【チェーンクロス】

Last-modified: 2018-06-25 (月) 15:20:34

概要 Edit

DQ5以降とリメイク版DQ3に登場しているムチ系武器。実在の武器としては分銅鎖が近いか。
「クロス」と名が入っているとおり、柄に十字架飾りが付いていたり分銅部分にDQ世界の教会で見られる聖印が刻印されている。
敵1グループを攻撃できる。
複数攻撃武器の割には威力があり、初登場のDQ5では序盤~中盤の転換期辺りで猛威を振るったが、
DQ6以降では入手時期が少し遅かったり、使い手が非力なキャラばかりでDQ5ほどの活躍は見られなくなった。
なぜか似たような鎖分銅系武器であるにも関わらず【くさりがま】より威力と効果範囲で勝る。

DQ3(リメイク版) Edit

攻撃力27。【カザーブ】と、夜間営業の【アッサラーム】の武器屋で1000Gで販売している。
【賢者】【盗賊】【商人】【遊び人】が装備可能。ここまで【とげのむち】が最強武器だった盗賊の強い味方。
これより先、盗賊が装備できる武器は【ポルトガ】【はがねのムチ】までお預けなので、
盗賊が仲間にいるのなら先制で削れるダメージ量を増やすためにも買っておきたい。
 
なお鞭の中で唯一【勇者】が装備できず、商人は逆にこれしか装備できないなど扱いがやや特殊。
ゲームバランス調整のためだろうか。

DQ5 Edit

攻撃力28。値段は1200G。
【ラインハット】【オラクルベリー】、青年時代の【アルカパ】、そして【サラボナ】で販売している。
人間では【主人公】【ヘンリー】が、モンスターでは【装備グループ】がH・Lのモンスターが装備できる。
一応【フローラ】【女の子】も装備できるが、彼女らは【初期装備】の方が強い。
 
本作では、購入可能時期と装備可能者に恵まれて、活躍の機会が多い。
まず、幼年時代の主人公にとっては最強の武器となっている。
【古代の遺跡】ではこの武器を装備しておかないと苦戦必至なので、最優先で購入したいところ。
また、その遺跡では二度にわたる【負けバトル】で手持ち金が1/4に激減されてしまう。
前作の【章】またぎの際と同様、余った資金でこれを購入しておけば、続く青年時代前半の開始が少し楽になる。
とは言え、ラインハットには鉄シリーズの防具も売っていたりして買うべきものが多いので、よほどレベル上げを敢行しない限り、そんなに資金が余ることはないが。
 
主人公は青年時代序盤に【やいばのブーメラン】と交代するのが順当なところだが、実はこちらの方がわずかに攻撃力が高くて価格も安いので、そのまま続投しても問題ない。
その場合は、【パパスのつるぎ】を入手するまで、主人公のメイン武器として活躍することになる。
全体への与ダメージで言えばブーメランの方が上だが、ダメージが減衰していく仕様のため、やみくもに全体攻撃するよりも、グループ攻撃で相手を指定した方が有効な場面も少なくない。
例えば、敵のリストの一番上にスライムやドラキーの群れがいた場合は、ブーメランだと、後回しにしてもほとんど無害のこいつらをオーバーキルするだけで、他の敵へのダメージが無意味に減衰してしまう。
特に、青年時代序盤は仲間モンスターの勧誘が非常に重要であり、その際にも全体攻撃よりグループ攻撃の方がありがたい場面が多い。
また、やいばのブーメランと交代するとしても、これはヘンリーに御下がりできるのでお払い箱にはならない。
特にリメイク版ではオラクルベリーのすごろく場のゴール景品がやいばのブーメランなので、青年時代前半開始後すぐに、それが実現可能。
勿論ヘンリー以外のモンスター達で使い回すのもいい。
 
ちなみに主人公と装備グループHのモンスターはなぜかこれより強い鞭を装備できない。
ヘンリーもこれ以上の鞭で扱えるのは【グリンガムのムチ】のみ。

DQ6 Edit

攻撃力28でかっこ良さ18、値段は1200G。
【トルッカ】や下の世界の【レイドック】【アモール】などで販売している。
装備可能キャラは【バーバラ】【チャモロ】装備グループC・Fのモンスターも装備できる。
前作とは逆に、入手時期と装備可能者に恵まれず、非常に影が薄い。
売っている時期的にほぼバーバラ専用だが、バーバラは初期装備ですでに【いばらのむち】を持っている。
その上で買い与えてもバーバラの力では大したダメージソースにならないため、【ギラ】を唱えたほうがマシ。
バーバラの加入は【月鏡の塔】を攻略した時なので、ちょうど資金に多少の余裕がでるタイミングだが、後の【ゲントの村】での買い物などを想定すると、極力無駄遣いは避けたいところ。
 
