【謎の塔】

Last-modified: 2020-04-15 (水) 15:01:04

DQ3(リメイク版)

SFCでのリメイク時に追加された【隠しダンジョン】の、その後半部分。【ゼニスの城】からさらに先へ進むと、この塔に出る。
SFC版発売後、各雑誌で隠しダンジョンとして紹介されたものの、その当時は名前が特に付いていなかった。【フローミ】を唱えても無意味であるが、Wii版DQ1・2・3公式ガイドブックでこの名称が付けられた。
 
前半部分の【謎の洞窟】と異なり、こちらは完全に新規マップとなっている。【ガルナの塔】【アープの塔】に出てきた綱渡りの仕掛けがここで再登場。今回は落ちないように進んでいく必要がある。
最上部では、本作の隠しボスである【しんりゅう】がプレイヤーを待ち構える。
 
道のり自体は短いが、出現する敵は強敵が目白押しとなっている。
高い守備力と耐性で【こごえるふぶき】を連発してくる【メタルキメラ】、厄介な呪文を多数扱う【デビルウィザード】【天界】らしく【ほうおう】【てんのもんばん】といったモンスターも出現する。
鳳凰は、【バシルーラ】【ベホマラー】といった厄介な呪文を連発し、てんのもんばんは、桁外れの攻撃力に加えて【痛恨の一撃】までも出す脅威のモンスター。
洞窟に引き続き出現する【バラモスエビル】は、高レベルのパーティーであっても普通に全滅させるほどの実力を持ち、ここでの出現率も高め。
外部と内部で、出現する構成が異なり、内部ではメタルキメラが出現しない代わりに【はぐれメタル】が出現する。
ただ、どのモンスターも「【バシルーラ】が効きやすい」という逃げ道があるので、頭の片隅に置いておこう。このことを知っておくだけでも攻略はかなり楽になる。
【しのびあし】を使いつつ、最短のルートを通れば、敵との遭遇回数はほんの数回で済み、そのまま神竜のもとまで辿り着ける。神竜も絶大な強さの持ち主であり、決戦には心して臨もう。
GBC版では、最上階の台座の立ち位置がSFC版より低めになっている。
 
ここでは、最強武器である【はかいのてっきゅう】が手に入るほか、ガラケー版以降限定で、神竜のいるフロアで【ふしぎなボレロ】【めがみのゆびわ】が拾える。