Top > 地名・地形 > 【崩れかかった家】


地名・地形/【崩れかかった家】

Last-modified: 2019-06-19 (水) 21:10:42




FF6 Edit

世界崩壊後に入る事になるダンジョン。
元々はツェンの町に存在する民家の一軒だが、
ケフカの「裁きの光」を受けた事で崩壊寸前となり、中に住人の子供が1人取り残された。
町を訪れていたマッシュが屋根を支える事になり、遅れて到着したパーティがその間に内部に突入、子供の救出を目指すイベントとなる。

  • パーティにセリスがいるかどうかでマッシュとの会話が変化する。
    • 台詞は変化するけど先頭キャラは切り替わらないまま進行するので、あらかじめリネームカードでセリスの名前を変えておくことで、マッシュとの再会を女言葉で喜ぶカイエンなどが見れたりする。
    • エドガー一人で挑むといつものように「アニキ」と呼ばない珍しい光景が見られる。
  • 攻略には6分の時間制限がある。
  • 集まってきた町の人々は周囲で見ているだけ。誰か一緒に支えてくれよ…。
    • 人間が家の屋根を支えようとなんかしたら、普通は死にます。
      支えたらでなく、支えようと試みること自体が既に無茶。しかも絶賛倒壊中かつ燃えている家。
  • しかし、支え続けるという行為に若干違和感がある。魔列車をも投げ飛ばす怪力の持ち主が家の屋根くらい投げ飛ばせたりしないものだろうか…?
    • そんなことしたら、家の中の子供が危険じゃないか。
    • 少し考えれば分かる事でしょ、マッシュですら理解してるんだから。

1階と地下1階の2層からなるダンジョン。
出現するザコキャラは、ナイトウォーカーゾッカスコーピオンの3種類。この3種は、どれもここでしか出現しない。

宝箱は複数存在するが、その内1F下り階段わきと地下左奥はナイトウォーカー4体が潜んでいるトラップ(退却は可能)。
ちなみに倒しても宝箱の中身は入っていない。純然たる罠。

  • 大抵セリス一人で入るので戦力的にはこちらがあまりにも不利。時間制限もあるのでどの敵も相手にしないことが大事。
  • 1度エンカウントしておきさえすれば、無理にそこで倒さなくても獣ヶ原に出現するようになる。図鑑を埋めるにしても、ここでは逃げておいて、戦力を整えてから獣ヶ原でじっくり戦った方が得策。少なくとも事前にファイラを覚えておけばゾッカとナイトウォーカーは楽勝。エフェクトも短いし。その際ジュエルリングは忘れずに装備しておくこと。
  • 時間制限だからと急いでいると、スコーピオン以外の二匹と遭遇しそびれる可能性がある。
    全ての(アイテム入り)宝箱を開けて子供を救出しても時間の余裕はあるので、脱出前にしっかりエンカウントしよう。

この家自体は崩壊前から存在しているのだが、入れるのはこの崩壊後のイベント中のみ。


民家なのに何故かザコ敵が登場する。裁きの光をくらったときに一緒に送られてきたものなのか…?

  • マッシュの再会・ケフカの横暴・そしてダンジョン探索といったイベントを一つに押し込んだせいで、異様に家が広く入り組んでいたり、宝箱に魔物が潜んでいたりとゲーム的な御都合主義を色々と感じる場所。

「ケフカに逆らったから裁きの光を受けた」との事だが、具体的に何をしたのか?
子供が「ケフカのバ~カ」とでも言ったのか?

  • あるいは「ケフカなどカスだ!カス以下だ!カス以下の以下だ!」なんて言ったのかも。
    いずれにしても発言が元ならば、恐るべしケフカの聴力。
  • …ってことはもしかしてモブリズも!?
    • ディーン「子供がケフカ似だったらどうする?」 カタリーナ「やだーきもーい」
      • エンディングで生まれた子供が2人目以降ならそのやり取りが原因の可能性もあるか。
        ゲーム中では描写がないため何とも言えないが。
      • ゲーム中で生まれたのが2人目だったら妊娠時にディーンがあんなに動揺はしないだろう。

崩れかけているためか、延々振動している。そのため若干移動しづらい。


ベッドの数から、親子二人暮らしらしい。そのわりにやけに広かったり、宝箱だらけだったりと中々豪華な家である。


もしも、魔石を使うなら、シヴァをお勧めする。エフェクトが短めでわりかしサクサク進める。
まぁ、サソリには無力だし、そもそもそんな回りくどいやり方はしないだろうけど。


家から外に出ても制限時間のカウントが続く。
もちろん緊急事態の真っ最中なので通常は町から出られないのだが、バグ技で崩壊前から崩壊後にワープしてイベントを開始していた場合は、家を出ると町並みが崩壊前に戻ってしまうのでそのまま脱出できてしまう。
これに関する現象は裏技・バグ/【タイマー持ち込み】#mashを参照。