Top > 特技 > 【らいじん】


特技/【らいじん】

Last-modified: 2018-08-11 (土) 13:34:23

雷で敵全体を攻撃する。忍術で使うか巻物を投げるのかは作品による。
漢字は「雷神」か「雷迅」それとも「雷陣」だろうか。追記求む。

  • たぶん「雷迅」

大抵のRPGでは火遁水遁に対応するものとして設定される。
一応、本来の遁術にも雷を利用して逃げる「雷遁」や
静電気などを利用して逃げる「電遁」というものもあるのだが、
これらが採用されることがないのは、やはりネーミングのカッコ良さの問題だろうか。


アイテム/【らいじんのじゅつ】
アイテム/【雷迅】
アイテム/【らいじんのたま】






FF4 Edit

エッジにんじゅつの1つ。
敵全体に雷属性の魔法ダメージを与える。
ルビカンテ戦の前に、水遁と共に覚える。


消費MP25、待ち時間2、攻撃力80、命中率100%。
ダメージ系忍術としては最強の攻撃力を持つ。魔法の攻撃力だけでいえばなんとあのバイオを上回る。
だがこれが効果的な組み合わせのモンスターはこれから出てくることはない。合掌。

  • らいじんは対象が全体なのでバイオどころの比ではない。比較対象はタイタンやクエイク。
    なおかつ、エッジはレベル70以降急激に知性を伸ばすことができ、装備補正も含めれば最終的に99も狙えるほどになる。
    ということで状況は限られるが非常に強力な攻撃手段になりうる。例えばプリンプリンセス狩りなど。

FF4(GBA・PSP版) Edit

トールハンマーをアイテムとして使用しても発動する。
シドは攻撃のバリエーションが少ないため、使うべき場面では積極的に使おう。

FF4(DS版) Edit

攻撃用忍術の基本性能が統一化した影響で、差し引き消費MP5減る形に(消費MP20)。但し、待ち時間は3に増えた。
今作ではバブイルの巨人の殆どの敵が雷属性が弱点化したので、更に株を上げた。

  • 然し、月の地下渓谷の大半の敵が雷属性に耐性を持ったので、最終盤ではあまり振わない。
    上記のプリンプリンセスも雷属性を吸収するようになってしまったが、せめてもの救いか魔人兵には有効なので
    くろのしっぽ狩りには役に立つ。
    • カウンターが怖いので分身してからどうぞ。
      ただ、お金が惜しくないなら、手裏剣を投げたほうがダメージは大きい。

FF4TA Edit

忍術の1つ。エッジザンゲツが使える。
敵全体に雷属性のダメージを与える。
今回は下位版にらいげきが登場したため、上位版に設定された。

FF5 Edit

アイテム「雷迅の術」を「なげる」ことで使うことができる雷属性の敵全体攻撃。
ロンカ遺跡の戦で大活躍。エフェクトも素早く、そして格好いい。

  • その速さはまさに一瞬という言葉そのままで、瞬きをしている間に終わってしまう。
    ブラックフレイム狩りで特にこれが推奨されるのもその速さから。
  • さらにサンダラの倍ぐらいの威力がある。

サンダラの基礎攻撃力は50、サンダガは185で、どちらも全体化すると威力は1/2になる
雷迅は基礎攻撃力が全体120なので半減しない。全体攻撃としては雷迅の術はサンダガよりも強力。

FF6 Edit

FF5と同じくアイテムを「なげる」ことで使う。
アイテム名はそのまま「雷迅」。
敵全体に雷属性攻撃。

FF11 Edit

表記は「雷遁の術」。
忍者が使える忍術の1つ。
雷属性のダメージを与える。


詳細はこちら→雷遁の術

FF12RW Edit

表記は「らいじんの術」。
敵専用技で忍者系ユニットが使用する。
『敵1体に雷をふいて攻撃。「スロウ」の追加効果。』


属性は可変らしく、さらに区分は魔法扱い。

FF14 Edit

忍者が使える忍術の一つで、表記は雷遁の術。
地以外の印を1つ結んだあとに、地の印を使うことで忍術として発動できる。
単体魔法攻撃であり、忍者のダメージソースのひとつ。
忍者のスキル調整の際にのバフが魔法攻撃に乗らなくなってしまったため大幅の弱体化を受けた。
素の威力では風魔手裏剣よりも高いが、風魔手裏剣は斬耐性ダウンや物理攻撃力アップなどの恩恵を受ける為、一概に雷遁の術だけ撃っていれば良いというものでもない。
また、あくまでも魔法攻撃なので、魔法無効状態の敵には、当然ダメージを与えられない。

FFT Edit

らいじんのたま」を「なげる」ことで使う。

FFL Edit

忍術」の1つ。敵全体に雷属性のダメージを与える。消費MPは18。
水遁火遁と共に忍術の初期アビリティとして使用可能。

PFF Edit

エッジプレミアムスキルの1つ。
敵全体に雷属性の魔法ダメージを与える。
威力は最大で750ダメージ。