Top > 地名・地形 > 【リバイアサン】


地名・地形/【リバイアサン】

Last-modified: 2018-02-16 (金) 00:22:36

FFファンなら誰もが知ってるリバイアサン。
初出は2だが、この時は召喚獣ではなくダンジョンとして登場していた。
3からは姿も分からない怪獣から頼りになる海龍へと変貌を遂げた。


幻獣/【リヴァイアサン】
モンスター/【リバイアサン】






FF2 Edit

ミシディアの塔へ向かおうとしたパーティ一行を船ごと呑み込んでしまう怪獣。
が、体内で消化される事も無くリチャードと出会い、何の問題も起こらないうちに脱出まで果たした。
かつて呑み込まれた人たち(やはりクリスタルロッド所有者)の中には、
何十年も体内で暮らしているという強者まで存在する有様である。
ここに登場するアイテムは、魔法干渉が少なく、耐性防御もあるので最後まで使えるのが多い。


普通の町みたいにテーブル・椅子・本棚・ベッドまで揃っている。
全部リバイアサンが飲み込んだものなんだろうか。
平気で何十年も暮らせるということは実は結構快適な場所だったりして? モンスターは出るけど…

  • 食料はどうしているんだろう。
  • そりゃもうモンスターをピーしているに違いない(笑)
  • リヴァイアサンの方のエネルギー補給はどうしてるんだろうか。食べても消化せずそのままって…
    • 消化器系に回る前に中の住人達が必要な分だけ回収して使ってるとか…
  • ある意味これを人為的に作られたアルテマの封印を解くための試練だとするならば、これらの日用品は元々リバイアサンの体内に予め用意されていたものなのかもしれない。

出口にはラウンドウォームという化け物がいる。
コイツを倒せば船に乗って脱出できる。


モンスターたちも飲み込まれてきたのか、それともモンスターがこいつの消化器を兼ねているのか。
謎は尽きない。

  • ラウンドウォームについては、形状と場所から考えて、回虫のようなものではなかろうか。

ダンジョンの形状を見る限りではFF3以降の海ヘビではなく、魚であると思われる。


ミンウは呑み込まれなかったのだろうか。

  • シドを説得して飛空艇に乗せてもらえば襲われることはない…はず。まあ、レイラと同じように飲み込まれはしなかったのものの船が壊れてしまってミシディアの塔のある島から帰りたくても帰れなかったとかだろうか。

呑み込まれるとき、レイラが離脱してしまう。
海に放り出されて死亡したかと思いきや、フィンで無事を確認できる。

  • レイラはこれ以降再加入はないので貴重品を装備していたら忘れずに回収しておくこと。

ピノキオのお化け鯨(モンストロ)か、サガ・フロのタンザーと同じ存在と思われる


中に住んでいた人を無視して自分たちだけ脱出するフリオニール一行に違和感を覚えた。
住人たちも必ずしも脱出を望んでいたわけではないかもしれないが、
こういうときには全員を連れて脱出するのがファンタジーの王道であろう。
あえて自分たちだけが脱出するところに、FF2の暗く乾いた世界観を改めて感じてしまう。

  • パーティに加わらないだけで、実際は助け出したりしてるかもしれない。
    レイラの海賊船にも船員がいたけどパーティに加わったりはしてないし。
    …リバイアサンに襲われたとき、レイラの手下たちはどうなったんだろう?
    • しにおったか!
      ええ
    • こうした乾いた世界観は後の「サガフロンティア」でのタンザー脱出での際にも引き継がれているのだろう。
      あちらでもスクイード型シップでタンザーから脱出する際、クーン編以外ではノーマッド一味は無視され、ブルー編では活力のルーンに触れるという目的を達成したら自分たちだけリージョン移動で脱出…といった具合に、脱出する際の基本も自分たちが優先だったし。
    • 船の傍までたどり着いたらそのまま画面が暗転しフィールドに船の状態で現れるあたり、皆を乗せての脱出シーンがカットされている可能性がある。どの道体内にいた人々はリチャードを除くと後のミシディアの塔の攻略には参加していないが・・・

ダメージゾーンが点在するが、これはリバイアサン自身の消化液と思われる。
この上を歩いている間は敵とエンカウントしない。
が、2Fで歩くとなぜか周囲のNPCまで一緒に光ってしまう。(GBA版で確認済み)

FFRK Edit

FF2のダンジョンに登場する地名。ボスはラウンドウォーム