Top > 【やいばのブーメラン】


【やいばのブーメラン】

Last-modified: 2019-09-20 (金) 21:26:48

概要 Edit

DQ5以降とリメイク版DQ3に登場する武器。刃のブーメラン。
全体攻撃ができる【ブーメラン】の一種で、角が鋭利な刃になっている。
普通に考えるとこんな武器を素手でキャッチはできそうにないだろう。下手したら指どころか腕や首すら吹き飛んでしまう。
実際にドラクエ4コマネタでも一部でネタにされ、スライムが器用に口でキャッチしたと思ったら口の部分が切れ込みで広がっていたこともあった。
こういった指摘を受けた影響か、後年では同系統のデザインのブーメランと共に持ち手が設けられているが、結局刃が戻ってくる時点で自分も危ないことには変わりがない。
戻って来るときに都合よく持ち手が自分の側に向いてくれる造りにでもなっているのだろうが、よくぞこんな代物を市販したものだ。

DQ3(リメイク版) Edit

攻撃力24。売却額900G。
【勇者】【魔法使い】【商人】【遊び人】【盗賊】が装備可能。
 
【ちいさなメダル】20枚の景品。
すごろく場を完璧にこなしても最速入手には【まほうのカギ】が必須。
やや入手時期が悪く、ずっと早くに購入できる【チェーンクロス】よりも攻撃力が低い上、【ポルトガ】にはより強力な【はがねのムチ】が売られている。
 
とはいえ全体攻撃というのは別格に便利であり、力が高い勇者に使わせれば素の攻撃力の低さを十分補える。
上位の【ほのおのブーメラン】は船を入手した上ですごろく場のよろず屋に行かないと購入できないため、全体攻撃の便利さを重視する人は長いことお世話になるだろう。

ガラケー版以降 Edit

一品物なのは変わらないが、メダル15枚で入手できるようになった。
メダルを欠かさず集めていれば【イシス】到着時点で入手できるため、難敵揃いの【ピラミッド】攻略で大いに活用できる。

DQ5 Edit

初登場。攻撃力25。販売価格1500G。売却額1125G。リメイク版での売却額は750G。
【主人公】【男の子】【装備グループ】B、H、K、Lが装備可能。 
【オラクルベリー】等で市販されている。
 
【主人公】だけで無く、【スライム】【ばくだんベビー】【イエティ】といった序盤の仲間モンスターも装備可能なのが嬉しい所。
主人公は幼年時代で【チェーンクロス】を購入できるが、こちらに持ち換えて【ヘンリー】にチェーンクロスを渡すと一気に序盤が楽になる。
特にSFC版は強制敗北バトルのせいでどうしても金欠になるので、こういった武器の使い回しはとても重要。
スタメン全員にこれを装備させれば非常に強力だが、複数購入するとさすがに財布に苦しい。
力の高いばくだんベビーや素早さの高いスライム系に優先的に買い与えるとよい。
特にスライム系は、単体武器の【はがねのキバ】やカジノの高額景品である【メタルキングのけん】ぐらいしか同時期の選択肢はないため、これを持たせる機会も多くなるだろう。
また中盤にさしかかる頃に加入しうる【キメラ】にとっても重宝する武器となる。
力も素早さも高い即戦力として、多くの敵が残っている戦況で攻撃するという最も望ましい使い方を多くしてくれるだろう。
 
欠点としては、攻撃する敵を指定できないため、敵の並び順次第ではせっかくの攻撃力を生かせないことがある点。
HPが極端に低く、基本的にオーバーキルになるスライムやドラキー、頻繁に身を護るガメゴンやメタルスライムのようにまともにダメージが通らない敵などがリストの前半にくるパターンと相性が悪い。
仲間モンスターの勧誘の際にも、倒す順番をコントロールできない弱点が露呈する。
前者の場合は、複数のキャラがブーメランを装備して攻撃することでゴリ押しで蹴散らすことができるが、後者の場合はどうしようもない。
慢性的に資金不足なDQ5では難しいが、可能であれば他の武器もある程度用意しておきたい。
また、【ばくだんいわ】に対してはその特性から相性が悪い。特に同じ出現地域で加入したてのキメラに持たせる場合は注意が必要。
 
基本的には青年時代序盤に活躍する武器というイメージが強いが、魔界に突入するまではこれが唯一の全体攻撃武器なので、青年時代後半も使いどころがないわけではない。
本作のバイキルトは「攻撃力を2倍にする」という効果なので、攻撃力が低いこの武器でも初撃が3桁ダメージに達するので十分に活躍させられるだろう。
 
