Top > 用語集

用語集

Last-modified: 2017-02-17 (金) 18:15:17

ゲーム内用語の簡単な説明

英数字 Edit

2ndボス
特定のダンジョンを一定回数制覇すると出現するボス。
通常のボス戦と異なり必ず逃げることができるため、全滅せずにアイテムを集められる。
通常ボスのドロップ装備を取得できることも多い。
鉄宝の出るダンジョンでは2ndボスの撃破が出現条件になっている(が未実装?)。
2ndボス鉄宝のメモ
AP
瞑想でBPを割り振ることでのみ上昇する能力。
記念アイテムキャラ特性で用途があることはあるが、他に優先すべきステータスのある瞑想でその出番が回ってくることはほとんどない。
現在の瞑想は自動セーブされなくなっているが、APだけは例外なので注意。
記録.txtで現在値を確認できる。
Ark
建築やアイテムの作成、ダンジョン内SAVEで消費する。
戦闘勝利時稀に入手できるほか、ダンジョン制覇、アーク素子等の使用で入手可能。
AU
ダンジョンの距離。kmと等しい。
現在値≧最大値になるとボス出現ないしダンジョン制覇となる。
落とし穴などで現在値>最大値となった場合移動系アイテムを使うことにより戻ることも可能。
0AU以下では敵や宝箱の出現等が発生しない。
BP
レベルアップで入手し、瞑想で各ステータスに割り振ることができる。
★のシュシュはBP入手量を+1するので早めに入手しておきたい。
EP
一部のアビリティで消費する。
EPが回復しにくいこともあり、EP消費技は強力なものが多い。
誓いMAX、カプセル【99】などで回復する。
Exp
敵撃破時に最大値に達しているとレベルアップする。
攻撃キャラと敵とのレベル差に応じて、0~200程度に入手量が増減する。
Rank0、1のダンジョンではさらに0~10増加する。
現在値は枯れ木でのみ減少する。
EXエネミー
各ダンジョンで稀に出現し、ボスと同等かそれ以上の強さを持つ。
ボス同様、撃破すると固定装備をドロップする(一部除く)。
制覇回数に比例して能力も上昇するが、必ず逃げることができる。
鉄宝の出るダンジョンではEXエネミーの10回以上撃破が出現条件になっている。
Exエネミー鉄宝のメモ
Hi-Score
うさくまちゃんで消費する。
それ以外に使い道はないので、うさくまちゃんを利用しなければただの高得点となる。
JP
マーラーワットでジョブチェンジする際に消費する。
戦闘勝利時稀に入手する以外で増加しないため、意識してためようとしても時間が掛かる。
★のリボンで入手量が増加する。
Lv
このゲームにおいては様々な判定に使用されるステータス。
その一つが敵のLvで、序盤無闇に上げるとなかなか苦労する。
先頭キャラのLvは特に重要で、ダンジョンの出現条件、道具屋の値段、装備屋の品揃え等に影響する。
99になると一旦上昇は止まるが、特定のダンジョンで制限を解除することができる。
敵撃破時、Expが最大値に達していると上昇する。
アイテムでも増減するが、ステータスは変化しない。なお、アイテムではLv制限を超えた上昇が可能。
敵のみ、<約>やサンタクララ薬等で復活するとLvが半減する。
先頭キャラのメモ
Miss
悲しみの値に応じて発生し、攻撃ダメージが0になる。
悲しみが多いほど発生しやすい(最大1/5)。
PTB
パーティーバトル。
他のPlayerが編成したパーティーとオフラインで戦闘を楽しむためのシステムだが、自分の編成したパーティーとも勿論戦闘可能。
あえて弱いパーティーを組み、付随スキルの上昇や精霊の成長に使用することもできる。
僕と君の狭間
Rank
主に難易度の指標となる。
敵Lv、出現ジョブ、一度に出現する敵の数、アイテムのレア度、宝箱の出現率、鍵付き宝箱、トラップLv等に影響する。
また高Rankになるほどお腹が減りやすくキャンプの出現率も減少するため、道中の安全性が低下する。
一定Rank以上のダンジョンでしか発生しないイベントも存在する。
RP
一部のアビリティで消費する。
誓いMAXで回復するなど、EPやXPと似たような存在。
Score
敵撃破やジョブLv上昇時、コンボ数に応じて増加する。
ダンジョン脱出時ダンジョンポイントに加算されるほか、Hi-Scoreはうさくまちゃんで使用することができる。
ダンジョン内でSAVEしそのまま終了すると0になる。
SP
一部のアビリティで消費する。画面上には表示されない。
戦闘開始時に1回復するが最大値も1なので、SP消費技は基本的に一戦闘で一回のみの使用となる。
回復手段はダーク・メディスン等に限られる。
TP
一部のアビリティで消費する。
攻撃を受けると1回復するほか、装備やアビリティで回復させることが可能。
戦闘終了、死亡で0になる(味方のみ)。
XP
一部のアビリティで消費する。
誓いMAXで回復するなど、EPやRPと似たような存在。

