はじまりの塔(魔道杯)

Last-modified: 2020-02-04 (火) 21:48:45

2020年1月24日から27日まで開催された「大魔道杯 in はじまりの塔」の報酬精霊です。



フォーミュ(CV:柳原かなこ)

場面セリフ
精霊表示「フィニーーーッシュ!」
トーク「レリッシュさんとフィニッシュ、響きが似てますよね?これは運命です!」
バトル開始1「最高に高まったレースクイーン力、見せてあげます!」
バトル開始2「プロには出せないアマチュアの熱意、見せてあげます!」
クイズ正解1「アクセル全開!」
クイズ正解2「鋭いコーナリングです!」
クイズ正解3「素晴らしいラップタイムです!」
被ダメージ1「そんな!」
被ダメージ2「マシンにダメージ!?」
被ダメージ3「アマチュアだからって…」
一定ターン経過「落ち着いてください。レースは焦った人から脱落していくものですよ」
スペシャルスキル発動「さあ、スピードビーストレリッシュさんのラップタイムは!?」
スペシャルスキル発動2「高速のプリンスレリッシュさん!今最後のコーナーを曲がりました!」
レジェンドモード「チェッカーフラッグの準備はばっちり!さあ、いつでもゴールしてください!」
バトル勝利1「ニューレコードですよ!」
バトル勝利2「聞いてください。この大歓声!」
クエストクリア「次のレースへゴーゴー」
助っ人登場「レースクイーンとまでは言いません!レースプリンセスくらいですよ私は」
戦闘不能「レースクイーンっぽい人の応援が、届かないなんて…」
ゲームオーバー「やっぱ、本職には勝てないのかな…」
コンティニュー「レースクイーンっぽいのは、服装だけじゃありませんからね!」
契約深化ボイス1「今日もフィニーーーッシュ!そして、ネクストレース!」
契約深化ボイス2「朝からゴール!でも、オンユアマーク!」
契約深化ボイス3「今日もエーーーンド!アーンド、スタートユアエンジーーンズ!」
契約深化ボイス4「レリッシュさんには、いくつも伝説があるんですよ。ガソリンを産湯にして生まれたとか」
契約深化ボイス5「レリッシュさんが生まれて、最初に口にした言葉は『ママ、スリルが足りない』だそうです!」
契約深化ボイス6「昔、シェルにも暴走族がいたんですけど、レリッシュさんに全員ブチ抜かれて、解散したんですよ!それが、生まれて初めて乗った、三輪車での出来事だそうです!」
契約深化ボイス7「私のこの香水、大量のレリッシュさんファンが希望して作られたものなんですよ。使ってみますか?イグゾーストフレグランス!」
契約深化達成「今レリッシュさんが、伝説は全部デマです、って言ってました。絶対謙遜ですよね!?奥ゆかしいところも最高です!」

タカシ(CV:石黒史剛)

場面セリフ
精霊表示「面接に来ましたー。あ、いや。素で入っちゃった」
トーク「御社より漂う闇の香りに導かれ、我深遠より罷り出たり。今汝に告げよう!我が名は…タカシ…!」
バトル開始1「経歴欄の下にあるのは只の空白ではない。無限の可能性だ!」
バトル開始2「趣味は読書と映画鑑賞。持っている資格は……なしだ」
クイズ正解1「昼シフト希望です」
クイズ正解2「残業はしたくないです」
クイズ正解3「休日出勤は考えていません」
被ダメージ1「この半年の空白期間は…別に何も…!」
被ダメージ2「はい、バイト歴も…無いです」
被ダメージ3「…っ、志望、動機…?」
一定ターン経過「面接長い企業って会議とかも無駄に長いんだろうなぁって想像して、テンション下がるなあ」
スペシャルスキル発動「へへへっ。面接で社長令嬢に見初められて、次期社長の座が約束されるとはなあ。しかも、ライバル会社の社長令嬢もみんな俺に惚れてるじゃん。無双過ぎる」
スペシャルスキル発動2(スペシャルスキル発動ボイスに同じ)
レジェンドモード「この闇色の脳細胞の中には、既に全ての答が見えているぞ」
バトル勝利1「採用の連絡を待つ。フハハハハハッハッハッ!」
バトル勝利2「闇が怖ければ落とすがいい」
クエストクリア「よっし。切換えてこう」
助っ人登場「この前おばあちゃん()に行った時によく確認してみたのだが、確かに闇の香りがした。あっ、始業時間か。入りまーす」
戦闘不能「ふっ、不採用!?『アットホームな職場です』と書いていたのに!」
ゲームオーバー「フッフッフッ。安心しろ、闇の化身(ゆえ)お祈りメールは効かん。……はぁ。」
コンティニュー「えっ、間違い電話? …フハハハハハ、解っていたぞ」
契約深化ボイス1「昼飯はランチタイムぎりぎりを狙うといい。安いし空いているからなあ。だが偶に『ギリギリに来るなよ、どんなとこで働いているんだよ?』という顔をする店もあるからな気をつけろ?思ったより傷つく」
契約深化ボイス2「特に用事はなくても、朝は清潔な服装で駅の辺りを歩いておくといい。ちゃんと働いていると思われるからな」
契約深化ボイス3「夜か。確かにこの時間になると、パンや惣菜に半額シールが付いてお得だ。だがやはり、出来立ての方が美味い。To Be or Not to Beという奴だな」
契約深化ボイス4「『名字が読めない』とよく言われるが、安心するがいい。自分でも偶に漢字を間違える」
契約深化ボイス5「この名字、実家の辺りでは割とよくあるものらしい。道端で呼んだら周囲の人間が全部振り向くとか。『田舎あるある』だ」
契約深化ボイス6「このバッグは我がまだ幼い頃、母が作ってくれた物だ。見た目より物が沢山入って使いやすい。欲しいか?フッフッフッ、やらん」
契約深化ボイス7「正直、働きたいか働きたくないかで言えば、働きたくない。家で無料のWeb小説とか読んでいたい。そんな気持ちを押し隠して『働きたいです!』という顔をして面接しなくちゃいけないんだから、この世界は間違っていると思う」
契約深化達成「名字の読み方が知りたいか?これは『うし』……あ、ハカマダさん、チース。昼飯?ゴチになりまーす」
登場(BOSS)「我はタカシ!時給分は働く闇の怪人なり!」
行動時(BOSS)「闇を恐れるな」
ダメージ(BOSS)「待って!本当に痛い!」
撃破(BOSS)「あの、こういう仕事があるって、面接の時に説明してました?してないですよね?ちょっと電話していいですか?どこにとは言えないですけど」