ちなみに本作は、普通のブーメランは装備できないのに刃のブーメランは装備できるという仲間がやたらと多い。
どう考えても刃付きの方が扱いは難しそうなのに、何故……。

リメイク版 Edit

オラクルベリーの【すごろく場】のゴール景品にもなっている。
青年時代開始時の金欠は緩和されたが、スタメンが4人になったことでやはりお金が苦しい。
リメイク版で仲間になりやすくなった【ドラキー】や、追加仲間モンスターの【おばけきのこ】あたりに与えて活用したい。
スタメン4人全員にこれを装備させれば中盤あたりまでの大体の敵は1ターンで一掃できる。
逆にバイキルトの効果が弱体化したため、青年時代後半もこれで戦うというのはやや難しくなったが、その代わりに炎のブーメランの最速入手タイミングが(2個限定だが)早くなったので代替わりさせやすくなった。

DQ6 Edit

攻撃力25。販売価格1500G。売却額1125G。
【主人公】【アモス】【テリー】【装備グループ】A、Bが装備可能。
 
性能、お値段ともに据え置きでの登場。下の世界の【レイドック】【アモール】【トルッカ】などで購入可能。
転職できない序盤では強力な武器である。
ただ、直後に訪れる【アモール北の洞窟】の宝箱から入手可能なので、買うのは勿体無い。
もっとも、それを知らずに購入したプレイヤーも少なくないだろう。
 
重複入手してしまっても、後に加入するアモスや【スライム】【ファーラット】等も装備可能なので、すぐに売却せずに彼等のために取っておくのも悪くはない。
特に初期状態のアモスは複数攻撃手段が威力の低い【はじゃのつるぎ】道具使用か、不安定な【へんしん】しかなく、ちからの強い彼ならば十分実用に耐える。
 
【スライム格闘場】のランクB(入門クラス)の景品にもかかわらず、ランクA(初体験クラス)の景品である【かぜのぼうし】よりも明らかにレアリティが下。設定ミスじゃないかと言いたくなるが、リメイク版でも修正はされなかった。
敢えて一番挑戦しやすいランクに豪華な景品を宛ててリピーターを増やす、という格闘場側の狙いなのかも知れない。
ここの頃にはとっくに役立たずになっているはずなので、とっとと売却して登録料の補填に充てよう。

DQ7 Edit

攻撃力26。販売価格2300G。装備可能者は【主人公】【ガボ】
 
DQ7の物価上昇を受けて、この武器も5や6の頃と比べるとかなりの値上がりをしている。
2300Gという価格は直前のフォロッド編クリア時に受け取る報酬の約2倍という破格の金額である。
【グリンフレーク】以降で購入可能であり、この時点では図抜けた性能だが、同じく図抜けて高い値段とどう折り合いをつけるかが考えどころ。
 
主人公の場合は、攻撃力では劣るが同じく全体攻撃で1/3以下の価格で買えるブーメランか、単体攻撃ながらも攻撃力にほとんど差がなく半額以下で買える【てつのやり】かで妥協するかどうかが悩ましい。
ただ、やはり全体攻撃は便利であり、ブーメランとの攻撃力差も大きいため、特に難関のダーマ編ではとても頼りになることから、その頃までにはお金を貯めて是非購入しておきたい。 
【はがねのつるぎ】などの攻撃力で上回る武器が手に入った後でも、特技が充実してくるまでは持ち替えてでも使う価値がある一品。
 
ガボにとっては、【はがねのキバ】【てつのオノ】が手に入るまでは純粋な攻撃力でもこれがしばらくの最強装備となる。
素早さの高いガボが真っ先に全体攻撃できるメリットは大きく、彼にも是非持たせたい一品ではあるが、2つ購入するのはさすがに厳しい値段。
てつのオノがあれば主人公が刃のブーメラン、はがねのつるぎがあればガボが刃のブーメランといったように、手持ちの武器事情によって持ち回らせたりお下がりをすることになるだろうか。
あるいは既にフォロッド編でブーメランを購入していた場合、主人公にこれを購入してブーメランをガボにスライドするのもいいだろう。

大体主人公とガボにこの武器が装備できるようになると、グリンフレーク編までのザコ敵の殆どを蹴散らせるようになる。
 
何故かDISC2で訪れることになる【風の塔】の壷の中に入っている。
そんな頃に手に入れても、使いようが無い。売ってしまって構わないだろう。

リメイク版 Edit

【スライム道場】を利用する場合は、1個は売らずに取っておくといい。
ボタン連打でスライムを一掃出来るので、効率に大幅に差がでる。

DQ8 Edit

攻撃力27。販売価格1360G。
装備可能者は【ブーメラン(スキル)】を持つ【主人公】と3DS版の【モリー】のみ。
 
【アスカンタ】【聖地ゴルド】で購入可能なほか、【オークニス】でもひとつ拾える。
敵では【マッドロブスター】が通常枠(1/64)、【スピンサタン】がレア枠(1/128)で落とす。
錬金で作ることは出来ない。
 