あ行 Edit

アイテムチェーン
開けるときにアイテムの入手が連鎖すること。
“発動+○”とは発動率が上がるだけで連鎖数が+されるわけではない。
低Rankダンジョンではアイテムチェーンの上昇効果を実感しにくいが、高Rankの鍵箱を開けたときにその真価を発揮する。
うさくまちゃん
Hi-Scoreが4000程度以上あるとき、Rank1以上のダンジョンで出現するお助け(?)キャラ。
Hi-Scoreと引き換えに有用なアイテムを手に入れられるが、大きすぎるデメリットのために活用できるのはごく短期間となる。
うさくまちゃん
アールエス最長のダンジョン。その一方で様々なExアイテムがあり、侵入の目的によって全く違う顔を見せる。
踏破するとなると距離も必要な時間も他のダンジョンとは桁違い。
アイテムでしかセーブできないうえ、奥になるほどRankが上がり、比例して強敵や不測の事態と出会う可能性が高くなる。
奈落行きの強制セーブや、アイテム禁止ルール時のおもちゃ箱から次元転換α詰んだとなれば、まさに鬱。
クリアしたなら立派に廃人と言える。目標を立てるなら気をつけよう。
落とし穴
Rank5以上のダンジョンで出現し、無視すると±99AU移動するほか、時々ダメージを受ける。
稀に奈落へ落ちる。奈落でさらに落ちると稀に霊界へ。
エンエンの館で出現する落とし穴は前に移動する効果しか発生しない。
-穴んぽこ-で出現率が上昇する。
お腹
多いとHP・MPが回復するが、0になると毎ターン全ステータスが10%減少する。
また親密度による支援や共同発動技の発生率に影響する。
特に加勢・援護はお腹が少ないと全く発生しない。
ダンジョン内の移動や戦闘で減少するほか、悲しみMAXで歩いているとあっという間に0になるため、戦力が整わないうちは注意が必要。
黒地域や地球塔内部では低Rankでも減少しやすい。
お腹のメモ
怨霊
怨霊(霊術)攻撃ダメージの元となる数値で、-怨霊使い-をセットすると表示されるようになる。
-怨霊使い-を外しても怨霊値は0にならないが、毎ターン5%減少する。
味方のみ、死亡で半減する。

か行 Edit

悲しみ
少ないことによるメリットは特にないが、多いとMissが発生したり被ダメージが上昇したりする。
ダンジョン内を移動すると上昇し、99%を超えるとHP・MPの減少に加えお腹が必ず減少する。
誓いMAXで50%、死亡で10%減少する。
キャンプや小説系アイテムで回復する。
悲しみのメモ
期間限定品
道具屋で通常商品と共に売られている。
EX以外の建築に必要なアイテムもここに並ぶことがある。
合成に使う材料など、必要な数が揃うまであえて建築せずに期間限定品から購入する方法もある。
キャンプ
HP、MPが最大値の50%、悲しみが10程度回復し、稀にお腹も1回復する。
稀に寝込みを襲われ、回復しないどころか<眠>状態で戦うことになる。
低Rankほど出現しやすい。
クオリティ
アイテムを作成したとき余分に入手できる最大値で、同一アイテムを10回作成すると1上昇する。
よって、製造可能数が11以上のアイテムは製造可能数より多く入手できる可能性がある。
余分に入手できる確率はスキル上昇より低めで、クオリティの値によらず一定。
クリティカル
絶対ダメージ以外の攻撃で発生し、ダメージを倍増させる。
装備やアビリティで発生するものもあり、重なればダメージが飛躍的に上昇する。
コンボ
主にScoreの算出に使用される。
またコンボが上がるとダメージが上昇し(最大200コンボ=+100%)、入手金もいくらか増える。
敵を倒すと1増加するが、復活させてもう一度倒しても増加しない。
戻る、味方の死亡、トラップ・木・発掘・湖を無視したとき数%減少する。
逃げる、ダンジョン脱出、ロードで1になる。
コンボのメモ

