地名・地形/【ランベリー】

Last-modified: 2019-12-10 (火) 03:15:03

地名・地形/【ランベリー城】

FFT Edit

イヴァリース東部の地域。
現在の領主はエルムドア侯爵


中心地はランベリー城。西部にベッド砂漠ドルボダル湿原がある。
儲け仕事を見る限りでは東のポエスカス湖もランベリー領に属すると思われる。
上記以外ではグロフォビア(ルザリアとの境界)やルオフォンデス(アルガスの出身地)などの地名が見られる。


イヴァリースが統一される前、数百年間の戦いが続いた時代、この地にはランベリーという小国があった。
ゾディアックブレイブの伝説では、この時代にミュロンドの王が魔神を召喚したと言われている。

1200年前のアジョラの時代にもランベリーという国が存在し、イヴァリースの派遣覇権を狙うランベリーの若き王が魔神を召喚したと云われている。
ゲルモニーク聖典を読んだシモンは、教会がゾディアックブレイブの伝説を利用するために「ありもしない魔神」を捏造したと考えているが、アジョラ聖石ルカヴィと関わりがあるのは事実であり真相は不明。


五十年戦争末期、オルダリーア軍に占領されていたが、ザルバッグ将軍の率いる北天騎士団の迅速な働きにより奪還された。