Top > 【サンタローズの洞窟】


【サンタローズの洞窟】

Last-modified: 2019-09-13 (金) 23:17:38

DQ5 Edit

【サンタローズ】の村に流れる川の上流に口を開けた【洞窟】で、幼少時代と青年時代前半の2度訪れる事になる。
徒歩で行ける浅部エリアと、川の東岸にある小舟を使わないと入れない深部エリアに分かれており、壁の色が異なる。
なお、浅部エリアに限り、移動中は馬車のメンバーの呪文やアイテムを使え、馬車メンバーにも経験値が入る。
リメイク版では、小舟が筏に変更された他、洞窟内全エリアで馬車とのやり取りができなくなった。
また、かつては宝石が採掘できたという設定が加えられた。

幼年時代 Edit

【パパス】がある目的のために小舟に乗ってこの洞窟に入っていくが、小舟を管理しているおじいさんが主人公は乗らせてくれないため歩いて入ることになる。
ここに入る前に、村の中で【かわのぼうし】【やくそう】を回収しておこう。
また、手持ちの金で【たけのやり】を購入してから入るとかなり戦闘が楽になる。戦闘に自信のない人は買っておこう。
戦闘に自信があるなら、【ひのきのぼう】のままでも何とかなる。
 
この時点でやくそうが3個(リメイク版では6個)手元にあり、洞窟内にもさらに1個あるため、よほど無駄な使い方をしなければ、そのまま奥まで探索できるだろう。
しかも出現モンスターほぼ全員がそれなりの確率で薬草を落とすので、コンスタントに追加調達できる。
だが地下1階以降には【痛恨の一撃】を繰り出す【おおきづち】が出現するようになるため、事故死のリスクが跳ね上がる。
運悪くダメージを受けすぎて薬草が尽きそうになったら、一度自宅に帰って休むぐらいの慎重さは必要。
 
入り口に立っている戦士は「迷子になってもおじさんは知らないぞ」と警告するものの、もしもの際には何だかんだ救助してくれる。
全滅した場合は入口まで彼が運んでくれる上に「一応のケガの手当て」をしてくれる。
しかし回復量は本当に「一応」である(HPが最大値の1/4まで戻るという特殊な処理がなされる)。
もちろん所持金もきっちり半分になるので、決して無理はしないようにしたい。
 
最初からフィールドを自由に歩けないDQ5においては、このダンジョンが最初の【レベル上げ】場所となる。
次の【アルカパ】編では敵の強さがワンランク上がるので、この洞窟の中でせめて【ホイミ】を覚えるぐらいまではレベルを上げておいた方がいいだろう。
奥には【たびびとのふく】【かわのたて】が落ちており、これらを装備することで、洞窟内の【おおきづち】を除くモンスターからは、ほとんどダメージを受けなくなる。
サンタローズでは防具が購入できないので、必ず回収しておくべきだろう。
ただし旅人の服は青年時代になると追加入手できなくなるため、アイテムコンプリートにこだわる人は、SFC版では敢えて取らずに道具枠に余裕を持たせた方がいいかもしれない。
リメイク版では袋があるので普通に全部回収してしまっていい。
また、後述の通り、青年時代になるとモンスターのラインナップが変わってしまうので、【モンスターボックス】【モンスターずかん】)に登録するためにも、【とげぼうず】【せみもぐら】はそれぞれ最低1匹は倒しておきたい。
 
地下2階では薬屋のおじさんが【岩】の下敷きになっており、彼を助けるために来ることになる。
リメイク版では特定の条件(【サンタローズのいし】を入手して村人から「この洞窟で宝石が取れた」という話を聞く)を満たしていると、救出後にその岩を調べることで【せいなるげんせき】を入手できる。
DS版以降の英語版ではこの薬屋のオヤジにMr Rockefellerという名前が付いている。
 
なお、その後もサンタローズに戻ってくるたびにここへ入ることはできるが、【はるかぜのフルート】をポワンに渡すと、青年時代まで入れなくなる。
妖精の世界クリア前の状態では【ベラ】を連れてここに来ることも可能だが、この時のベラは非戦闘型NPCなのでここのモンスターと戦わせることはできない。
…なのだが、妖精の世界クリア前の状態でここで全滅すると何故か自宅のベッドで目覚め、存在しないはずのベラをパーティから消そうとしてバグキャラが加入してしまうという問題が発生する。

青年時代以降 Edit

青年時代で最初に入ることになるダンジョンも、ストーリー上はここである。
 
幼年時代と違って、舟に乗れるようになっているので、深部エリアまで行くことができる。
出現モンスターは幼年時代から変更されているが、幼年時代に入れるフロアと舟経由でしか入れないフロアでもそれぞれ出現モンスターは異なっている。
唯一【スライム】だけは時代関係なく出現する。
SFC版ではそもそもここを攻略しなくてもクリア可能で、序盤にスルーして、味方が強くなってから来ることも可能。
村の中にある都合上、【ヘンリー】などの人間キャラがいると強制出撃になるため、仲間モンスターメインで進めたい場合は、少なくとも【ニセたいこう】撃破後に来る必要がある。
いずれにせよ、そこそこ長丁場のダンジョンなので、できるだけ強力な仲間モンスターを勧誘して、戦力を整えてから入るのがいいだろう。
 
途中には地面を踏むことでその下のフロアの水たまりを埋める仕掛けがあり、これによって【やみのランプ】を入手可能。
最下層になるとSFC版のみ音楽が変わり、パパスが主人公に宛てた【パパスのてがみ】とともに伝説の武具・【てんくうのつるぎ】が安置されている。
ここでパパスが何の目的で旅をしていたのか、そして主人公が後を継いでやるべきことを知ることになる。
 
リメイク版ではここで天空の剣を入手するまで【ラインハットの関所】を通れないようになり、青年時代の最初に攻略するのが必須になった。
ラインハットに行けずとも、ラインハット周辺~神の塔のモンスターを仲間に加えるのは可能だが、ラインハットの武器屋が利用できないので注意が必要。
特に【ドラゴンキッズ】【エビルアップル】【いしのキバ】がこの時点の最強装備になってしまう。
まだヘンリーがパーティにいるタイミングだが、モンスターオンリーのパーティでも潜れるようになった(正確にはサンタローズの村にモンスターだけで入れるようになった)ので、連れて行かない選択肢もありえる。
ただし、主人公をパーティの先頭にしておかないと天空の剣を引き抜けない謎仕様になったため、主人公抜きで攻略はできない。
 
ここに出現する【ガメゴン】は高確率でまもりのたねを落とすため、やり込みプレイヤーたちによく乱獲される。
また、【5強】の一角たる【メタルスライム】の出現率が高めだったり、最終的に【くさったしたい】はここにしか出てこなくなったりするため、仲間モンスターコンプを狙う場合は、その2体(SFC版は後者のみ)の勧誘目的で訪れることにもなるだろう。
しかしリメイク版では、「もうサンタローズには来るまい」と心に決めていたにも関わらず、【くちぶえ】要員として何度もここに連れて来られる【サンチョ】が不憫である。