さ行 Edit

財宝
各ダンジョンで稀に出現し、装備などを入手できる。
開けるには<EX>鍵が必要で、敵が稀に所持している。
財宝リスト
自動セーブ
建築や投与を始め、いくつかの場面では自動で(あるいは強制的に)セーブされる。
そう困るものでもないが、うさくまちゃん利用時にも発生することがあるため注意が必要。
落とし穴で奈落霊界に落ちたときも自動セーブされる。
熟練度
アビリティを使用することで上昇し、一部アビリティでは威力や効果が上昇する。
盗むラーンでは成功率にかかわる重要な要素の一つ。
ジョブLv
5、10、15、20でアビリティを習得する。また段階的に上昇しにくくなる。
アイテムで19まで上げられるほか、20から19に下げることもできる。
これにより、既にマスターしたジョブに新たなアビリティが実装されても問題なく習得することが可能となっている。
ジョブ特性
トリックアビリティと異なり、そのジョブの間必ず得られる効果。
特定の攻撃に反撃したりダメージを無効化したりと便利なものから、ゾンビ特性のような一風変わったものも存在する。
地雷
一部ダンジョンで出現し、味方全員が大ダメージを受ける。
回避手段はないが、-トラップガーダ-をセットすることでダメージを抑えられる。
親密度
パーティ内キャラとの値が一定以上のとき、戦闘中様々な恩恵を受けられる。
親密度
死亡
HPが0になり、行動できない状態。
味方のみTP=0、悲しみ-10%、怨霊-50%になり、コンボが数%減少する。
敵に倒された場合は精霊の奪取や消滅が発生する。
死亡キャラのスキルや装備の効果は発動しない。
ダンジョンを脱出するとHP1で復活する。
スキル(キャラクター)
学粛の杖等を使用することで各キャラに付随される。
一度付随すれば戦闘で上昇していくため、1キャラに2回以上使用する必要はない。
装備やトリックアビリティなどの倍率が掛かるため、主要ステータスと同程度の影響力がある。
上限値はLv49で30、Lv99で60となり、以降100Lvごとに30上昇する(最大180)。
既に上限に達していると、上昇したと表示されても実際は変化していない。
アイテムでLvを下げて上限値が下がると、超過した現在値は減少して戻らない。
攻撃
スキル(秘美研究所)
造材や合成でアイテムを作成したとき、その種別に応じたスキルが一定の確率で上昇する。
上限は作成するアイテムの値段で決まり(買値/500(切捨て)+6)、上限に近づくほど上昇する確率が下がる。
逆に上限と差があれば高確率で上昇する。
アイテム作成画面でクオリティの横に(スキルUP)とあれば作成時に上昇する可能性があるが、<矢><銃弾>等、対応するスキルがないものにも表示される。
ストーリークリア
50話に到達し、スタッフロールを見ること。
アールエスにおいてはここからがスタートといっても過言ではない。
制覇回数
文字通りダンジョンを制覇した回数。
増加するほどEXエネミーも強力になる。
一部ダンジョンでは一定回数制覇することで2ndボスが出現する。
精霊
数値が上がるほどダメージも上がるが、攻撃の度に減少する。
またHP回復など様々な効果を得られる。
精霊固定OFFの状態で敵を倒し、こちらの精霊値のほうが低いとき相手の精霊を奪うことができる。
逆に精霊値の低い敵に倒されると奪われ、奪われなかった場合も一定の確率で消滅してしまう。
非戦闘時に死亡した場合も同様に消滅することがある。
精霊
精霊ボンバー
セカンドチャンス燃える脳を使用して精霊を一気に上げ、高火力で敵を倒すこと。
ボス戦が単調になるのを嫌い、縛りとして使用しない人もいる。
昔に比べ精霊の上限値が下がったためそこまでの威力ではなくなった。
絶対ダメージ
共同発動技などで発生し、ガードやクリティカルが起こらず、防御攻撃を除き反撃を受けない。
攻撃
全滅
再構成トンネル見知らぬ海岸僕と君の狭間(PTB)以外のダンジョンでは、全滅するとアイテム5種(最大9個)、所持金の10%を失う。
ボスのドロップ装備を複数集めるには避けて通れない道である。
貴重なアイテムでも問答無用で失うため、わざと全滅するときは要注意。
属性
<光><闇><火><水><無>の5種類。
無効化やダメージの増減等様々なメリット・デメリットがある。
ルインピアーのみ、ゲーム開始時にランダムで決定される。
無効化の多い<光>が好まれ、クロイツローブで物理攻撃を無効化される<無>は敬遠される傾向にある。
属性
ゾンビ亜衣
ゾンビ-易箸-をセットして占星術を使う亜衣のこと。
ゾンビのジョブ特性タッチと専用ジョブのスキル-易箸-の相性が抜群で、高火力にもかかわらず相手の能力値や強化ステータスにほとんど左右されない。
もっとも、使用できるようになるのはかなり遅い。
ゾンビ特性
ゾンビネクロマンサーのジョブ特性。HP回復効果が逆にダメージになる。
といっても全く回復できないわけではなく、その判定は少々複雑。
ゾンビ特性

