【戦いのとき】

Last-modified: 2021-01-15 (金) 12:15:39

概要

リメイク版3で初登場した大ボス戦の曲。
英語題名は「Gruelling Fight」。
激しい戦いを思わせる、強敵や魔王との決戦にふさわしい名曲。
ちなみに、【ダンジョン(曲名)】のアレンジ。
 
構成=Intro:25小節、A:8小節、B:8小節、C:16小節、D:12小節、F:8小節、G:18小節
調=ヘ短調(Fm)
BPM=147(SFC版)
拍子=4/4

前奏部分について

GBC版及びCD等に収録されているバージョンは、SFC版で流れた部分の前に前奏がある。
DQ9ではイントロ付きの曲は流れなかったが(SFC版と同じ)、近年は前奏ありが主流となっている。
主に、DQ9のバラモスや、DQ11のネルセンの試練のボスのように、戦闘が短時間で終了する可能性がある場合、前奏が省かれている。

DQ3(リメイク版)

【バラモス】【ゾーマ】【しんりゅう】【グランドラゴーン】との戦闘及び、SFC・GBC版プロローグの【オルテガ】の戦いで使われる。
このうち、ゾーマ戦は【ひかりのたま】を使うと【勇者の挑戦】に曲が変わる。
DQ3には中ボス戦用の曲が存在しないため、中ボス戦では通常戦闘の曲が流れる。
 
この曲はSFC版以降でのリメイクの際に追加されたもので、FC版のバラモス戦では、通常の戦闘BGMだった。
このせいで、「真の黒幕はバラモスではなく、別に居る」と気付いたプレイヤーも多いらしい。
実はFC版の段階で既に専用曲も作曲されていたそうだが、残念ながら没になってしまったのだ。
当時、FCカセットのギリギリの容量でDQ3は作られており、原因はまさにそれ。
【すぎやまこういち】曰く「痛恨のミス」とのことである。
 
この時没になった曲が、SFC版で「戦いのとき」として復活したのか…と思いがちだが、曲調を考えれば別物(つまり「戦いのとき」は、SFC時代になって新規に作られた曲)であろうことが推測できる。
この曲は【ダンジョン(曲名)】の旋律を変形させた、言わば「ダンジョンの主題による変奏曲」とでも言うような形で作曲されている(これは【ゾーマの城(曲名)】も同じ)。
この手法は、DQ6で本格的に取り入れられた「モチーフの展開」にとても近い。DQ5以前は、このような作曲手法はほとんど見られなかった。
そして、SFC版DO3の製作時期はDQ6の直後。
もっと言えば、FC版DQ3の頃は、こんなに長い曲はエンディング曲以外に無い。容量を気にして制作していたFC版DQ3の時期に、こんなに長い曲を作ることは考えられない。
これらの状況証拠からして、DQ6の後に、新たに作られた曲だと考えるのが自然だろう。
この推測が合っているとすれば、FC時代に作られたバラモス専用曲の内容がとても気になるところである。
 
GBC版やスマホ版ではオーケストラ版準拠で前奏から始まる。
ガラケー版の一部機種では容量の都合か使用されず、戦闘のテーマが代わりに使われる。
 
隠しダンジョンでは、しんりゅうと戦うたびに延々とこの曲を聴かされることになるため、どちらかというと、この曲からしんりゅうをイメージする人も多い。

DQ9

【バラモスの地図】での戦闘時に流れる。前奏なし。

DQ10

Ver.3より一部のボス戦で流れる。前奏あり。
【バラモス】戦で使われるようになったのはVer.3.5から。
詳しくはこちらを参照。

DQ11・DQ11S

前奏のないSFC版DQ3同様の内容で登場。
【ネルセンの最終試練】で使用される。
 
【冒険の書の世界】ではバラモス戦で使用。冒険の書の世界においては唯一、各作品の通常戦闘以外の戦闘曲である。
DQ11SではFC風アレンジ(GBC版DQ3のものとは別)が作られた。

DQMBシリーズ

魔王が登場する【ま…まさか…あれはっ!!】の場面で前奏部分が使われている。
レジェンドクエストで表示される表記は「戦いの時」となっている。

剣神

ストーリー前半のボスであるステージ3の【ドラゴン】戦、後半のボスとなるステージ6の【ゴーレム】戦、そしてステージ7の【エビルももんじゃ】戦のBGMとして使われている。

いたストシリーズ

SPとポータブルで使用されている。
SPでは【ダーマ神殿】で、いたスポでは【聖風の谷】で目標金額を超えるとこの曲が流れる。

DQH

一部のボス戦で流れる。最初に使用されるのは【ギガンテス】戦。前奏部分はない。

DQH2

プロローグの【おにこんぼう】戦、【ダークパンサー】戦で流れる。(【おにこんぼう・強】戦も同様)

シアトリズムDQ

難易度ふつう難しい激ムズ
総トリガー137271499

無料追加DLC第二弾で追加された楽曲でBMS。前奏あり。
激ムズの総トリガー499は、本作最大数。曲自体もかなり長いため、耐久力がものをいう。

DQR

「バラモス」「しんりゅう」「魔王バラモス」の登場時に流れる。

DQウォーク

メインストーリーのボス戦及び一部を除いたメガモンスターとの戦闘で流れる。
ボス戦では6章までの全てで流れており、それこそ【ゴースト】【メーダ】などにもバンバン使われていたが、
7章以降はストーリーの節目にあたる10話のボスにのみ使われるようになった。それに伴って6章のボスも殆ど【立ちはだかる難敵】へ変更された。