ワタシロイド(CV:松村夏紀)

場面セリフ
精霊表示「私をマネジメントしなくちゃいけないなんて大変ですね」
トーク「このキーボードを使って喋らせたい言葉を入力してくださいそうすればワタシロイドが喋ります。ミナサンハジメマシテ、ヨロシクオネガイモウシアゲマス」
バトル開始1「市営バスでのバスツアーなので普通のお客さんが乗ってきますね」
バトル開始2「バスツアーハ、ワクワク、ドキドキ」
クイズ正解1「ラーララララー♪」
クイズ正解2「ツギ、トマリマス」
クイズ正解3「ファンの皆さんは喜んでいるでしょうか」
被ダメージ1「トチュウゲシャ、シナイデー!」
被ダメージ2「私が途中下車したいです」
被ダメージ3「ハワワワワー」
一定ターン経過「私は感情表現が苦手なだけで感情自体はあるんですよ内面は割とキラキラ乙女みたいな感じですいつか伝えてみたいものですね」
スペシャルスキル発動「コノフリツケ、カワイイデショー?」
スペシャルスキル発動2「こう見えてダンスは得意なんですよちょっと披露しますねどうですかこのキレ」
レジェンドモード「バスノナカデ、オドッチャウヨー!」
バトル勝利1「終点の工業団地までもう少しですね旅の終わりは切ないです」
バトル勝利2「コウギョウダンチハマダカナー?」
クエストクリア「コウギョウダンチダヨー!」
助っ人登場「ワタシロイドノ、ワクワクバスツアー!」
戦闘不能「あっ警察がバスを止めましたね」
ゲームオーバー「マネージャーどうしましょうこれ新手のバスジャックだと思われてますよ」
コンティニュー「ちゃんと市の許可を取っているなんてさすがマネージャーですね」
契約深化ボイス1「アイドルハ、イソガシー!」
契約深化ボイス2「アサカラゲンキナ、ワタシロイドダヨー!」
契約深化ボイス3「夜になるといろいろ悩んでしまいますねアイドルの方向性とか方向性とか方向性とか」
契約深化ボイス4「私生まれつき感情表現が苦手なタイプで産声もすごくフラットだったと母から聞いています。フラットな産声ってどんなのでしょうね。……おぎゃー」
契約深化ボイス5「ワタシノモチウタ、ディスコミニュケーション・ディスコハ、スレチガウココロヲウタッタ、トッテモセツナイウタナンダー!」
契約深化ボイス6「バスツアーのその後ですか?あれは工業団地行きの市営バスだったのでそのまま工業団地に行きましたよ。私たちは工業団地に行ったそれ以上でもそれ以下でもないです」
契約深化ボイス7「このカードにサインを書けばいいんですね。ファンのためなら何千枚でも何万枚でも書きますよ。少しでも感謝の気持ちが伝わるようにに心を込めてサインします。…あ、ありがとう、って」
契約深化達成「いつかトップアイドルになれたら全国の市営バスでバスツアーをやりたいですね」