た・な行 Edit

ダンジョンポイント
ダンジョン脱出時のScoreがそのままダンジョンポイントに加算され、3000ptを超えるとアイテム入手支援等に割り振れるようになる。
その他のTips
誓い
ターンが回ってくる度に1上昇し、99になるとHP・MP・TP・EP・XP・RPが全回復、悲しみ半減、全ステータス+(Lv/10+1)。
追加攻撃
-二刀流-等で発生する、威力1/2の絶対ダメージ。
召喚ペットや<吸収>等で通常攻撃が防がれても、追加攻撃のダメージは与えることができる。
クロイツベルツクロイツリング等で威力が大幅に上昇する。
画面右下に表示され、常月→魔月→幻月→河月→無月→天月→冥月→常月と変化する。
ダンジョン内を1歩移動するとおよそ2/3の確率で1日経過し、先頭キャラのLv+500日で月が変わる。
投与採取養殖は月に一度しか利用できない。
月によって各種攻撃の威力が変動する。また経営する店には定休月がある。
魔月には美人コンテストが開催される。
月影響のメモ
鉄宝
一部のダンジョンでEXエネミー10回以上撃破後出現するようになる。(鉄宝のメモ記述内にある「2ndボス撃破」は無関係。)
開けるには不思議な鉄の鍵が必要で、出現率は財宝と秘宝の中間程度。
鉄宝のメモ鉄箱リスト
トラップ
無視するか解除に失敗するとダメージを受ける。
Lv2以上の解除には対応した鍵が必要だが、成功すると稀にを入手できる。
装備やアビリティを組み合わせることでアイテムの入手源にもなる。
オシラさまでのみ上昇するまさに謎のステータス。
未だにその効果は解明されていない。

は行 Edit

反撃
物理反撃は威力50%の物理攻撃、それ以外の反撃は絶対ダメージになる。
美人コンテスト
ラストリゾートを2回クリアすると発生するようになるイベント。
魔月から開催され、ルックスを競う。
上位を総ナメにすれば一度に21万円を手に入れることができる。
美人コンテスト
秘宝
各地の秘宝伝説を合成することで、秘宝と秘宝の鍵が出現するようになる。
出現率は非常に低く、財宝の1/10程度とも言われる。
入手しにくい分、得られる装備は強力なものが多い。
秘宝リスト
フィギュア
ダンジョン内で使用すると、フィギュアとの戦闘になる。
戦闘に勝利することで次元の館から侵入できるダンジョンが増える。
Doll Battle
フォーチューンクッキー
リアルの運+1。
とされているが、各プレイヤーの運がそもそもランダムなため本当に効果があるのかは不明。
フォーチューンクッキー
暴走装備
閻魔卍腰巻を始め、暴走時に効果のある装備を一括りにしてこう呼ぶ。
入手できるのはほとんどがヘル登場以降だが、その倍率と全体追加攻撃で雑魚掃討に威力を発揮する。
レベル上げに使用されることも多い。
ボスクラス
ボスやEXエネミーが属するクラス(お供は基本的に含まれない)。
一部の弱体効果等を無効化する。
お腹が0にならないため、何ターン待っても空腹で弱体化しない。
盗むの成功率が1%になるが、所持アイテムは必ずドロップする。
属性(ボスクラス無効一覧)

ま・や・ら行 Edit

妄想○○
EPの回復する妄想の指輪でEP技を連発すること。
回復技のユグドラシルや絶対ダメージのVBS(VAMPARE BLOODY STAR)が主に挙げられる。
友情スネイク
コストの低いスネイク友情の腕輪を組み合わせた攻撃。
友情の腕輪は親密度依存の追加攻撃なので、ステータスに左右されず使用することができる。
ランダムダンジョン
101AU以上のダンジョンを制覇すると稀に出現する。
ランダムダンジョンから脱出したときは勿論、ロードしても消えてしまう。
ルックス
美人コンテストではこれで順位が決まる。
シックのアビリティやキャラ特性にも影響するが、一部のアビリティでは効果が削除されてしまった。
レア度
アイテムの価値を表し、値段に比例する。
高Rankのダンジョンほどレア度の高いアイテムが出やすい。
また-トレジャーラック--メモラック-でも入手アイテムのレア度を上げることができる。

記号 Edit

+ダメージ
ライダーベルト精霊の蒼き炎宇宙等で加算されるダメージ。
ジョブ特性や強化ステータスで無効化されないため、安定してダメージを与えられる。
攻撃
-トラップガーダ-
セットしたキャラへのトラップダメージ無効、および後半のダンジョンで登場する地雷のダメージを半減する便利なアビリティ。
……なのだが、ガーダという言葉に馴染みのないせいかガーダーやガーターと読む人が続出している。
星屑の館で有用な装備と交換することができる。
Lv2以上のトラップを解除するのが主な入手手段となる。