【ともしびこぞう】

Last-modified: 2020-10-31 (土) 10:06:55

概要

DQ5などに登場する赤紫色の蝋燭のモンスター。
色違いには【おばけキャンドル】【キラートーチ】【ダークキャンドル】がいる。

DQ5

生息地は青年時代の【サンタローズの洞窟】の1階と地下2階。青年時代前半のみ【レヌール城】周辺にも出る。
儚そうな名前の割には戦闘力はあるが、強いというほどのものでもない。
幼年時代に登場した下位種のおばけキャンドルとほぼ同じ行動パターンで、違いは逃げることがある点と地味に集中攻撃をしてくるという点。
攻撃呪文が今更【メラ】というのがヒドい。印象通りではあるがせめて【ギラ】ぐらい使えたらまだ記憶にも残っただろうが…。
ただし、この時点では仲間になったばかりのモンスターがまだHPが低い(例えばスライムはHP8)ことが多いので、うっかりそれを馬車の外に出しっぱなしにすると、たかがメラでも危ない。
ちなみにサンタローズの洞窟の違う階層で出てくるメタルスライムもメラを唱える。
 
呪文を使うのであれば、ヒャド系、バギ系が確実。【ラリホー】【ニフラム】も効くが、わざわざ使う程の敵でもない。
 
場所的にあまり会わない上に仲間にもならず、印象にも残らない。さらにおばけキャンドルの存在が重~くのし掛かる。やつは汚名を着せられながらも系統代表としてモンスターズにも出演、他方こいつは……というわけで知名度もまさに灯火。
かのマイナーモンスタースレのスレタイにもついに選ばれることは無かった、真のマイナーモンスターである。
 
ドロップアイテムも下位種と同じ【ブロンズナイフ】で、落とす確率まで同じ。

DQ7(リメイク版)

【トクベツなモンスター】として再登場。
公式配信石版【ドキドキのパーティ】【天空のまものたち】で戦うことが出来る。
性能はDQ5の時と同じで、相変わらずメラを使う。
ステータスは高くないので割りと低いレベルでも倒せるだろう。

DQ10

20年ぶりに再登場。
【フォース】を使うようになったが、大して強くなくレベル上げの対象にされた。
詳しくはこちらを参照。

DQウォーク

ストーリー3章5話~8話でフィールドに登場。下位種のおばけキャンドルと違って夜限定ではないが、あまり見かけないモンスター。
やはりメラのみを使う。このメラは絶対に狙った1人にしか撃たないという思考を持っている。
 
こころは紫色でコストは39。
MPと攻撃魔力に優れ、高グレードのものはメラ・ヒャド系の呪文ダメージを強化し、封印や幻惑に耐性がつく。
グレードSで【メラ】を覚える。