どろんこダンカン

Last-modified: 2019-02-02 (土) 20:17:34

「俺は言うべき事はハッキリ言う。とっとと貨車を集めろ!モタモタするな!」
どろんこダンカン

日本版タイトルどろんこダンカン
英語版タイトルDunkin Duncan
脚本(原案)サイモン・ニコルソン?
(脚本)ジェニー・マクデード?
放送日・2002年10月17日(英国)
・2002年11月21日(オーストラリア)
・2003年2月13日(カナダ)
・2003年4月19日(日本)
・2004年3月12日(韓国)
・2009年9月12日(ハンガリー)
話数150
この話の主役ダンカン
登場キャラクターAスカーロイレニアスラスティーダンカン
登場キャラクターB狭軌のスレート貨車(タイプ1)
登場キャラクターC無し
登場キャラクターD無し
登場人物Aトップハム・ハット卿ラスティーの機関士ダンカンの機関士
登場人物Bトップハム・ハット卿の付き人
登場人物Cスカーロイの機関士レニアスの機関士スカーロイ鉄道のスレート採石場の作業員?
登場人物D無し
登場スポットスカーロイ鉄道のスレート採石場
レニアス高架橋
ダンカンが転落した沼地?
あらすじラスティースカーロイレニアス石切場の手伝いに訪れるも、威張り屋のダンカンは気持ちが荒み、軈て不注意から事故を招いてしまう。
メモ・日本語版150話達成。
・タイトルに『どろんこ~』と付くのは第3シーズンどろんこゴードン』以来2度目となる。
スカーロイ鉄道ノース・ウェスタン鉄道とは一旦繋がらなくなった最初の話でもある。
・冒頭のラスティーレニアススカーロイが3台で走るシーンでナレーターは「楽しそうにソドー島の田舎を走っている」と言っているが、スカーロイの顔をよく見ると困り顔に成っている。
あの時のゴードンジェームストップハム・ハット卿トード続いて、泥塗れに成るダンカン
ジョージトップハム・ハット卿トード続いて、泥沼に沈むダンカン
ダンカンが貨車との連結が絡まったまま、急斜面を引っ張られて行く所で第5シーズンの『まんげつのよるのできごと』でピーター・サムの貨車が暴走した時に流れたBGMのアレンジが流れる。
第8シーズンに先駆けて「混乱と遅れを招いた」と言う言葉を用いて機関車を説教するトップハム・ハット卿*1
・「雑踏」*2と言う難しい言葉を使うラスティー
ダンカンに呆れているラスティーの機関士
あの時、和解して仲良くなった筈なのに、またラスティーと喧嘩するダンカン
スカーロイレニアスの事を『愚図』*3ラスティーの事を『臭い』と言って見下すダンカン
・ウィンチのワイヤーが切れるのは3回
・この回からスカーロイの煙突の金帯が付かなくなる*4
台詞ナレーターラスティーレニアススカーロイが楽しそうにソドー島の田舎を走っている。彼らはこれから急斜面の線路で大事な仕事をしているダンカンを手伝いに行く。機関車達は急斜面の線路で働くのを楽しんでいる。積荷を積んだ貨車が下りて来ると、空っぽの貨車が上がって行く。彼らはこの賢い方法が気に入っている。しかし用心が必要だ。ダンカンは急斜面で働くのが嫌いだ。早く連絡駅に戻りたくてたまらない。それが不注意及び沢山のトラブルを招いた。ラスティーは今日もトラブルが無い事を祈っていた。しかしダンカンは既にセカセカ働いている。」
ダンカン「俺は言うべき事はハッキリ言う。とっとと貨車を集めろ!モタモタするな!」
ナレーターダンカンは走り去っていった。」
レニアス「何だ!威張っちゃって!」
