苦手意識がある模様*16
ディーゼルとは学校建築資材を配達するの姿を見て喜んだのがきっかけで親しくなった*17
エミリーとは初対面時から既に女同士、蒸気機関車同士で仲が良く、一緒に派手な装飾が施された貨車を引いた事で、更に友情が深まった。
ウィフとはトーマスエミリーを通じて親しくなり、洗車場では楽しそうに会話していた。
チャーリーとはゴードンロッホ城お祭りに興味を持って貰おうと奮闘するトーマスに協力したで親しくなり、ゴードンとは一緒にロッホ城お祭りを楽しんだのがきっかけで親しくなった。
ヘクターの威圧感に怯え、ヘクターから逃げた事がある。
エドワードヘンリーレニアスハーヴィースペンサーネビルヒロサムソントレバーキャプテンクランキーレベッカとは会話は無いが、面識はある模様*18
バーティーステップニーは彼女の所為で災難に遭った事がある。
ロッキーとは貨車と衝突してボロボロになったエミリーを一緒に助けたのがきっかけで親しくなった。
ジェームスパーシーとはトーマスゴードンを通じて知り合い、共にビルベン武勇伝を聞いていたり、ジェームスと競争をして、ブレーキを修理する様にと忠告した。
アニークララベルゲイターとは一緒に映っている場面は存在する物の、会話は無かった。
蒸気機関車の方のオリバートードとはトーマスを通じて知り合ったらしく、トードトーマスパーシー衝突事故から防いだ話を聞いていた。
トビーとはトーマスパーシーを通じて親しくなったらしく、ヘンリエッタ整備工場に行って寂しい思いをしたトビーの為に、代わりの客車を連れて来た*19
ビルベンとは給炭所での仕事を通じて親しくなり、トーマス土砂崩れから守った話を聞いた。
ダックハロルドベルフリン重機の方のオリバーマックスモンティとはジェームス失態をきっかけに知り合った。
ハンナと会話はなかったが、トビーに渡す為に牽引した事がある*20。今後は彼女の客車として登場する。
ブッチとはトーマスを通じて知り合い、「凄い!」と発言してブッチを絶賛した。
ジェロームを牽引した事がある*21
人間関係アリスとはトーマスを通じて親しくなった模様。
トップハム・ハット卿とは共に居る場面は少ないが、特別な仕事を任された事が有る。
モデルUSAクラス蒸気機関車(サザン鉄道
その他・ロージーが所属していたサザン鉄道は、トーマスが働いていたロンドン・ブライトン・アンド・サウス・コースト鉄道等の4社が合併して出来た鉄道で、トーマスのモデルとなったクラスE2は合併後も1960年代に全車解体されるまではサザン鉄道及びイギリス国鉄で働いていた為、現実の世界でも後輩と先輩の関係なのである。
玩具プラレールピンクライラック/ガーネットレッド)/トラックマスターピンクライラック
カプセルプラレールピンクライラック/ガーネットレッド
木製レールシリーズピンクライラック/ガーネットレッド
Take Alongピンクライラック)/テイクンプレイピンクライラック)/アドベンチャーズピンクライラック
バックマンピンクライラック
英国版CVテレサ・ギャラガー第13シーズン-第16シーズン
ニコラ・ステープルトン長編第13作-)
米国版CVジュール・デ・ヨング第13シーズン-第16シーズン
ニコラ・ステープルトン長編第13作-)
日本版CV望月久代第10シーズン-第16シーズン長編第13作-)
参照画像参照はロージー/画像





*1 長編第12作までは番号無し。
*2 但し、トーマスと優雅に水遊びを楽しんだ事があり、シーズンが進むにつれて意気投合するようになった。その姿はまるで本当の兄妹のようである。
*3 然し、レースに参加するを応援しに本土までは来なかった。
*4 現時点で、彼女がいたずら貨車達から悪戯される描写は出ていない。
*5 但し第12シーズンでは彼女が牽いた貨車の所為でバーティーステップニー不運に見舞われる描写がある。
*6 実際、トーマスうっかりが原因でボディが泥だらけになった時に「汚い」と言って激昂していた。
*7 塗り立てのボディを汚された為。
*8 実際、トーマスジェームス仕事を横取りした時は、ジェームス仕事を横取りした事を教えている。
*9 それまでは、興味がなかったらしく、グレート・レイルウェイ・ショー行きたいとアピールしなかったり、トーマスが「貨車押し競争」に参加する事になっても応援しに行かなかった。
*10 実際、トーマスと優雅に水遊びを楽しんだがきっかけでトーマスとの絆が深まり、トンネルの中で立ち往生したトーマスを助けて更に絆が深まった。
*11 実際、局長からエミリーと協力して牽くよう言われたにも関わらず、1人で派手な装飾が施された貨車を牽いた時に、からへと連結が外れ、バーティーステップニーを酷い目に遭わせた挙げ句エミリーをボロボロにした。
*12 然し、エピソードの制作が中断された為、詳細は不明である。
*13 1回目はトーマスの失態で、2回目は自ら泥だらけになっている。
*14 その後、ハーヴィーに助けられた模様。
*15 但し現時点で、塗装をピンクライラックからガーネットレッドに変えた理由、車体番号が『37』の理由は不明。
*16 尚、トーマスは彼女が塗装をピンクからに変えてからは、完全に彼女を邪険に扱うのを止め、彼女と友好な関係を築いている。
*17 それ以前に、『くらやみとジェームス』で仲良く一緒に走っている場面が存在する。
*18 マガジンストーリーではエドワードと会話するエピソードとが存在する。
*19 然しそれ以前に、トビーナップフォード駅のポイントで衝突しそうになった事がある。
*20 何故か、ハンナから早く走るよう促されなかった。
*21 但し、トーマス妄想内のみ。