Top > ノモンギュ


ノモンギュ

Last-modified: 2019-01-11 (金) 09:40:49

元中日ドラゴンズ・野本圭のこと。

解説 Edit

野本は社会人野球の日本通運時代に「長野久義(現広島)を上回る強打の即戦力外野手」と非常に高い評価を得ており、2人合わせて「打の野本、守の長野」などと呼ばれていた。2008年ドラフトでは、東北楽天ゴールデンイーグルスとの競合の末に中日が1位指名で獲得。この呼び名は当時の同僚である李炳圭にかけて付けられたものである。

しかし、韓国ではレジェンドだが日本ではイマイチだった李炳圭の後を追うように、野本も二軍では無双するも一軍では悲惨な打撃成績を残し、さらに守備難・鈍足・弱肩でもあったため、スタメン起用機会は2012年以降激減。この年からは典型的な二軍の帝王と化し、「終身名誉引退希望選手」等と完全にネタ選手化。中日の著名な選手が引退する度に「野本も一緒に引退しろ」とネタ混じりに言われることも多くなった。

野本引退 Edit

2018年9月26日、浅尾拓也荒木雅博岩瀬仁紀が同日に引退を発表。もちろんこの時も「野本引退しろ」と書き込まれたが、翌日には野本も本当に引退を発表した。なんJでは野本スレが大量に立ちいくつかは完走。同日に発表された広島・天谷宗一郎の引退発表が霞む勢いであった。なお引退後も中日に残り現在はスカウトを務める。

余談 Edit

韓国での李の背番号と野本が2010年~2013年の間付けていた背番号は同じ「9」である。

また、試合速報やキャプチャGIFなどをアップしている、中日ドラゴンズファンとして有名なツイッターユーザー「のもとけ」氏の名前の由来としても知られる。
しかし野本自身の知名度は中日ファン以外には低く、「のもとけは知ってるが野本は知らない」とレスされることもあった。
そして遂にはその知名度のギャップについて選手名鑑にて言及されてしまった

 

i.imgur.com_OPvzQEC.jpg

関連項目 Edit



Tag: 中日