ナレーターレニアスが言った。」
スカーロイ「強引な奴だ!」
ナレーター「彼らはダンカンになんて命令されたくなかった。」
ラスティーは早く連絡駅の雑踏に戻りたいんだろう。」
ナレーターラスティーが言った。ダンカンは皆に大急ぎで働いて欲しかった。」
ダンカン「お前ら、俺を手伝いに来たんだろ!?なのに蝸牛?の様にのろまじゃないか!」
ラスティー「僕らはちゃんとした機関車だ!ルールを守ってやってるだけだよ。」
レニアス「一度に送り出せる貨車は四台までだよ。」
ダンカン「そんなら早く働けい!」
ナレーターダンカンはイラ立っている。その後、ダンカンは急斜面で働いていた。
ダンカン「役に立つ機関車がいかに速く働けるか見せてやる!」
ナレーターダンカンはそう言うと、乱暴に貨車貨車をぶつけた。更にもう一台あっと言う間に四台の貨車が連なった。」
ダンカン「ヘーン!ちょろいもんさ!」
ラスティー「きっと貨車に仕返しされるぞ。彼奴等はぶつけられるのが大嫌いなんだ。」
ダンカン「貨車なんて上手くあしらってやるさ!」
ナレーターダンカンが注意を無視する事は分かっていた。三台はスレートの貨車を注意深く引っ張って行く。ダンカンは益々苛々し、益々不注意になった。」
ダンカン臭いディーゼルクズの蒸気機関車の鼻を明かしてやるぜ!」
ナレーター「彼は機関士に言った。」
ダンカンの機関士「気を付けろよ、トラブルが起きるぞ。」
ナレーター「その通りだった。貨車に連結器が絡まっているのをダンカンは気が付かない。不意に、空っぽの貨車が引っ張られ、ダンカンは線路を登り始めた。」
ダンカン「おいおい、どうなってんだい!?引っ張られてるぞ!」
ナレーターダンカンの機関士が飛び降りた。その時ラスティーが戻ってきて、ダンカンが斜面に引っ張り上げられて行くのを見た。」
ラスティー「だから言ったのに!」
ラスティーの機関士アイツは聞かないよ。」
ナレーターラスティーの機関士が言った。ダンカンを引っ張ってる?はその重みに耐え切れず、遂に千切れた。ダンカンは真っ逆さまに落ちた。」
ダンカン「うわああっ!助けてくれええ!」
ダンカン、泥沼に落ちる。)
ダンカン「うえーっほっ、げほっ、げほー!なっぐぐ…何てこったい!えふっ、えふっ、えふっ、えふっ!」
ナレーター「自分が、馬鹿に思えた。びしょ濡れだ・・・。トップハム・ハット卿がやって来て、ダンカンを厳しく叱った。」
トップハム・ハット卿お前は本当に信用出来ない機関車だな!その気の短さが沢山の混乱や遅れを招いたんだぞ!他の機関車に謝りなさい!」
ダンカン「ごめ~ん…。」
ナレーターダンカンは皆に謝った。」
トップハム・ハット卿「我慢強さと用心深さが身に付く迄、当分ここで働くんだな!」
ダンカン「はい、分かりました…。」
ナレーターダンカンは、しょんぼり。」
英国CVナレーターマイケル・アンジェリス
米国CVナレーターアレック・ボールドウィン
日本CVナレーター森本レオ
スカーロイ麻生智久
レニアス置鮎龍太郎
ラスティー石川英郎
ダンカン田中亮一
トップハム・ハット卿青野武
ラスティーの機関士堀川りょう
ダンカンの機関士小林俊夫
シリーズ前回やくにたつきかんしゃエドワード
シリーズ次回ラスティーのおてがら
参照画像未公開シーン

*1 結果、この名言はこのエピソードから始まる事になる。
*2 読みは『ざっとう』、意味は「人々が大勢集まって混み合う事」。
*3 読みは『ぐず』、意味は「はきはきしない・決断力が鈍い事」。
*4 理由は不明だが、模型の改造の影響だと思われる。