Top > 特技 > 【すいとん】
HTML convert time to 0.008 sec.


特技/【すいとん】

Last-modified: 2017-12-20 (水) 07:34:32

敵全体を飲み込む津波を起こす水属性の攻撃。
シリーズによって忍術か投げる巻物で登場する。「水遁」だろうか。
ひらがなで表示すると何かおいしそう。

  • 「…ゴクッ…」

水遁の「遁」とは遁走、つまり逃げるという意味で、
本来の水遁とは水に潜って逃げる術である。


FF4 Edit

エッジの特殊コマンド『にんじゅつ』で使える忍術。
ルビカンテ戦の前に、両親をモンスターに改造された怒りで覚える。

  • 怒りの感情で目覚めるのが「水の技」というのもなんだな…

水属性が存在しないので、氷属性扱いになっている。


投げる用の強力なアイテムや、爪を所有していない場合は
覚えた直後のルビカンテ戦で活躍してくれる。

  • たぶんこれが一番活躍するダメージ系忍術。
    ダメージ系忍術は爪と属性が被る上、同じ属性が弱点の組み合わせでないと使い辛いので
    結局使われないまま終わりやすい。
    少なくとも何も考えずに使えるようなものではない。
  • ただし、氷の爪がある場合はそちらを使用したほうがダメージが取れる。

消費MP20・詠唱時間2で、威力は60・命中率100%。

FF4(GBA版、携帯版、PSP版) Edit

トリトンダガーで発動させることもできる。パロム用の雑魚散らしにどうぞ。

FF4(DS版) Edit

DS版では氷属性の『ひょうとん』が登場し、『すいとん』は水属性に変更された。
消費MP20・詠唱時間3で、威力は80・命中率100%。

  • GBA版以前よりも詠唱時間が1増えた代わりに、威力がやや上がる形になっている。

氷属性のつもりでカイナッツォに使うと回復されてしまう。注意。

FF4TA Edit

忍術の一つ。敵全体に氷属性のダメージを与える。
エッジイザヨイが使える。
上位にひょうとんがある。

FF5 Edit

水遁の術」を投げることで使える、水属性の敵全体攻撃。

FF6 Edit

FF5と同じくアイテムを「なげる」ことで使う。
敵全体に水属性攻撃。


あばれる(ニンジャ)」で使うと一発ごとにガウが前進してゆく。

  • 水属性吸収の敵相手に延々とやってみたら、
    敵を追い越した次のターンで振り向いて反転して戻ってきました。
    その後は水遁の度にその敵の周囲をうろうろまとわりついて往復。
    ちなみに画面半分を超えてると、逃げる時の方向もちゃんと逆に変わってます。
  • GBA版ではガウの前進自体が修正されてるようです。

サムライソウルも使うが、PT全員に1000前後の強烈なダメージを与える。

FF11 Edit

忍術の一つで、表示名は「水遁の術」。
単体に水属性の魔法ダメージを与えるとともに、雷属性の防御力を低下させる。
壱~参までの強さがあり、術を唱えるには触媒アイテム「水鉄砲」が必要。


詳細はこちら→水遁の術

FF12RW Edit

表記は「すいとんの術
敵専用技で忍者系ユニットが使用する。
『敵1体に水をふいて攻撃。「沈黙」の追加効果』


属性は可変らしく、さらに区分は魔法扱い。

FF14 Edit

忍者が使える忍術の一つで、表記は水遁の術。
人以外の印を2つ結んだあとに、人の印を使うことで忍術として発動できる。
効果は敵にダメージを与えつつ、かくれる状態でしか使えないスキルを使えるようにするというもの。
特にだまし討ちは味方とあわせて高ダメージが見込めるため忍者の中でも重要なスキルのひとつ。

FFT Edit

FFTでは「ひょうすいのたま」という名前のアイテムで使用する。
漢字表記は「氷水」だろうか?

FFTA Edit

表記は「水遁」。忍者のアタックアビリティ「忍術」の1つ。村雨で覚える。
水属性の微々たるダメージしか与えないが、時々沈黙になる。

FFTA2 Edit

表記は「水遁」。
前作同様村雨から修得可能な忍者の「忍術」の1つ。
水属性の微弱なダメージを与え、追加でちんもく
扱いとしては魔法で、マジックバースト可能。

FFL Edit

忍者の「忍術」の1つ。敵全体に水属性のダメージを与える。消費MPは18。
火遁雷迅と共に忍術の初期アビリティとして使用可能。

PFF Edit

エッジプレミアムスキルの1つ。
敵全体に水属性の魔法ダメージを与える。
威力は最大で750ダメージ。