チャモロに装備させる場合は、加入直後の【ムドーの島】に落ちているので買う必要はない。
そもそも、【モーニングスター】を購入した場合は、装備する機会すらない。
いずれにせよ、装備可能者の力がこの時点ではまだ低く、前作のような活躍は望めないだろう。
 
【洗礼のほこら】でも宝箱から手に入るが、この時期では換金用にするしかないだろう。

DQ7 Edit

攻撃力33でかっこ良さ18、値段は2500G。
【ダーマ神殿地下の決闘場】や現代【ダーマ神殿】、過去【砂漠の城】、過去・現代の【リートルード】
そしてリートルードの石版から行ける方の過去【グリンフレーク】で販売している。
【マリベル】【メルビン】、そして【アイラ】が装備可能。まぁ実質マリベル専用だろう。
 
決闘場の6連戦や【アントリア】戦で補助呪文をかけた後手持無沙汰にならないように買っておくと役立つ。
しかし、ダーマで転職できるようになった後は強力な複数攻撃特技も習得し放題になるので、
場合によってはこの武器がムチ系武器による通常攻撃の最後の輝きになってしまうことも…。
元々マリベルは非力なため、MPの多さを生かして呪文や特技で攻めた方が効率はいい。
長期的に見ればなくても困ることはないため、ダーマ編の後半が後一歩厳しいといった状況でないならスルーしてもいいだろう。

リメイク版 Edit

マリベルが【イオ】を覚えるようになったことで必要度は下がった。
とはいえこの時点でのマリベルの最強の武器であることに変わりはなく、補助・回復・攻撃まで全て呪文を使っているとさすがにMPが厳しいこともあるので、買って役に立たないということはない。

DQ8 Edit

攻撃力32で値段は2200G。【サザンビーク】【聖地ゴルド】で売っている。
敵では【マッドドッグ】(1/256)、【樹氷の竜】(1/128)がレア枠で落とす。
当然【ゼシカ】が装備可能だが、同時期にはタダで手に入る【てんばつのつえ】【いかずちのつえ】が猛威を振るう上、
【ヘビ皮のムチ】と攻撃力の差は9しかないので買うかどうかは微妙な所。
というか金欠の極みともいえるこの時期に呪文係のゼシカの武器という時点で優先度は低い。
ゼシカ離脱前に【ドラゴンテイル】を錬金しないなら買ってもいいというぐらいか。
錬金ではこれ+【たびびとの服】【くさりかたびら】、これ+【ショートボウ】【クロスボウ】になる。
前者は鎖(チェーン)要素、後者はクロス要素から連想された錬金なのだろうが、
正直発想面でも実用面でも相当無理があるといわざるを得ない。

3DS版 Edit

樹氷の竜のレアドロップが【こおりのやいば】に変更されたため、落とさなくなった。

DQ9 Edit

攻撃力28で値段は3700Gとシリーズ最高額。
【サンマロウ】【グビアナ城】で販売している。
【旅芸人】【魔法使い】【スーパースター】【ムチスキル】を極めた者が装備可能。
ムチスキルを伸ばしたキャラがいるなら、【へびがわのムチ】【だいじゃのムチ】の方が有用なので、あまり買う価値がない。
ただし、【ロングボウ】と錬金すると【クロスボウ】が作れるため、そちらの需要で買うことはあるかもしれない。

DQH Edit

【ゼシカ】専用装備で攻撃力は15、防御力は4。価格は1200。
【シーラ】解放後から購入可能。

ダイの大冒険 Edit

【フローラ(ダイの大冒険)】【破邪の洞窟】で戦う際に使っていた武器。
これを使ってスライムの大群をまとめて倒している。
マァムが「相手じゃないけど1匹ずつ倒していると時間喰われる」と言ったのに対し、
この武器を使って一気に倒すところが原作をうまく再現している。
 
その際に【マァム】が「さすが女王様…」と言った際には【レオナ】は別の意味に解釈していた。
【ミナカトール】防衛戦でもこれを使って手ずから戦っていた。