攻撃力が1上がったのに、値段が940Gも下がった。いかに7の値段が暴利だったかがよく解る。
価格がお手頃になったのはいいのだが、これが売り出される遥か前に、より攻撃力の高い【ハイブーメラン】が錬金で作れてしまうという致命的な弱点を抱えることに。
史上最も不遇な刃のブーメランである。コストパフォーマンスは歴代でも一番なのに。
 
一応【船着き場】で手に入れた【鉄のクギ】【とうぞくのかぎ】の錬金に使い、かつ、【旧修道院跡地】にある【鉄のクギ】を素通りしてしまい、さらにこのまま【サザンビーク】に訪れるまでの間、【ガチャコッコ】から一つのクギも入手することができなかった場合など、つまり、抜けのありがちな初見プレイなどでは購入する機会があるだろう。
 
武器としては不遇ながら、錬金材料としては優秀で、二つの有益なアイテムの材料になる。
具体的なレシピは以下の通り。

ウィングエッジは店売りしている上に原価が嵩むが、【チャゴス】王家の儀式終了までおあずけになるので、早期に確保するなら一考の価値アリ。
刃の鎧はこの錬金が唯一の入手法。
防具としてはイマイチな物だが、売却すると9500Gという高値で売れる。
原材料費を差し引いても2040Gの儲けが得られるので積極的に作っていきたい。
ただし儲けが出るのは5個目までなので作りすぎにはご用心。

DQ9 Edit

攻撃力22。販売価格2750G。
【レンジャー】【賢者】【スーパースター】【ブーメラン(スキル)】を極めた者が装備出来る。
 
本作では初期の職業で装備可能なものがおらず、最速でレンジャーに転職したプレイヤー以外には見向きもされないだろう。
何気に8に比べて値段も倍近くになり、歴代最高額。
しかし、【まじゅうのツノ】×3、【てつのクギ】×3と錬金すれば【きりさきブーメラン】になるので、下位のブーメランの不遇に比べればはるかにマシ。

DQ10 Edit

レベル7から装備可能で、基本攻撃力は8。

DQ11 Edit

【カミュ】が装備可能。
 

-+1+2+3
攻撃力25262830

 
【ユグノア地方】(キャンプ地)、【グロッタの町】【ソルティコの町】にて1500Gで売っている。
 
船入手直後にソルティコに寄り道して購入すればそこそこの戦力アップが見込めるが、【ネルセンの宿屋】【鋼鉄武装目録】を入手し、バンデルフォン跡の【アンデッドマン】から【大きなホネ】を盗めば【はがねのブーメラン】を制作できるため、優先順位は低い。
が、案の定と言うべきか初回プレイでは「寄り道したら強そうな武器が売っていたので金を溜めて買ってしまった」と言う声が多数。

スラもり2 Edit

錬金のみで作ることが出来、ブーメランを5個と【はがねのつるぎ】を4個で作れる。
ブーメラン同様、敵の弾をホーミングして3発まで打ち落とせる。
なんと最強クラスの弾である【勇車の剣】【メタルキングのたて】もこれ一つで相殺できる。
そのためこれが1つ入っているだけで防御力はだいぶ違ってくる。
ただし【ミラーシールド】には跳ね返されてしまうため過信は禁物。
一応威力は10だが、その性質上敵の戦車に当たることは稀。

スラもり3 Edit

こくりゅうのアジト到達後、交易でブーメラン3個とてつのたて2個で交換できる。
前作で強すぎたためか仕様が変更し、ホーミング機能が無くなり上空を8の字の軌道で飛ぶようになった。
敵の船に飛んでいくことがなくなったため、威力は0となった。
1個だけではなかなか当たってくれず、前作よりもかなり弱体化している。
エンディング後はももんじゃ風船からいくらでも入手できるので必要な分だけ作ったほうが良い。
もっとも、上記の弱体化のせいで無理して使うほどの代物ではなくなってしまったのだが。
モジャパン到達後、交易でこれを1個とてつのや3個できんのやと交換できる。
また、船のかざりをレベル7にする際、2650Gに加えてこれを5個とオリハルコンが3個必要。