アイテム/【ミスリル系素材】

Last-modified: 2021-01-16 (土) 23:02:44

合成素材の一種。


「ミスリル」とはファンタジー小説の大家トールキンの小説『ホビットの冒険』などに登場するとても貴重な金属。多くのファンタジーRPGにも登場するほどに有名。「銅のように打ち延ばせ、ガラスのように磨ける。銀のような美しさだが、黒ずみ曇ることがない。ドワーフはこれを鋼より強いが軽く鍛えることが出来た」とされる。
 
同じスクエニのファイナルファンタジーシリーズでは回を追うごとに希少性が失われていくという非常に残念な扱いに成り果てているが、KHシリーズにおいては今のところいずれも入手の難しいレア素材として扱われており、その貴重さは失われていないようだ。


KH

ミスリルと下位素材のミスリルのかけらが登場。
共に各地の宝箱から入手できるほか、ベヒーモスがドロップする。
特にミスリルはAPアップなどの素材であり、最強育成を目指すなら欠かせない。

KHFM

上記二つに加え、新たにミスリルのしずくが登場。FM版追加ハートレスのポットスコーピオンから入手できる。
ミスリルはベヒーモスがドロップしなくなり、代わりにミスリルのかけら×5、ミスリルのしずく×1、満たされるしずく×1を使用して合成出来るようになった。
元々それなりに需要はあったが、FM版では加えて上位素材であるダークマターの合成に必要となるためとにかく数が必要となる。おかげで原料になるミスリルのかけらはやミスリルのしずくはとにかく数が不足することになる。とくにミスリルのかけらは本来上位素材のミスリルのしずくよりもよほど不足する。
一応ミスリルのかけらをポットスパイダーや、バレルスパイダーも落とすが、普通の雑魚敵ゆえドロップ率は低く、安定して集められるとは限らない。
ポットスコーピオンは虐殺される運命にあるのは言うまでもない。


基本的にミスリルの大量入手は合成に頼るしかないように修正されたFM版だが、唯一の例外として召喚魔法バンビ」の敵撃破ボーナスだけは残されている。
ただしミスリル系素材が手に入るエンド・オブ・ザ・ワールドで敵を大量撃破できるタイミングは「交じり合う世界」初到達時のハートレス連戦のみと限られている。この連戦はエリアから撤退することで最初からやり直すことができるので、このタイミングで欲しいだけ手に入れてしまうというのも手(ミスリルはもちろん、ミスリルのかけらも大量に入手できる)。
ただしネオシャドウ(吹き荒れるしずく)と戦えなくなるため、この段階での合成コンプリートは出来ない。必要数集めたらちゃんと突破して「最後の休息」までたどり着こう。

KHII

他の合成素材と同じく、かけら、しずく、魔石、結晶がそれぞれ登場。
各地の宝箱から入手できるほか、各種ノーバディが落とすはざま系素材たそがれ系素材を使用して合成できる。
ほぼすべてのアイテムの合成に必要となるため、入手機会が多い割に不足しがちになる。
おかげでノーバディたちが虐殺される運命にあるのは言うまでもない。

KHIIFM

これそのものに大きな変化はないが、たそがれの結晶を落とすソーサラーの出現数が大幅に減少したため、それを原料とする魔石と結晶の入手難易度が大きく上昇した。

Days

ミスリルがオリハルの下位にあたる素材として登場。
一部のミッションの報酬となっている他、ミッション85のビハインドリザードやミッション90のグラウンドアーマーがドロップする。
多くの強力なアクセサリーの素材となる。

χ

KHIIと同じく、かけら、しずく、魔石、結晶が登場。
本作ではキーブレードの強化素材の一種。
主にミッション報酬として手に入る。

χと同じくキーブレードの強化素材として登場。
本作ではミスリルのかけらはクエストのチャレンジ報酬としてのみ入手可能で、ミスリル系素材の中で唯一売却不能。
それ以外の素材は敵がドロップしたり宝箱から入手したりする。
また、毎週月曜にはミスリル系素材が入手できるウィークリークエストが開催される。


ミスリルのかけらはVer3.4.0のアップデートで追加されたモーグリショップで購入できるようになった。

KHIII

本作ではフィールドにある特定のギミックを叩いたり、ある種のオープンワールドとなったグミシップで航行出来る「宙域」において、各座標に点在する青い岩やトレジャースフィアから入手出来るようになったので、IIほどノーバディ狩りに勤しむ必要性は少なくなった。
その分、最序盤から各種防具を揃えることが可能。